日欧EPAとは?値下げでワインとチーズがお得!?主な品目一覧

2019年2月1日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が発効されました。これにより欧州産の食料品や服飾品など幅広い品目の関税が撤廃・削減されます。

価格は為替相場の影響を受けるものの、関税が下がれば我々消費者は少しでも安い欧州産の商品を手に入れやすくなります。

そして、日本国内の小売り各社は、消費者の節約志向が強いなか、日欧EPAをきっかけに消費者の購買意欲を促す値下げを実施しています。

具体的にどんなものが安くなるのでしょうか?

ここでは、日欧EPA発効による、

・関税が即時撤廃される主な商品
・国内の小売り各社の動き

などをまとめたものをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

日欧EPAとは

日欧EPAとは、日本と欧州連合(EU)との間で合意された『経済連携協定』のことです。

外務省の『経済連携協定』の説明を引用すると、

貿易の自由化に加え,投資,人の移動,知的財産の保護や競争政策におけるルール作り,様々な分野での協力の要素等を含む,幅広い経済関係の強化を目的とする協定

とのこと。

この日欧EPAが2019年2月1日に発効されたことにより、世界の国内総生産(GDP)の約3割、貿易総額約4割を占める世界最大級の自由貿易圏が誕生。日本政府は発効によりGDPを約5兆2000億円押し上げ、雇用を約29万人増やすと試算しています。

ただし、豚肉などの輸入拡大は日本国内の生産者の痛手となり、農畜産品の生産額は最大1100億円落ち込むと予想しています。一方、日本がEUへ輸出する自動車部品のほとんどの品目で関税が即時撤廃され、日本の輸出産業に追い風が吹くと見られます。

 

日欧EPAで関税がさがる主な品目

日欧EPAで欧州産の食料品や服飾品など幅広い品目の関税が撤廃・削減されます。このことで、消費者はより安価に欧州産の商品を購入することができます。

価格は為替相場の影響は受けますが、具体的に何がどれぐらい安くなるのか主な商品をご紹介します。

▼参考資料
【農林水産省】
日EU・EPAにおける農林水産物の交渉結果概要①( EUからの輸入)

【経済産業省】
日EU経済連携協定(EPA)における工業製品関税(経済産業省関連分)に関する大枠合意結果について

【財務省】
品目別の交渉結果

 

ワイン

ワインの関税は即時撤廃。計算上、一般的な750ml入りボトルで最大約94円の関税分が安くなります。また、同じサイズのスパークリングワインで約137円安くなります。

 

農産物

ブドウ

ブドウにかかる7.8~17%の関税は即時撤廃されます。

豆類

小豆、インゲン、落花生といった豆類は、一定枠に限り10%の関税がなくなります。

 

水産物

水産物は、種類により関税撤廃の時期が異なります。

▼即時撤廃

【冷凍】
大西洋くろまぐろ、めばちまぐろ、にしん、

【生鮮・冷凍】
きはだまぐろ、大西洋さけ、ひらめ・かれい、かに(ずわいがに・たらばがに等)、えび

【加工品】
えび調整品、まぐろ缶詰、うなぎのかば焼き

▼段階的に撤廃

>4年目撤廃
かつお等

>6年目撤廃
冷凍くろまぐろフィレ、冷凍いわしフィレ

>9~16年目撤廃
まいわし、やりいか、するめいか、あじ、さば

 

<スポンサーリンク>

 

服飾品

織物や衣類が発効と同時に関税撤廃。一方、皮革・履物関連は十数年かけて撤廃します。

▼即時撤廃

毛・綿・化合繊の糸や織物
不織布、特殊糸
衣料品(ジャケット、ネクタイ等)
リネン類(タオル等)

▼段階的に撤廃

>11年目撤廃
皮革・革靴、かばん、ハンドバッグ等

>16年目撤廃
毛皮、野球用グローブ等、ゼラチン、にかわ

 

チーズ

チーズは段階的に関税を削減。種類ごとに税率は異なりますが、カマンベールやモッツァレラなどのソフト系チーズは、枠内分の関税を16年目に撤廃。

また、チェダーやゴーダチーズなどのハード系チーズは、枠を設定せず段階的に16年目に撤廃。

 

豚肉

低価格帯の従量税(482円/kg)を10年目に50円/kgに削減。また、高価格帯の従価税4.3%を10年目に撤廃。

また、ベーコンやハムなどの加工品も複数年かけて関税が撤廃されます。

【低価格帯:従量税部分】
従来:482円 → 発効時:125円 → 5年後:70円 → 10年後:50円
※価格は1kg当り

【高価格帯:従価税部分】
従来:4.3% → 発効時:2.2% → 10年後:撤廃

【豚肉調製品】※ハム・ベーコン等
初年度は50%削減し、以降毎年段階的に削減し11年目に関税撤廃。

 

お菓子

チョコレート、砂糖菓子(キャンデー)などは段階的に関税を削減し11年目に撤廃。

また、スイートビスケットは段階的に11年目に、ビスケット(加糖・無糖)は段階的に6年目に撤廃。

 

マカロニ・スパゲティ

現行1kg当たり30円を段階的に下げ、11年目に撤廃。

 

トマト加工品

ケチャップやソース、ジュース用は6~11年目に撤廃。

 

<スポンサーリンク>

 

小売り各社の対応は?

日本と欧州連合(EU)との経済連携協定により、欧州産ワインやチーズなど食品を中心に関税が下がるため、小売り各社が対象商品の値下げに動いています。

ここでは、そんな小売り各社が日欧EPAでどのような対応をするのかご紹介します。

※2019年2月1日時点の情報です。

セブン&アイHD

セブン&アイHDは、プライベートブランド(PB)で販売する「セブンプレミアムボルドー メゾンデュアール」など3商品の価格を見直し。PBブランドでは初めての値下げで、値下げ幅は8~9%です。

なお、イトーヨーカ堂では2019年1月28日から日欧EPA発効前に先行して、欧州産ワイン約60品を別途値下げしています。

 

ローソン

ローソンは2019年1月22日から欧州産ワインを2019年2月18日まで期間限定で3~9%割引きキャンペーンを実施。

関税撤廃の効果が本格化する2019年4月以降の値下げを検討しています。

 

ファミリーマート

ファミリーマートでは、2019年2月2日~4月1日までフランスなど3か国のワイン14商品を3~17%値下げ。

 

イオン

イオンは全店舗で最大330種類のワインを平均で1割の値下げを実施。

 

成城石井

成城石井は、オリーブや生ハム、チーズの一部商品のほか、欧州産ワイン112種類を100~300円程度値下げ。

対象商品を段階的に増やし、最大で200種類ほどで価格を見直す予定です。

 

明治屋

明治屋は、東京・広尾の店舗を改装し、欧州産の商品が多いチーズ売り場を2倍に拡張。2019年3月1日からワイン約100種類の値下げを予定です。

 

キャメル珈琲

キャメル珈琲が経営を手掛ける店舗「カルディコーヒーファーム」では、ワイン10種類を平均2割値下げ。

 

セコマ

北海道を中心セイコーマートを展開するセコマは、ワインを値下げ。また、欧州から輸入するバタークロワッサンの冷凍生地の関税がなくなったことで、バタークロワッサンも値下げされます。

 

▼関連記事
2019年値上げされる品目は?/月別一覧

 

スポンサーリンク