フィギュアフランス大会の滑走順&結果/グランプリシリーズ2019【女子シングル】

2019年11月1日よりフィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦フランス大会(フランス国際)が開幕。

日本からは坂本花織選手、樋口新葉選手、白岩優奈選手らが出場。坂本選手と樋口選手はグランプリシリーズ2戦目となり、合計ポイントが気になるところです。

また、ロシアからは平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手と2018年ジュニアグランプリファイナル優勝のアリョーナ・コストルナヤ選手が出場。ザギトワ選手を脅かす、ロシアの若手選手の演技に注目です。

ここでは、グランプリシリーズ2019の第3戦目となるフランス大会・女子シングルの、

・テレビ放送日程
・出場選手一覧
・滑走順&滑走時間
・大会結果

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/フランス大会 概要

ここでは、グランプリシリーズ2019フランス大会(フランス国際)・男子シングルのテレビ放送日程や同種目の出場選手をご紹介します。

大会名(開催地)

2019 フランス国際(グルノーブル)
※グランプリシリーズ2019・第3戦

← 第2戦カナダ大会【結果】男子女子
0 0第4戦中国大会【結果】男子女子

大会日程

2019年11月1日(金) ~ 3日(日)

テレビ放送

前回のグランプリシリーズは、NHK杯を除きテレビ朝日系列にて放送が実施されました。テレビ朝日のフィギュアグランプリシリーズ公式HPが今年も更新されているので、今回もテレビ朝日系列での放送が予定されているはずです。

正式な情報が分かり次第、放送日程を追記します。

 

フランス大会/女子シングル出場選手

※年齢はフランス大会開幕時の年齢です。

ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
年齢/23歳 身長/162cm

マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
年齢/25歳 身長/168cm

リー・セルナ(FRA)
年齢/20歳 身長/163cm

ニコル・ショット(GER)
年齢/23歳 身長/164cm

樋口新葉(JPN)
年齢/18歳 身長/152cm

坂本花織(JPN)
年齢/19歳 身長/158cm

白岩優奈(JPN)
年齢/17歳 身長/151cm

アリョーナ・コストルナヤ(RUS)
年齢/16歳 身長/148cm

マリア・ソツコワ(RUS)
年齢/19歳 身長/172cm

アリーナ・ザギトワ(RUS)
年齢/17歳 身長/158cm

スター・アンドルーズ(USA)
年齢/18歳 身長/149cm

マライア・ベル(USA)
年齢/23歳 身長/160cm

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/フランス大会の滑走順

ここでは、グランプリシリーズ2019フランス大会・女子シングルのSP&FSの滑走順と滑走時間をご紹介します。

SP滑走順&滑走時間

フランス大会/SP滑走順

1.リー・セルナ(FRA)
2.ニコル・ショット(GER)
3.スター・アンドルーズ(USA)
4.アリョーナ・コストルナヤ(RUS)
5.マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
6.ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
7.白岩優奈(JPN)
8.マリア・ソツコワ(RUS)
9.マライア・ベル(USA)
10.樋口新葉(JPN)
11.坂本花織(JPN)
12.アリーナ・ザギトワ(RUS)

 

FS滑走順&滑走時間

フランス大会/FS滑走順

1.ニコル・ショット(GER)
2.マリア・ソツコワ(RUS)
3.リー・セルナ(FRA)
4.白岩優奈(JPN)
5.マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
6.坂本花織(JPN)
7.スター・アンドルーズ(USA)
8.樋口新葉(JPN)
9.アリーナ・ザギトワ(RUS)
10.アリョーナ・コストルナヤ(RUS)
11.マライア・ベル(USA)

 

GPシリーズ2019/フランス大会 結果

フランス大会/男子シングル結果

← 第2戦カナダ大会【結果】男子女子
0 0第4戦中国大会【結果】男子女子

女子シングル

選手名 合計 SP FS
1 A.コストルナヤ RUS 236.00 76.55(1) 159.45(1)
2 A.ザギトワ RUS 216.06 74.24(2) 141.82(3)
3 マライア・ベル USA 212.89 70.25(3) 142.64(2)
4 坂本花織 JPN 199.24 64.08(6) 135.16(4)
5 S.アンドルーズ USA 180.54 66.59(4) 113.95(5)
6 樋口新葉 JPN 174.12 64.78(5) 109.34(7)
7 ニコル・ショット GER 166.89 54.43(10) 112.46(6)
8 リー・セルナ FRA 166.02 62.43(8) 103.59(8)
9 白岩優奈 JPN 161.71 63.12(7) 98.59(10)
10 M.B.メイテ FRA 157.45 56.35(9) 101.10(9)
11 マリア・ソツコワ RUS 144.89 50.38(11) 94.51(11)
12 L.ルカブリエ FRA 棄権

※GPシリーズ2019のポイント表は下記リンクよりご覧ください。

男子シングル女子シングル

 

スポンサーリンク

 

【参考】2018年フランス大会 女子シングル結果

ここでは、グランプリシリーズ2018(フランス大会)・女子シングルのエントリー選手や結果をご紹介します。

世界6か国を転戦したグランプリシリーズ2018の最終戦となるフランス大会。フランス大会の結果をもってグランプリファイナルへ出場する選手すべてが決定します。

女子日本勢は三原舞依選手、本田真凜選手、紀平梨花選手らがエントリー。紀平梨花選手は初めてのグランプリシリーズでファイナルに進出できるか注目です。

また、海外勢の注目選手は、エフゲニア・メドベージェワ選手、マリア・ソツコワ選手といった世界トップの選手たちもエントリー。最終戦を飾るのにふさわしい顔ぶれとなっています。

女子シングル・エントリー一覧

1.ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
2.マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
3.リー・セルナ(FRA)
4.本田真凜(JPN)
5.紀平梨花(JPN)
6.三原舞依(JPN)
7.スタニスラワ・コンスタンチノワ(RUS)
8.エフゲニア・メドベデワ(RUS)
9.マリア・ソツコワ(RUS)
10.マチルダ・アルゴットソン(SWE)
11.アレクシア・パガニーニ(SUI)
12.ブラディー・テネル(USA)

 

SP/FS滑走順&滑走時間

フランス大会/SP滑走順・時間

日本時間/11月24日(土)2時35分~

1.2時42分~/リー・セルナ(FRA)
2.2時49分~/マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
3.2時55分~/マチルダ・アルゴットソン(SWE)
4.3時02分~/アレクシア・パガニーニ(SUI)
5.3時08分~/本田真凜(JPN)
6.3時15分~/紀平梨花(JPN)
7.3時29分~/ブラディー・テネル(USA)
8.3時35分~/ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
9.3時42分~/スタニスラワ・コンスタンチノワ(RUS)
10.3時48分~/三原舞依(JPN)
11.3時55分~/マリア・ソツコワ(RUS)
12.4時01分~/エフゲニア・メドベデワ(RUS)

フランス大会/FS滑走順・時間

日本時間/11月25日(日)3時00分~

1.3時07分~/スタニスラワ・コンスタンチノワ(RUS)
2.3時15分~/ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
3.3時23分~/マチルダ・アルゴットソン(SWE)
4.3時31分~/アレクシア・パガニーニ(SUI)
5.3時38分~/マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
6.3時46分~/リー・セルナ(FRA)
7.4時02分~/ブラディー・テネル(USA)
8.4時09分~/マリア・ソツコワ(RUS)
9.4時17分~/本田真凜(JPN)
10.4時25分~/三原舞依(JPN)
11.4時33分~/紀平梨花(JPN)
12.4時41分~/エフゲニア・メドベデワ(RUS)

 

2018年フランス大会・結果

選手名 合計 SP FS
1 紀平梨花 JPN 205.92 67.64(2) 138.28(1)
2 三原舞依 JPN 202.81 67.95(1) 134.86(3)
3 B.テネル USA 197.78 61.34(6) 136.44(2)
4 E.メドベデワ RUS 192.81 67.55(3) 125.26(5)
5 S.コンスタンチノワ RUS 189.67 54.91(10) 134.76(4)
6 本田真凜 JPN 188.61 65.37(4) 123.24(6)
7 M.ソツコワ RUS 177.59 61.76(5) 115.83(7)
8 M.メイテ FRA 168.02 60.86(7) 107.16(8)
9 L.ルカブリエ FRA 157.24 51.66(11) 105.58(9)
10 A.パガニーニ SUI 156.51 56.88(8) 99.63(10)
11 L.セルナ FRA 149.49 55.31(9) 94.18(12)
12 M.アルゴットソン SWE 146.35 48.58(12) 97.77(11)

 

ショートプログラム2位だった紀平梨花選手が、フリーでトップに立ち最終演者のメドベデワ選手もフリー5位と得点が伸びず紀平選手が逆転優勝。紀平選手はNHK杯に続き、GPシリーズ2連勝でファイナル進出を決めました。

また、総合2位となった三原舞依選手は、GPシリーズのポイントがわずか及ばず、ファイナル進出とはなりませんでした。

ちなみに、GPシリーズ全6戦のなかで、総合得点トップ5は以下の選手たちです。

1位/224.31 紀平梨花
2位/222.95 アリーナ・ザギトワ
3位/219.71 宮原知子
4位/219.02 E.トゥクタミシェワ
5位/213.90 坂本花織

日本勢が何名表彰台にのぼるのか楽しみです♪

 

スポンサーリンク