夜更けの瓦版

“ちょっとでもお役に立ちたい”をコンセプトに活動してます

2018年の出来事

2018年9月の主な出来事まとめ│気になったニュース話題あれこれ

更新日:

2018年も残り4ヵ月となりました。今年も色々な出来事やニュースがあり、ふと振り返ってみると平昌五輪が遥か昔のことのように思えます。本当に時間が経つのが早いです…。

さて、2018年9月といえば台風21号や北海道胆振東部地震などの大きな災害に見舞われた月となりました。被災された方が一日でも早くいつも通りの生活を送れることを祈るばかりです。

一方、うれしいニュースがテニス界から飛び込んできました。テニスの4大大会のひとつ全米オープンの女子シングルスに出場した大坂なおみ選手が、元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズをストレートで破り、見事初優勝。

男女を通じて日本勢初の快挙を達成。20歳の大阪選手が、これからどんな活躍をするのか楽しみですね♪

ここでは、2018年9月に報じられたニュースや出来事のなかから、独断と偏見で気になったものをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

2018年9月の主な出来事は?


▼他の月のまとめはこちら

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

9月1日~10日の出来事

9月1日(土)

●東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、日本政府がサマータイム導入を検討している中、欧州連合(EU)欧州員会は現行のサマータイム制度の廃止を加盟各国に提案する流れとなっている。

●陸上競技の100m、200mの世界記録保持者のウサイン・ボルトさんが、オーストラリアのAリーグで練習生としてサッカー選手デビュー。しかし、海外メディアはボルトさんについて「技術なし」と酷評するものがほとんどだった。

●株式会社東京タワー水族館は、運営する「東京タワー水族館」の営業を9月30日で終了すると発表した。同水族館は1978年にオープンし、40年の歴史に幕を下ろす。

 

9月2日(日)

●厚生労働省研究班の調査で、ネット依存が疑われる中高生は5年間で約40万人増え、93万人にのぼると推計された。また、ネット依存外来を受診する患者は年間で約1500人おり、なかには10歳未満の子どもも初心で訪れたという。

●100円ショップ大手の「ダイソー」で、指が切れたように見せかける偽物のカッターナイフの商品の中に、本物のカッターが混じっていたことが分かった。この商品によるケガ人はなく、同社は自主回収するとのこと。

●4年に一度のアジア大会が閉幕。日本は前回の仁川大会の47個を大きく上回る75個の金メダルを獲得した。また、大会MVPには競泳女子で6冠を達成した池江璃花子選手が選ばれた。

▼関連記事
アジア大会2018 国別メダル獲得数と日本選手の結果

 

9月3日(月)

●ブラジル・リオデジャネイロにある国立博物館で大規模な火災が発生し、貴重な国宝を含む約2000万点以上の収蔵品の多くが焼失した。

●財務省は2017年度の法人企業統計を発表。統計によると、企業の蓄えた「内部留保」に相当する利益余剰金が446兆4844億円となり、過去最高を更新したことがわかった。

●経団連の中西宏明会長は、就職活動を巡る「就活ルール」を撤廃することを表明。現在、経団連の加盟企業は、3月から会社説明会、6月から面接などを行っているが、2021年春以降に入社する学生の就職活動から廃止する方針。

ただ、安倍晋三首相は、自民党の集会で直接言及しなかったものの、就職活動が早くなると学業に影響があるとして、現行のルールを維持するよう述べた。

※9月21日、経団連は2021年春入社は現行ルールを維持することを発表しました。

 

9月4日(火)

●スルガ銀行が創業家の関連企業に対して数百億円の融資をしていることがわかり、金融庁は融資先に実体のない企業が含まれている可能性があるとして調査を進めている。

●関西電力は台風21号の影響により、近畿6府県と福井、三重県の一部で大規模な停電が発生。原因は電線の不具合が相次いだため。

また、兵庫県では車両火災が発生し、約100台が炎上。道路が冠水していたり、強風が吹いたりと消防隊員も容易に消火活動ができず作業が難航した。

●台風21号の強風により、関西国際空港と対岸を結ぶ連絡橋にタンカーが衝突。この影響で関空の利用客ら約8000人を孤立させた。

なお、海上保安庁はタンカーが流されていることに気づき、2度にわたって注意していたにもかかわらず、船長は事故の回避行動を取らなかった。

 

9月5日(水)

●台風21号の影響で、近畿地方の停電は約57万5100軒でなお停電が続いている。強風の影響で電柱350本以上が折れるなど配電施設に大きな被害が発生している。

自然災害による停電としては、阪神大震災に次ぐ規模となった。

●厚生労働省研究班は、2015~2016年までの2年間で、産後1年までに自殺した妊婦は全国で少なくとも102人いたと発表した。この期間の妊産婦の死因では、がんや心疾患などを上回り、自殺が最も多かった。

●体操女子の宮川紗江選手に対する暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗元コーチが謝罪会見を行った。

なお、日本体操協会が公表した速見元コーチの暴力行為は合計11回に及び、「怒鳴る」「顔を叩く」「表彰台から引きずり下ろす」「1時間以上立たせる」「髪の毛を引っ張り引きずった」など他の指導者や選手がいるなかで行ったとのこと。

ちなみに、この暴力問題についてタレントの武井壮さんがこんなツイートをしています。

 

 

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

9月6日(木)

●6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方を震源とする地震があり、震度6強(のちに震度7に訂正)を観測した。この地震により多数の家屋の倒壊や土砂崩れが発生した。

また、北海道最大の火力発電所である苫東厚真発電所がダウンしたため、電力の需給バランスが崩れ、道内全戸の約295万戸が停電した。

●台風21号の影響で停電が続く近畿地方では、約27万9000戸で停電が続いている。

●タレントで元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者が飲酒運転で自転車に乗った女性に衝突し、ひき逃げの疑いで警視庁に逮捕された。吉澤容疑者からは基準値の4倍近いアルコールが検出された。

 

9月7日(金)

●厚生労働省は認可保育所などに入所できない待機児童が、2018年4月時点で前年同時期比で6186人減の1万9895人となり、4年ぶりに減少した発表した。

●政府は7月の西日本豪雨や北海道胆振東部地震などを受け、2018年度補正予算を編成する方針を固め、秋の臨時国会への提出を検討している。規模は1兆円を超える可能性もある。

●日本体育大学は、陸上競技部の渡辺正昭駅伝監督による部員へのパワハラ行為について、渡辺監督への聞き取り調査を速やかに行うと発表。渡辺監督は1993年から指導していた豊川工高(愛知)でも体罰問題を起こし、2013年に退職した経緯がある。

2018年9月21日号の『FRIDAY』に掲載された渡辺監督が選手たちに発した“言葉の暴力”の一例がこちら。

・「もう練習に来なくていい。部も辞めて、大学からいなくなれ!」

・故障中の選手にむかって、「アイツ障害者じゃないか」

・伴走車から遅れた選手に対して「ひき殺すぞ!」

・走り込みが原因で疲労骨折した選手に「ざまぁみろ」

なお、このパワハラについて『FRIDAY』が渡辺監督に取材したところ「へぇ~…。いえ、まったくございません。練習とか、いろんな指導はしてますけど。叱咤激励も含めてね、はい」と応えたそうです…。

 

9月8日(土)

●エンゼルスの大谷翔平選手が、ホワイトソックス戦で今季2度目の3戦連発となる19号3ランを放った。メジャー1年目の日本人選手の19本塁打は、2006年の城島健司(マリナーズ)の18本を抜いて単独最多となった。

●千葉市の県道交差点で、信号待ちをしていた軽自動車が大型トレーラーの荷台の下敷きになり、乗っていた男女3人が死亡。トレーラーは鉄くず約37トンを積んでおり、交差点を左折した際に横転した。

 

9月9日(日)

●テニスの全米オープンで、大坂なおみ選手が、元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ選手にストレート勝ちをおさめ、日本選手として初の4大大会制覇を果たす金字塔を打ち立てた。

●岐阜県の養豚場で死亡したブタを国の研究機関で精密検査をしたところ、豚コレラウイルスの陽性と確定した。豚コレラウイルスの感染が日本国内で確認されるのは26年ぶり。

この病気は豚やイノシシがかかり、致死率も高く、治療法のない伝染病だが、感染した豚肉を食べたとしてもヒトには感染しないとのこと。

 

9月10日(月)

●北海道胆振東部地震が発生し、大規模な土砂災害に見舞われた厚真町で、最後の安否不明者だった男性の死亡が確認された。同庁の安否不明者が全員発見され、死者は36人となった。

●阪神電鉄本線の甲子園-梅田間で、電車の座席に座った50代男性が尻に重度のやけどを負っていたことがわかった。兵庫県警は座席に何者かが薬品をまいた可能性もあるとみて、障害などの容疑で捜査している。

●近畿大学は、台風21号の影響で和歌山県で養殖している近大マグロに被害が発生したと発表。出荷サイズのクロマグロ600匹のうち、250匹が死に、350匹が海に逃げたとのこと。被害総額は約1億円に上る。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

9月11日~20日の出来事

9月11日(火)

●女優の三田佳子さんの次男が、覚せい剤を使用したとして警視庁に逮捕。この次男が覚醒剤をめぐり逮捕されるのは4度目。三田さんは「親としては、もう力及ばずの心境です」とコメントした。

●日本ウエイトリフティング協会会長の三宅義行氏が、選手に対してのパワハラ疑惑が明るみになった。告発したのは女子のトップ選手で、コップを投げつけられたり、「ナショナルトレーニングセンターから出て行け」と命じられたりしたとのこと。

告発に対し三宅会長は、「(パワハラ行為が)いっぱい書いてありましたが、ほとんどが嘘だった」と答えた。

協会は三宅会長のパワハラと認定しなかったが、当事者への聞き取りは行っていないという。

※後に三宅会長は訴え出た女子選手の指導者と話し合い、その場で「パワハラとして捉えられたのなら、心からお詫びする」と謝罪したとのこと。

●一部自治体の豪華すぎる返礼品が問題視されている問題で、野田聖子総務相は自粛を求める通知にすぐ改める意向がない自治体を公表した。

公表された12自治体と2017年度の納税額は以下の通り。※公表した自治体は納税額が10億円以上に限ります

135億円 大阪府泉佐野市
72億円 佐賀県みやき町
43億円 佐賀県唐津市
27億円 静岡県小山長
26億円 佐賀県嬉野市
21億円 茨城県境町
17億円 滋賀県近江八幡市
15億円 福岡県宗像市
14億円 岐阜県関市
13億円 大分県佐伯市
12億円 福岡県上毛町
10億円 佐賀県基山町

 

9月12日(水)

●国立がん研究センターは、がんと診断されてから3年後に生存している確率を示す「3年生存率」の初めての調査結果を発表。11種類のがんで調査を行い、全てのがんの平均は71.3%。

部位別に見ると、

99.0% 前立腺
95.2% 乳房
85.5% 子宮体部
78.8% 子宮頚部
78.1% 大腸
74.3% 胃
73.5% 膀胱
53.6% 肝臓
52.0% 食道
49.4% 肺
15.1% 膵臓

となり、調査結果が出たことでより早く新しい治療方法の効果が把握できるとのこと。

●日本産科婦人科学会は、2016年に国内で行われた体外受精により生まれた赤ちゃんが過去最多となる5万4110人だったと発表した。17人に1人が体外受精で生まれ、1983年以降、累計で53万6737人になることがわかった。

●日本体育大学は、パワハラ報道のあった陸上競技部駅伝ブロックの渡辺正昭監督を解任することを発表した。同監督は聞き取り調査で、言葉の暴力や人格を否定するような発言を認めたが、「パワハラに該当するとの認識を持っていなかった」とのこと。

 

9月13日(木)

●商標登録を審査する特許庁が、前身組織の設立から130年余りの歴史で、初めて自ら商標権を取得。商標権を得たのは同庁が推進する特産品のブランド化施策「地域団体商標制度」のロゴマーク。

●東京工業大学は、2019年春以降に入学する学部生と大学院生を対象に、年間の授業料を値上げすることを発表した。国立大学としては初めて。現在、在籍中の学生には適用されない。

 

9月14日(金)

●日本郵便は2019年用の年賀はがきについて、販売枚数の「指標(ノルマ)」を設定しないということが局員向けの内部文書で明らかになった。局員がノルマをクリアできず自腹で年賀はがきを購入して、金券ショップに持ち込むなどの不適正な行為が横行し、長年問題になっていた。

●厚生労働省は、全国の100歳以上の高齢者が2017年より2014人多い6万9785人にのぼると発表した。48年連続で過去最多を更新し、女性が88.1%を占めている。

●京都府警は「民泊」を無許可で営業したとして、旅館経営会社の男性社長ら3人を旅館業法違反容疑で書類送検した。ヤミ民泊業者を警察が摘発したのは全国で初めて。

●2018年5月、千葉県千葉市の居酒屋で家族4人が切り付けられ、幼稚園児が死亡した事件で、千葉地検は殺人や殺人未遂などの疑いで送検されていた元千葉市議の男性を不起訴にした。当時、男性は心神喪失の状態で、刑事責任を問えないと判断したため。

 

9月15日(土)

●歌手の安室奈美恵さんが、沖縄県にてラストライブを開催。ネットでは「#安室ちゃん」「#安室ちゃんありがとう」といったハッシュタグとともにファンが安室さんへの思いを綴った。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

9月16日(日)

●大企業の社員とその家族が加入する健康保険組合の2017年度決算で、赤字となった組合の割合が前年度より増え、40%超に達する見通しであることが分かった。高齢者医療制度への拠出金負担が大幅に伸びているためとみられる。

●2018年のノーベル文学賞の発表見送りを受け、代わりに設けられた「ニューアカデミー文学賞」について、最終候補の一人に選ばれていた村上春樹氏がノミネートの辞退を申し出ていたことをスウェーデンの団体が発表した。

●個性派女優としてテレビドラマや映画、CMなどで活躍した樹木希林さんが死去。75歳だった。

●総務省は、65歳以上の高齢者の推計人口を公表し、前年同時期比44万人増の3557万人で、そうじんこうに占める割合は28.1%と過去最高を更新。また、女性の高齢者人口は初めて2000万人を超え、2012万人となった。

 

9月17日(月)

●東京国税局はオーストラリアの税務当局と連携して、日本で贈与税を滞納していたオーストラリア人男性の預金から約8億円を徴収していたことがわかった。国税局が外国の税務当局と連携したケースでの最高徴収額になる。

●北海道胆振地方を震源とする地震で、北海道は道内の産業と港湾の被害額が少なくとも694億円に上ると試算した。なお、道路や橋など算定できていない被害も多く、今後大幅に増える見通し。

 

9月18日(火)

●米宇宙ベンチャー「スペースX」は、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの代表取締役社長である前澤友作氏と、月の周囲を飛行する月旅行の契約を結んだと発表した。

●総合格闘家の山本KID徳郁さんが、がんのために死去したと主催するジムが発表した。41歳だった。ジムによると、山本KIDさんは海外で闘病生活を送っていたとのこと。

山本KIDさんといえば、4秒KOや魔裟斗さんとの名勝負が思い出されます。ご冥福をお祈りいたします。

●厚生労働省所管の労働政策研究・研修機構の調査で、政府が推進する会社員の副業や兼業について、「許可の予定がない」と答えた企業は全体の75.8%に及ぶことがわかった。主な理由として、「本業に支障をきたす」「過重労働の恐れがある」「労働時間などの管理ができなくなる」といったものがあがった。

一方、副業を許可している企業は11.2%、検討中は8.4%となった。

●2020年東京五輪・パラリンピックの大会ボランティアに、1人当たり1日1000円のプリペイドカードが支給されることが決定。しかし、この決定について、ネット上では呆れ声が相次ぐこととなった。

 

9月19日(水)

●国立感染症研究所は、2018年の風疹患者数が昨年1年間の5倍を超える496人になったと発表。風疹患者は、関東地方を中心に感染が拡大しており、増加傾向が続けば2年後の東京五輪・パラリンピックへの影響が懸念される。

●法務省は、在留外国人数(速報値)が6月末時点で前年末比2.9%増の263万7251人となり、過去最多を更新したと発表した。留学生や留学後に日本で就職する外国人が増えていることが背景にあると同省は分析している。

●総務省は、携帯電話の通信サービス料金に関する2017年度の国際比較(6都市)を発表した。調査はスマートフォンで国内シェア1位の企業について、一般的な5ギガ・バイトのデータ容量を使う料金プランを比較した。

東京が月額7562円と最も高く、1783円と最も安いパリと比べると4.2倍に達した。

・7562円/東京
・5990円/ニューヨーク(アメリカ)
・4445円/ソウル(韓国)
・3786円/デュッセルドルフ(ドイツ)
・2444円/ロンドン(イギリス)
・1783円/パリ(フランス)

こうした状況から情報通信審議会の政策部会は、携帯電話料金引き下げなどの課題を検証する5つの会議の新設を決めた。2019年6月ごろに中間報告をまとめる予定とのこと。

 

9月20日(木)

●警察庁は、仮想通貨が不正アクセスによって盗み出された被害は、2017年上半期に158件あり、前年同期の3倍超になったと発表した。1月に発覚した約580億円相当のNEM流出を含め、被害総額は約605億円に達した。

●仮想通貨交換所「Zaif(ザイフ)」で約67億円相当のビットコインなど複数の仮想通貨が不正に流出したと、運営会社のテックビューロが発表した。約580億円相当の仮想通貨が流出した「コインチェック事件」以来の大規模な不正流出となった。

▼関連記事
仮想通貨流出事件!!コインチェックやZaifの被害額は?

●金融庁の試算によると、全国100以上の地方銀行のおよそ半分が貸し出しなどの「本業」が2017年度までの2年、またはそれ以上連続で赤字になっていることがわかった。これにより、金融庁は地方銀行への関与を強めていく方針。

●自民党総裁選は6年ぶりの選挙戦となり、安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、3選を果たした。安倍首相は、3選の挨拶で憲法改正を含めた自身の政策を進める考えを示した。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

9月21日~30日の出来事

9月21日(金)

●世界柔道選手権・女子48kg級で、17歳のダリア・ビロディド選手が優勝し、史上最年少の世界女王となった。これまでの同階級の史上最年少は谷亮子さんの18歳27日だった。

●兵庫県警は、酒気帯び運転の疑いで姫路市林産振興室長の男を現行犯逮捕した。男が運転中の窓から何かを捨てたため、後ろを走っていたパトカーが停止を求め、飲酒が発覚した。男は酎ハイ1本を飲みながら運転していたという。

 

9月22日(土)

●大相撲秋場所は、横綱・白鵬が5場所ぶり自己記録を更新する41度目の優勝を決めた。さらに、前人未到の幕内1000勝にも到達した。

●宇宙航空研究機構(JAXA)は、探査機「はやぶさ2」から分離した小型探査ロボ2台が、小惑星「リュウグウ」に着陸したと発表。小惑星の上を移動できる探査機が着陸に成功したのは世界で初めてとなった。

 

9月23日(日)

●大相撲秋場所の三賞選考委員会が開かれ、1947年秋場所に三賞が制定されて以来初めて、殊勲賞、敢闘賞、技能賞いずれの賞も該当者がいなかった。

●2017年に修学旅行で京都市を訪れた中学生が過去最多を更新し、中学生の旅行先としての割合が初めて7割に達したことがわかった。

 

9月24日(月)

●ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチで、挑戦者の同級1位田中恒成選手が王者木村翔選手を2-0の判定で破り、ミニマム級、ライトフライ級を含む世界3階級制覇の快挙を達成した。プロ12戦目の3階級制覇は、WBAライト級王者ロマチェンコ選手に並ぶ世界最速タイとなった。

 

9月25日(火)

●寝具メーカー東京西川が、全国の男女を対象とした意識調査から日本人の約半数に不眠症の傾向があることがわかった。特に、働き盛りや子育て世代で満足な睡眠が得られない実態が明らかになった。

●大相撲の貴乃花親方が、日本相撲協会に退職届を出し、都内で会見を開いた。親方は会見のなかで「親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受けてきた」と圧力があったと主張した。

●新潮社は、月刊誌「新潮45」の休刊を発表。同誌は同性愛者についての寄稿文を掲載し、批判を浴びた。同社社長が寄稿文について「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」があったと認める声明を出していた。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

9月26日(水)

●2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアの募集が始まった。国内のスポーツイベントでは史上最大規模となる11万人の人員を確保できるか注目される。なお、応募フォームが精神的苦痛を強いられるほど、難解な設計になっていることも話題になった。

●広島カープが本拠地マツダスタジアムでヤクルトに勝利し、球団史上初のリーグ3連覇を達成した。本拠地での優勝決定は1991年以来、27年ぶりとなった。

 

9月27日(木)

●世界バドミントン連盟は、最新の世界ランキングを発表し、男子シングルスで桃田賢斗選手が日本男子初の世界ランキング1位になった。

●任天堂は、「株式会社マリカー」(現社名・MARI モビリティ開発)に対し、不正競争行為と著作権侵害で東京地裁に提訴していた件で、同地裁がマリカーに対し損害賠償金の支払いを命じる判決を下したと発表した。

●ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するUSJは、長期休暇などのシーズンに対応した変動価格制を2019年1月10日から導入すると発表した。海外では一般的だが、国内の大手テーマパークでは初めての導入となる。

 

9月28日(金)

●柔道世界選手権が最終日を迎え、日本は混合団体の決勝でフランスを下し2連覇を達成した。日本は個人戦、団体戦を合わせると金メダル8個、銀メダル5個、銅メダル1個の計16個を獲得。また、女子は出場選手全員がメダルを獲得した。

▼関連記事
世界柔道2018/メダル獲得数(国別)&日本代表選手の結果は?

●28日の東京株式市場では日経平均株価が上昇し、1991年11月以来、約26年10か月ぶりの高水準となり、バブル崩壊後の最高値圏で推移した。

●森永製菓は、公式サイトにてチョコレート菓子「チョコフレーク」の生産、販売を終了すると発表した。同商品を製造している子会社工場を2019年12月に閉鎖するため。

●プロ野球、中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手が前人未到の1000試合登板を達成。岩瀬投手の初登板は1999年で、2013年まで15年連続で50試合以上登板し、通算登板数と通算セーブ数で歴代史上最多の記録を持つ。なお、岩瀬投手は9月に今シーズン限りの現役引退を表明している。

 

9月29日(土)

●競馬の武豊騎手が、前人未到のJRA通算4000勝の記録を達成した。武騎手は1987年に初騎乗し、デビュー5戦目で初勝利。その後、勝利を積み重ね2007年に岡部幸雄元騎手を抜き、JRA歴代最多勝騎手となった。

●大阪府警は、富田林署から逃走していた樋田淳也容疑者を山口県周南市で身柄を確保したと発表した。逃走から49日が経過していた。

 

9月30日(日)

●プロ野球・西武ライオンズが防御率、失点ともにリーグワーストながら10年ぶり22度目のパ・リーグ優勝を決めた。

●沖縄県知事選が投開票され、全自由党衆院議員の玉城デニー氏が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏ら3候補を破り、初当選した。県民は翁長雄志知事が当選した前回の知事選に続き、辺野古移設に反対を突きつけた形となった。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

その他

●改正労働者派遣法の施行から3年となる9月末に、派遣社員を雇い止めする「派遣切り」が増える懸念が高まっており、相談件数が増えていることを弁護士らの団体が発表。

●「君の目的はボクを殺すこと3」というゲームアプリに搭載されたシステムで、先に結果を見てからお金を払うかどうか決められる「後払いガチャ」がTwitterで話題に。

君の目的はボクを殺すこと3

君の目的はボクを殺すこと3
開発元:FUNDOSHI PARADE K.K.
無料
posted withアプリーチ

●アニメ「サザエさん」で、磯野フネ役を務めてきた声優の麻生美代子さんが8月25日に亡くなっていたことが分かった。92歳だった。麻生さんは磯野フネ役のほか、『鋼の錬金術師』ピナコ・ロックベル役、『和風総本家』のナレーションなどを務めてきた。

●『24時間テレビ』(日テレ)のアンチテーゼとして始まったフジテレビの『FNS27時間テレビ』が9月8日から9日にかけて放送された。平均視聴率は7.3%で、歴代ワーストを記録した。瞬間最高視聴率は、15.4%の『サザエさん』だった。

●ジャニーズの滝沢秀明さんが2018年内に芸能界を引退し、プロデュース業など裏方に専念することを発表。滝沢さんの肩書や役職については、協議して決定。2019年からジャニー喜多川社長をサポートしつつノウハウを学ぶとのこと。

●ベルリンマラソンが9月16日に行われ、リオ五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ選手(ケニア)が、2時間1分39秒の世界新記録で2年連続3度目の優勝を果たした。なお、これまでの世界記録は2時間2分57秒だった。

●アメリカ人女性のデニス・ミューラー=コレネクさんが、レーシングカーの背後に隠れ、空気抵抗を少なくした状態で自転車の最高速にチャレンジ。挑戦の結果、新幹線の速度に匹敵する時速296kmの世界新記録を叩き出した。

●栃木県内のセブンイレブン店舗の男性店長が、女性客に対して卑猥な言動を繰り返す動画がTwitterに投稿され問題になった。

●米国男子ツアーのシーズン最終戦「ツアー選手権」で、タイガーウッズ選手が5年ぶりのツアー優勝を果たした。

●9月28日、酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告が芸能界を引退することを発表した。

 

▼他の月のまとめはこちら

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-2018年の出来事

Copyright© 夜更けの瓦版 , 2018 All Rights Reserved.