フィギュアカナダ大会の滑走順&結果/グランプリシリーズ2019【男子シングル】

フィギュアスケート・グランプリシリーズ第2戦となるカナダ大会(スケートカナダ)が2019年10月25日より3日間開催されます。

第2戦のカナダ大会では期待の羽生結弦選手が出場。今シーズンはどんなプログラムを披露するのか楽しみです。特に4回転半のジャンプに挑戦するんかどうか気になります。

ここでは、フィギュアスケートのグランプリシリーズ2019の男子シングル第2戦カナダ大会(スケートカナダ)における、

・テレビ放送日程
・出場選手一覧
・滑走順&滑走時間
・大会結果

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/カナダ大会 概要

ここでは、グランプリシリーズ2019カナダ大会(スケートカナダ)・男子シングルのテレビ放送日程や同種目の出場選手をご紹介します。

大会名(開催地)

2019 スケートカナダ(ケロウナ)
※グランプリシリーズ第2戦

← 第1戦アメリカ大会【結果】男子女子
第3戦フランス大会【結果】男子女子

大会日程

2019年10月25日(金) ~ 27日(日)

テレビ放送

前回大会はテレビ朝日系列にて放送が実施されました。テレビ朝日のフィギュアグランプリシリーズ公式HPが今年も更新されているので、今回もテレビ朝日系列での放送が予定されているものと思われます。

正式な情報が分かり次第、放送日程を追記します。

 

カナダ大会(スケートカナダ)出場選手

※年齢はカナダ大会開幕時の年齢です。

ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
年齢/24歳 身長/175cm

ニコラ・ナドー(カナダ)
年齢/22歳 身長/185cm

ナム・ニューエン(カナダ)
年齢/21歳 身長/180cm

ローマン・サドフスキー(カナダ)
年齢/20歳 身長/184cm

パウル・フェンツ(ドイツ)
年齢/27歳 身長/179cm

マッテオ・リッツォ(イタリア)
年齢/21歳 身長/171cm

羽生結弦(日本)
年齢/24歳 身長/172cm

田中刑事(日本)
年齢/24歳 身長/172cm

デニス・バシリエフス(ラトビア)
年齢/20歳 身長/172cm

ジュリアン・ジージエ・イー(マレーシア)
年齢/22歳 身長/167cm

アンドレイ・ラズキン(ロシア)
年齢/21歳 身長/179cm

カムデン・プルキネン(アメリカ)
年齢/19歳 身長/170cm

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/カナダ大会の滑走順

ここでは、グランプリシリーズ2019カナダ大会・男子シングルのSP&FSの滑走順と滑走時間をご紹介します。

SP滑走順

カナダ大会/SP滑走順

【男子ショートプログラム競技時間】
10月25日(金)

1.ジュリアン・ジージエ・イー(MAS)
2.ローマン・サドフスキー(CAN)
3.ニコラ・ナドー(CAN)
4.アンドレイ・ラズキン(RUS)
5.パウル・フェンツ(GER)
6.ブレンダン・ケリー(AUS)
7.田中刑事(JPN)
8.ナム・ニューエン(CAN)
9.カムデン・プルキネン(USA)
10.羽生結弦(JPN)
11.マッテオ・リッツォ(ITA)
12.デニス・バシリエフス(LAT)

 

FS滑走順&滑走時間

カナダ大会/SF滑走順

【男子フリースケーティング競技時間】
現地時間/10月26日(土) 18:32~
日本時間/10月27日(日) 10:32~

1.10:39~ ブレンダン・ケリー(AUS)
2.10:47~ パウル・フェンツ(GER)
3.10:55~ ローマン・サドフスキー(CAN)
4.11:03~ マッテオ・リッツォ(ITA)
5.11:10~ ニコラ・ナドー(CAN)
6.11:18~ ジュリアン・ジージエ・イー(MAS)
7.11:34~ デニス・バシリエフス(LAT)
8.11:41~ アンドレイ・ラズキン(RUS)
9.11:49~ 田中刑事(JPN)
10.11:57~ カムデン・プルキネン(USA)
11.12:05~ 羽生結弦(JPN)
12.12:13~ ナム・ニューエン(CAN)

 

GPシリーズ2019/カナダ大会 結果

カナダ大会/女子シングル結果

← 第1戦アメリカ大会【結果】男子女子
第3戦フランス大会【結果】男子女子

男子シングル

選手名 合計 SP FS
1 羽生結弦 JPN 322.59 109.60(1) 212.99(1)
2 N.ニューエン CAN 262.77 84.08(3) 178.69(2)
3 田中刑事 JPN 250.02 80.11(5) 155.73(3)
4 C.プルキネン USA 244.78 89.05(2) 155.73(4)
5 D.バシリエフス LAT 227.40 84.01(4) 143.39(7)
6 M.リッツォ ITA 223.78 70.12(9) 153.66(5)
7 ニコラ・ナドー CAN 222.33 75.22(8) 147.11(6)
8 A.ラズキン RUS 212.07 78.99(6) 133.08(12)
9 J.ジージエ・イー MAS 211.63 75.64(7) 135.99(10)
10 R.サドフスキー CAN 204.35 65.29(11) 139.06(8)
11 P.フェンツ GER 202.24 66.32(10) 135.92(11)
12 B.ケリー AUS 193.77 56.75(12) 137.02(9)

※GPシリーズ2019のポイント表は下記リンクよりご覧ください。
男子シングル女子シングル

 

スポンサーリンク

 

【参考】2018年カナダ大会/男子シングル結果

ここでは、グランプリシリーズ2018(カナダ大会)・男子シングルのエントリー選手や結果をご紹介します。

カナダ大会での注目選手は、ジェイソン・ブラウン選手、友野一希選手、宇野昌磨選手です。

ジェイソン・ブラウン選手はGPファイナル2017に進出し、四大陸選手権では3位と好調。また、友野一希選手は2018年世界選手権で5位という結果を残しており、どこまで飛躍するのか注目です。

そして、カナダ大会優勝候補のひとり宇野昌磨選手は3大会連続でグランプリファイナルに進出中。初戦でどんな演技をみせてくれるのか楽しみです。

男子シングル・エントリー一覧

1.ブレンダン・ケリー(AUS)
2.キーガン・メッシング(CAN)
3.ナム・ニューエン(CAN)
4.ローマン・サドフスキー(CAN)
5.ケヴィン・エイモズ(FRA)
6.ダニエル・サモーヒン(ISR)
7.友野一希(JPN)
8.宇野昌磨(JPN)
※GPファイナル2017(2位)
9.チャ・ジュナン(KOR)
10.アレクサンドル・サマリン(RUS)
11.アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
12.ジェイソン・ブラウン(USA)
※GPファイナル2017(6位)

 

SP/FS滑走順&滑走時間

カナダ大会/SP滑走順・時間

日本時間/10月27日(土) 4時52分~

01.4時59分~/ローマン・サドフスキー(CAN)
02.5時06分~/ケヴィン・エイモズ(FRA)
03.5時12分~/ブレンダン・ケリー(AUS)
04.5時19分~/チャ・ジュナン(KOR)
05.5時25分~/ダニエル・サモーヒン(ISR)
06.5時32分~/アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
07.5時46分~/友野一希(JPN)
08.5時52分~/ナム・ニューエン(CAN)
09.5時59分~/キーガン・メッシング(CAN)
10.6時05分~/ジェイソン・ブラウン(USA)
11.6時12分~/宇野昌磨(JPN)
12.6時18分~/アレクサンドル・サマリン(RUS)

カナダ大会/FS滑走順・時間

日本時間/10月28日(日) 4時02分~

01.4時09分~/ジェイソン・ブラウン(USA)
02.4時17分~/ケヴィン・エイモズ(FRA)
03.4時25分~/ローマン・サドフスキー(CAN)
04.4時33分~/ナム・ニューエン(CAN)
05.4時40分~/友野一希(JPN)
06.4時48分~/ブレンダン・ケリー(AUS)
07.5時04分~/アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
08.5時11分~/アレクサンドル・サマリン(RUS)
09.5時19分~/ダニエル・サモーヒン(ISR)
10.5時27分~/チャ・ジュナン(KOR)
11.5時35分~/宇野昌磨(JPN)
12.5時43分~/キーガン・メッシング(CAN)

 

カナダ大会・結果

選手名 合計 SP FS
1 宇野昌磨 JPN 277.25 88.87(2) 188.38(1)
2 K.メッシング CAN 265.17 95.05(1) 170.12(2)
3 チャ ジュナン KOR 254.77 88.86(3) 165.91(3)
4 A.サマリン RUS 248.78 88.06(4) 160.72(4)
5 N.ニューエン CAN 240.94 82.22(7) 158.72(5)
6 J.ブラウン USA 234.97 76.46(11) 158.51(6)
7 K.エイモズ FRA 230.09 78.83(10) 151.26(7)
8 D.サモーヒン ISR 225.89 84.90(5) 140.99(9)
9 友野一希 JPN 220.83 81.63(8) 139.20(10)
10 A.マヨロフ SWE 220.30 84.64(6) 135.66(12)
11 B.ケリー AUS 220.08 80.99(9) 139.09(11)
12 R.サドフスキー CAN 210.60 67.72(12) 142.88(8)

グランプリシリーズ初戦となった宇野昌磨選手は、逆転でカナダ大会2連覇を達成しました。宇野昌磨選手の次戦は、第4戦の日本大会となります。グランプリシリーズ2戦連続の優勝でグランプリファイナル進出に期待です♪

また、2018年世界選手権5位の友野一希選手は、手をつくなどのミスで点数を伸ばせず9位となりました。友野一希選手の次戦は、羽生結弦選手とともに出場する第5戦のロシア大会です。

 

スポンサーリンク