夜更けの瓦版

日々の出来事やスポーツなどの話題を取り扱っています。

ランキング 生活 調査

楽天市場ヒット番付2018/今年のトレンドは懐古消費とスポーツ特需!!

投稿日:

2018年11月26日、楽天株式会社は「楽天市場 ヒット番付2018」を発表。

楽天では毎年、「楽天市場」の購買データ分析をもとに、一年の消費動向や社会の状況を振り返り、その年を象徴するキーワードを「楽天市場 ヒット番付」として選出しています。

ここでは、「楽天市場 ヒット番付2018」の東西合計10個のキーワードと、2019年に流行が期待されるキーワード2個の解説や商品の一例などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

楽天市場ヒット番付について

楽天株式会社では毎年、「楽天市場」の購買データ分析を根拠に、一年の消費動向や社会情勢を振り返り、その年を象徴するキーワードを「楽天市場 ヒット番付」として発表しています。

「楽天市場 ヒット番付」は、相撲の番付形式で流行やトレンドを東西に分け、横綱から前頭までの合計10個のキーワードと翌年の流行が期待されるキーワード2個を発表する、知る人ぞ知る毎年恒例のイベントです。

 

 

 

楽天市場ヒット番付2018はこれ!

ここでは、「楽天市場ヒット番付2018」の番付結果をご紹介します。

2018年は、サッカー日本代表やMLBの大谷翔平選手をはじめ、日本人アスリートが火をつけた「スポーツ特需」と、1980年代・1990年代の懐かしいアイテムが注目された「懐古消費」が東西の両横綱に番付されました。

また、横綱以下の番付結果は以下のとおりです。「猛暑」や「キャッシュレス」といった2018年に話題になった消費動向も上位にランクインしています。

 

※画像はプレスリリースより

 

横綱

【東】懐古消費

今上天皇の生前退位が予定される2019年を控えて、「平成最後の○○」というキーワードをテレビ・ネットなどで見聞きする年となりました。

それに伴い平成の30年間を懐かしむ人たちの間で、「パラパラ」「90年代ファッション」「タピオカ」など、一世を風靡した流行が再燃しました。

また、多くのブランドから登場した復刻商品も人気を集めました。街で厚底ブーツをよく見かけたのはそういうことか…(笑)

 

<商品一例>
・タピオカ

 

 

・レトロ家電

 

 

・厚底ブーツ

 

 

・カセットプレーヤー / カセット

 

 

【西】スポーツ特需

2018年のスポーツと言えば、2月の平昌五輪で過去最多13個のメダルからはじまり、サッカーワールドカップのベスト16進出、アジア大会では205個のメダル獲得、そしてMLBの大谷翔平選手の活躍などがあり、大いに盛り上がりました。

その影響で、自宅でのテレビ観戦を充実される商品や、フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手効果で人気を集めた秋田犬グッズのほか、スケートの小平奈緒選手が体幹を鍛えるための一本歯下駄が好調な売れ行きだったそうです。

 

<商品一例>
・有機ELテレビ

 

 

・秋田犬ぬいぐるみ

 

 

・一本歯下駄

 

 

大関

【東】猛暑特需

2018年は猛暑に見舞われ、連日各地で記録的な暑さとなりました。その影響で暑さを凌ぎやすくするグッズに注目が集まり、晴雨兼用傘、空調服、ネッククーラーなどの売れ行きが好調だったそうです。

 

<商品一例>
・晴雨兼用傘

 

 

【西】キャッシュレス化需要

欧米各国や中国では急速にキャッシュレス化が進み、普及が遅れていると言われている日本でも社会インフラが整備されつつあります。

なので、クレジットカードやSuicaなどのICカードを収納するケースや、小銭だけを入れるための小さいサイズの財布が、大きな伸びを見せています。

 

<商品一例>
・クレジットカードケース

 

 

・小さい財布/ミニ財布

 

 

関脇

【東】刺激系グルメ

2018年は刺激の強いグルメを好む傾向となったそうです。特に、激辛でありながら、さらに上をいく花椒(ホワジャオ)や山椒を多用したシビ活が流行しました。「麻(マー)活」とも言われています。

また、今年の夏猛暑の影響で、清涼感のあるチョコミントを好んで食べる人が激増。さらに、「#チョコミン党」がSNSで流行し、チョコミントが注目を集めることに拍車を掛けました。

 

<商品一例>
・麻婆豆腐

 

 

・チョコミント

 

 

 

【西】クリア系グッズ

今年も昨年に続き、各飲料メーカーはクリア系飲料を続々市場に投入し話題になりました。透明なのに、カフェオレだったり、ミルクティーだったり、コーヒーだったり…。

一説には、仕事中はペットボトル入りの色付きドリンクが、飲みにくいという需要に応えて開発されたなんて話もあるようですが…(真偽は不明)。ただ、実際にオフィスでは歓迎され、売り上げを伸ばしました。

そのほか、暑い時期を中心にクリアバッグが流行。ファッションに合わせやすいことだけでなく、自分の持っているアイテムを周囲に自慢できる点も、女性を中心に支持されました。

 

<商品一例>
・アサヒ飲料 クリアラテ

 

 

・クリアバッグ

 

 

小結

【東】女の時産

忙しい女性たちが少しでも時間の余裕を持つ手段として、「時短」を進化させた「時産(じさん)」。

料理時間を短縮するため、最新の調理器具を駆使したり、便利食品などを利用したりして、ゆっくりする時間を産み出しています。

 

<商品一例>
・自動調理器

 

 

・鯖缶

選べるサヴァ缶6缶セット

 

楽天で購入

 

 

 

【西】男の家時短

男性の家事参加が年々増加し、今では当たり前となりました。とはいっても、家事が苦手な男性も多く、そんな男性たちをフォローするための「家時短アイテム」が続々と登場しました。

 

<商品一例>
・洗濯ボール

 

 

・グリルパン

 

 

前頭

【東】eスポーツ需要

エレクトロニック・スポーツこと「eスポーツ」。スポーツや格闘、戦略シミュレーションなど多彩なジャンルのゲームで、賞金総額億越えの大会が開催され注目を集めています。

2018年アジア大会では公式公開競技として行われたほか、2024年パリ五輪で正式種目の候補にもなっています。

eスポーツの影響で、ゲーミングキーボード、ゲーミングマウスの需要が高まっています。

 

<商品一例>
・ゲーミングチェア

 

 

・ゲーミングマウス

 

 

【西】ライフシフト消費

生活のための仕事ではなく、仕事のための生活に追われる現代人ですが、どちらも同じように大切にしようという考え方が、昨今主流となりつつあります。

時代の変化や流れに合わせて、働き方や生き方のベクトルを変える「ライフシフト」の考えが広がっています。

アクアリムや人工観葉植物など、自宅で過ごす時間を有意義にするアイテムが流行りました。

 

<商品一例>
・アクアリウム

 

 

・人工観葉植物

 

 

2019年期待株

【東】増税前駆け込み需要

家計を直撃する消費増税。税率があがるたびに、駆け込み消費行動がみられてきました。

2019年10月は、消費税が10%に引き上げられることもあり、生活必需品や家電などの高額商品の駆け込み需要が見込まれます。

 

<商品一例>
・非常食

 

 

・パソコン

 

 

【西】元年消費

2019年は、今上天皇退位にともなう「改元」の年。「新元号元年」となる2019年は日本全体を包むお祝いムードが盛り上がると期待されています。

平成に改元された年もそうでしたが、結婚や出産など幸せなライフイベントなどの記念日に関する商品についての検索需要が伸びているそうです。

 

<商品一例>
・おむつケーキ

 

 

・結婚式 お呼ばれドレス

 

 

●まとめ

いかがでしたでしょうか?

楽天市場では、ヒット番付以外にも2018年の年間ランキングも発表しています。

参考に覗いてみてはどうでしょうか?

▼参考サイト
『ヒット番付&年間ランキング』
※リンク先は楽天市場

各ジャンルの1位がまとまっていますので、意外に欲しいものが見つかるかもしれませんよ^^

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-ランキング, 生活, 調査

Copyright© 夜更けの瓦版 , 2018 All Rights Reserved.