夜更けの瓦版

“ちょっとでもお役に立ちたい”をコンセプトに活動してます

2018年の出来事 社会 話題

2018年5月の主な出来事まとめ│話題やニュースあれこれ

更新日:

5月になるとゴールデンウィークで一息。大型連休を思いっきり堪能してやると意気込むものの、楽しすぎてあっという間に休みは終わり…。

笑点のテーマを聞きつつ、「3連休はいつだっけ?あっ、7月の海の日か…」と毎年、アホみたいな確認をしています。

さて、5月も色々なニュースが飛び込んでいます。TOKIOの山口達也さんの件や、イチロー選手がマリナーズと生涯契約を結ぶなど話題になっています。

一方、日本維新の会以外の6野党は国会審議をしないで17連休を満喫したとか。こんな程度の低い出来事も話題になっています。

それでは、2018年5月に報じられたニュースから主な出来事や話題の中から、個人的に気になったものをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

2018年5月の主な出来事は?

▼他の月のまとめはこちら

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

5月1日~10日の出来事

5月1日(火)

●キリン公式Twitterが、「モデル気取り」「ロリもどき」といった「#午後ティー女子」のイラストをツイートしたところ炎上。キリンは謝罪した。

●バドミントンのアジア選手権男子シングルスで、桃田賢斗選手が日本勢で初めて優勝した。

●USJの人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」が緊急停止し、乗客64人が長時間宙づりのままとなった。

 

5月2日(水)

●山口達也さんが女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された件について、TOKIOのメンバー4人が謝罪会見を行った。

●世界保健機関(WHO)は、世界人口の9割が汚染された空気を吸い、年間約700万人が空気の汚染に関する原因で死亡しているとの報告書を発表した。

●ロックバンドX JAPANのギタリストでソロでも活躍したhideさんが亡くなってから20年が経った。

 

5月3日(木)

●MLBシアトル・マリナーズのイチロー選手が、球団の会長付特別補佐に就任し、今シーズンの残り試合は出場しないことが分かった。

 

5月4日(金)

●ノーベル文学賞の選考機関は、会員の配偶者による性犯罪疑惑が浮上し、会員が相次ぎ辞任する事態を受け選考は困難とし、文学賞の発表を見合わせると明らかにした。

●総務省は「こどもの日」に合わせて、15歳未満の子供の推計人口が37年連続で減少したと発表。

●世界卓球(団体戦)で、日本女子は大会途中に編成された韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」を3-0で撃破し決勝に進んだ。

 

5月5日(土)

●12万人以上の小学生が応募した「こどもの本総選挙」の結果が発表され、『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』が1位に選ばれた。

▼関連記事
こどもの本総選挙 トップ100の結果

 

●世界卓球の女子決勝戦が行われた、日本は中国に敗れ、銀メダルを獲得した。また、男子は準々決勝で韓国に敗れ、メダル獲得とはならなかった。

●ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅選手が、スパーリング形式の引退試合を行い、ポンサクレック選手にTKO勝ちした。その後、引退のテンカウントゴングを行っている途中に引退を撤回した。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

5月6日(日)

●日本年金機構は、再委託を禁じていたにも関わらず、「時間がないから」といった理由で、年金受給者のデータ入力業務を別の中国系企業に同業務を委託していたことが分かった。

●ジャニーズ事務所は山口達也さんとの契約解除を発表した。

 

5月7日(月)

●名古屋城天守閣が木造復元に向け、5月7日から入場禁止となった。復元の完了予定は2022年末。

●民進党と希望の党が合流し、「国民民主党」が結党した。衆院39人、参院23人が参加。ただし、大物議員が不参加となり、低調な船出となった。

 

5月8日(火)

●武田薬品工業は、大手製薬会社シャイアーの全株を取得することで合意したと発表。買収総額は約6兆8000円となり、日本企業としては過去最大の買収額となった。

●審議拒否していた野党が19連休を終えて、国会がやっと正常化。

●三菱重工業は、国産初のジェット旅客機「MRJ」を開発する子会社の三菱航空機が約1000億円の債務超過に陥っているため、資本増強をすることを発表。納入納期が度重なり、開発費の膨張が原因。

 

5月9日(水)

●関西電力の大飯原発4号機が、約4年8ヶ月ぶりに再活動。6年半ぶりに4機が運転状態になった。

●ソフトバンクの内川聖一選手が、西武戦で史上51人目の2000本安打を記録。歴代9位のスピード達成。また、日本ハムの清宮幸太郎選手が、初ホームランを放ち、ドラフト制後の新人7試合連続安打を記録した。

●トヨタ自動車は、2018年3月期決算の純利益が2兆4939億円と発表。日本企業として過去最高を更新した。

 

5月10日(木)

●環境省は、大阪府の民家で中国製の家電製品の段ボールからヒアリ1匹の死骸がみつかったと発表。民家で見つかったのは初めて。

●NHKは山口達也さんが出演していた「Rの法則」打ち切りを受け、損害賠償を検討していると明かした。また、「Rの法則」スタッフが山口さんと被害者との連絡先を仲介したのではないかという報道について否定した。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

5月11日~20日の出来事

5月11日(金)

●横綱・稀勢の里が夏場所を初日から休場することを日本相撲協会が発表。7場所連続の休場となり、貴乃花と並び横綱最長。

●大日本印刷(DNP)は39年ぶりに社長が交代。北島義俊社長(84)の長男で副社長の北島義斉氏(53)が社長に就任することになるが、「世襲」との批判も。

 

5月12日(土)

●京都市の日本料理店「千花(ちはな)」から出火し、全焼した。同店は1946年に開店し、川端康成や三島由紀夫など多くの文化人が通った名店。ミュシュランガイドでは9年連続で三ツ星を獲得していた。

 

5月13日(日)

●慶應大学や滋賀医大などのチームが、サルから摘出した子宮を別のサルに移植して子を妊娠させることに成功したと発表。今後、人を対象にした国内初の子宮移植の実施を目指す。

●ゴルフの日本プロ選手権で谷口徹選手(50歳)が優勝。50歳での国内メジャー制覇は、1996年大会を制した尾崎将司さんの49歳を超え、史上最年長となった。

●千葉県の飲食店で、家族4人が男に刃物で切りつけられ、女児(6歳)が死亡、父母ら3人が重軽傷を負った。容疑者は元千葉市議。

 

5月14日(月)

●日本航空(JAL)は成田空港を拠点とする格安航空会社(LCC)を作り、2020年夏までに中長距離の国際線を運航することを発表した。

●新潟県新潟市のJR越後線の線路で、近くに住む小学生の遺体が見つかった事件で、新潟県警は現場近くに住む会社員、小林遼容疑者(23歳)を逮捕した。

 

5月15日(火)

●女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の所有者の大半に購入資金を融資していたスルガ銀行は、相当数の行員が融資の審査書類を改ざんしていたと発表。

●TSUTAYAやTポイントなどを展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」が、カメラや関連用品を販売する「キタムラ」を株式公開買付で買収すると発表した。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

5月16日(水)

●女性の議員を増やすことを促す「政治分野における男女共同参画推進法」(候補者男女均等法)が参院本会議で全会一致で可決、成立した。

●厚生労働省はインフルエンザ治療薬「タミフル」の10代への使用制限を解除する方針を決定。タミフルを飲んだ子どもがベランダから転落するなど異常行動が相次ぎ、2007年から10代への使用を原則禁止していた。

 

5月17日(木)

●アメリカ体操協会のチームドクターだった男性医師が女子選手らにセクハラ行為を行っていた事件で、300人を超える被害者と所属していたミシガン州立大学とで和解が成立。同大学は被害者側に5億ドル(約550億円)を支払うことで合意。

●歌手の西城秀樹さんが、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなった。西城さんは4月25日に意識を失い倒れ、病院に搬送された。意識は戻ることなく、家族に看取られ旅立った。63歳だった。

●愛知県名古屋市のネットカフェで男性客が、面識のない男から突然刺され死亡。逮捕された無職の稲田府見洋容疑者(22歳)は、「誰でもいいから人を刺そうと思った」と供述。

 

5月18日(金)

●将棋の藤井聡太六段(15歳)が、竜王戦5組ランキング戦準決勝で勝利し、七段に昇段。加藤一二三九段の17歳3か月を上回る15歳9か月の史上最年少での七段となった。

●テレビ朝日が三田労働基準監督署から2014年から2017年の間に3回、長時間労働の是正勧告を受けていたことが明らかになった。

 

5月19日(土)

●女優の星由里子さんが、病気により亡くなったことが明らかになった。星さんは、ドラマ「科捜研の女」(テレ朝)で、榊マリコ(沢口靖子)の母親・榊いずみ役を演じていた。

●JR東日本は、防犯カメラを車内に設置した山手線車両(E235系)の営業運転を開始した。今後、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、全50編成(550両)への設置を進める。

●バラエティ―番組や歌手として活躍した女優の朝丘雪路さんがアルツハイマー型認知症のため4月27日に亡くなっていたことが明らかになった。82歳だった。

 

5月20日(日)

●第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が行われ、コンペティション部門で是枝裕和監督の長編14作目となる「万引き家族」が最高賞「パルムドール」を受賞した。日本作品としては、21年ぶりの5作目となった。

●ボクシングダブル世界戦で、WBA・IBF世界ライトフライ級統一王座防衛戦で田口良一選手が0-3の判定で敗れた。また、IBF世界ミニマム級タイトルマッチでは、京口紘人選手が3-0の判定勝利で2度目の防衛に成功した。

●体操のNHK杯が行われ、内村航平選手が男子個人総合で谷川翔選手、白井健三選手らを逆転し優勝。大会10連覇を達成した。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

5月21日~31日の出来事

5月21日(月)

●8度目のエベレスト登頂に挑戦していた登山家・栗城史多(くりきのぶかず)さんが下山中に低体温症(のちに全身強打に訂正)で亡くなったことがわかった。栗城さんは2012年のエベレスト登頂に挑戦し、重度の凍傷で指9本を失っていた。

●女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズが経営破たんした問題で、オーナー側を支援する弁護団がスルガ銀行などに対する告発状を警視庁に提出。

 

5月22日(火)

アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で悪質なタックルを行った日本大学の選手が会見を行った。この問題のまとめは以下の通り。

▼6日
日大-関学大の試合で、問題の悪質タックルが行われる。

▼7日
タックルを受けた選手は全治3週間の診断を受ける。

▼10日
反則行為をした日大の選手に対外試合禁止の処分が下る。内田監督は厳重注意のみ。

▼12日
関学大の鳥内監督らが謝罪や真相究明を望む会見を行う。

▼14日
法大、東大、立教大が日大との試合中止を発表。スポーツ庁の鈴木大地長官も容認できないと発言。

▼15日
日大が関学大に抗議文に対する回答を送付。

▼16日
「反則タックルは内田監督の指示」という報道に対し、日大広報は否定。

▼17日
関学大が会見を行い、日大からの回答文にファウルに至った経緯などが記載されておらず、5月24日までに再回答するよう求めたと発表。

▼19日
日大の内田監督が関学大の負傷選手と保護者に謝罪。報道陣に対して監督辞任を表明。

▼21日
関学大の選手側が大阪府警に被害届を提出。

▼22日
日大の反則行為を行った選手が、

・大学の対応が遅い
・部としての事情聴取がない

ということで記者会見を行う。各方面に反響を呼び、監督・日本大学に対する疑問と怒りの声が噴出。

▼23日
日大・内田前監督と井上コーチが記者会見を行う。炎上状態の会見になったうえ、問題には関係のない司会進行役がさらに燃料投下しさらに炎上。内田前監督は会見後、即入院。危機管理ができていないという点で伝説の会見として語り継がれることに…。

▼26日
関学大が日大の再回答について会見を開き、「多くの矛盾、真実とは到底認識できない」と日大側の姿勢に疑問を呈した。なお、加害者選手については支援を表明。

▼29日
関東学生連盟が臨時理事会を開き、日大の内田前監督と井上コーチを永久追放に相当する「除名」、森ヘッドコーチを「資格剥奪」とする処分を下した。また、反則選手とチームは今季終了まで出場資格停止となった。

 

5月23日(水)

●日大-関学大のアメフト悪質タックルの問題で日大の内田正人前監督と井上奨コーチが会見。反則行為の指示に関して、改めて否定した。

また、日大広報と報道陣が会見時間のことで応酬する事態となり一時場が騒然とした。

●第31回「サラリーマン川柳」の大賞が発表。全国投票結果トップ10は以下の通り。

1位/スポーツジム 車で行って チャリをこぐ(60代/男性)

2位「ちがうだろ!」 妻が言うなら そうだろう(40代/女性)

3位ノーメイク 会社入れぬ 顔認証(50代/男性)

4位効率化 進めて気づく 俺が無駄(30代/男性)

5位電子化に ついて行けずに 紙対応(50代/男性)

6位「マジですか」 上司に使う 丁寧語(70代/男性)

7位父からは ライン見たかと 電話来る(60代/男性)

8位「言っただろ!」 聞いてないけど 「すみません」(40代/男性)

9位減る記憶 それでも増える パスワード(20代/男性)

10位ほらあれよ 連想ゲームに 花が咲く(50代/女性)

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

5月24日(木)

●北朝鮮は、核実験場の坑道入口や観測所を爆破。実験場は完全に廃棄されたと朝鮮中央通信が報じた。

 

5月25日(金)

●ボクシングWBAバンタム級タイトルマッチが行われ、挑戦者井上尚弥選手が王者ジェイミー・マクドネル選手を1回TKOで下し、3階級制覇を成し遂げた。プロ16戦目での達成は、日本人ボクサー最速。

 

5月26日(土)

●バドミントン団体世界一を決める国・地域別対抗戦のユーバー杯で、日本女子が決勝でタイを下し、37年ぶりに優勝した。

 

5月27日(日)

●大相撲夏場所の千秋楽で鶴竜が白鵬との横綱対決を制し、2場所連続5回目の優勝を飾った。また、関脇・栃ノ心の大関昇進も決定した。

 

5月28日(月)

●九州と四国の各気象台が梅雨入りしたと発表。5月中の梅雨入り発表は、2013年以来5年ぶり。

●内閣府は2017年に報告があった保育施設や幼稚園、認定こども園で事故件数を発表。重大事故は前年比の1.5倍で、子どもが亡くなった事故は8件(8人)だった。

●ケーブルテレビ最大手のジュピターテレコム(JCOM)とアメリカ動画配信サービス大手のネットフリックスが提携することが判明。また、auとも提携し割安な動画配信パックを提供する。

 

5月29日(火)

●レオパレス21は、施工したアパートに建築基準法違反が見つかったと発表。火災時の延焼を防ぐための「界壁」と呼ばれる天井裏に設置が義務付けられている壁が無かったことがオーナーの指摘により発覚した。

●アメリカンフットボールの関東学生連盟が記者会見を行い、日大の内田正人前監督と井上奨前コーチについて、永久追放に相当する「除名」処分にしたと発表。また、森琢ヘッドコーチは「資格剥奪」処分とした。反則選手とチームは2018年シーズンの出場資格停止とした。

 

5月30日(水)

●2004年、岡山県津山市で当時小学3年生の女の子が殺害された事件で、岡山県警は別の事件で岡山刑務所に服役中の勝田州彦容疑者(39)を逮捕した。

●第10回AKB総選挙の投票速報が発表され、NGT48の荻野由佳さんが暫定1位。2位はSKE48の松井珠理奈さん、3位はHKT48の宮脇咲良さんとなった。

 

5月31日(木)

●シダックスがカラオケ事業から撤退する方針を明らかにした。カラオケボックス「シダックス」の運営子会社の持ち株と約97億円の債権を「カラオケ館」運営元のB&Vに譲渡する。

●学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省の文書改ざん問題で、大阪地検特捜部は佐川宣寿・前国税庁長官の容疑について、嫌疑不十分で不起訴処分にしたと発表。

●日本サッカー協会は、ロシア・ワールドカップの日本代表選手23名を発表。経験豊富なベテラン選手が中心となり、過去W杯6大会の平均年齢が最も高い「28.2歳」となった。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

その他

●「機動戦士ガンダム00」が2019年2月に舞台化されることが発表された。ガンダムファンの間で賛否が分かれた。

●日本経済新聞社が働く女性1000人を対象にセクハラに関する調査結果を発表し、6割を超える女性が「我慢した」と答えた。

●エンゼルス大谷翔平選手が、4月のア・リーグ新人の月間MVPに選出された。
【打者】
12試合/.341 4本塁打 12打点
【投手】
4試合/2勝1敗 防御率4.43 26奪三振

●生活保護を受けている外国人が、2016年度に月平均で4万7058世帯となり、過去最高に達したことが政府の調べで分かった。

●長崎・熊本両県の潜伏キリシタンの教会や集落が世界文化遺産に登録される見通しとなることが判明した。

●羽生結弦選手の祝賀パレードでボランティアスタッフに配布された非売品のジャンパーが、オークションサイトに出品され高値で売買されていることが判明。実行委員会は「道義的に問題がある」と困惑。

●沖縄県や愛知県ではしかの感染者が増加。旅行者を介して全国へと拡大しており、厚生労働省は注意を呼び掛けた。

●官僚を相手に安倍政権を追求する野党合同ヒアリングについて、「公開パワハラ」と批判の声が続出。世論にやっと気づいて考えを見直すことに。

●愛知県名古屋市のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」に隣接する商業施設「メイカーズ ピア」で、2017年3月30日の開業から1年余りで12店が撤退したことが運営会社が明らかにした。この間の新たな出店は2店にとどまる。

●朝日新聞は「『お金の若者離れ』現実知って」という大学生からの投書を掲載。高須克弥さんのツイートを交え、議論が過熱した。

●奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」が収益が、全盛期の3%までに激減

●JR福井駅近くの交番前で覚醒剤に見せかけた白い粉入りの袋を落として逃走し、その模様を「YOU TUBE」に投稿した事件で、自称広告業の男に福井簡裁は罰金40万円を言い渡した。

●ジャーナリストの池上彰さんに対して殺害予告を行った45歳の男を逮捕。

●「別冊花とゆめ」の休刊が決定し、約40年の歴史に幕。「ガラスの仮面」や「パタリロ!」などの有名作品を掲載。

●夕張メロンが過去最高の2玉320万円で競り落とされた。

●サッカー・チャンピオンズリーグでレアルマドリードが史上初の3連覇を達成。

●東京五輪マラソンコースが発表。東京都内の観光名所を通るコースとなった。

●プロ野球・阪神タイガースの鳥谷敬選手の連続出場記録が歴代2位となる「1939」でストップ。

●女性向け漫画誌「YOU」(集英社)が休刊を発表。「ごくせん」や「Real Clothes」などのヒット作品を生んだ。

●ガソリンの小売価格が、1Lあたり150円を超え、3年5か月ぶりの高水準となった。

 

▼他の月のまとめはこちら

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-2018年の出来事, 社会, 話題

Copyright© 夜更けの瓦版 , 2018 All Rights Reserved.