夜更けの瓦版

“ちょっとでもお役に立ちたい”をコンセプトに活動してます

スポーツ ランキング

好きなスポーツ選手ランキング2017 子どもたちの人気アスリートは?

更新日:

2017年11月21日、スポーツの楽しさを伝え、健康に満ちた社会づくりを目指す公益財団法人笹川スポーツ財団が、若年層の「好きなスポーツ選手」の調査結果を発表しました。

世界で活躍し、テレビなどスポーツニュースでよく耳にする選手たちが、上位にランクイン。子どもから青少年がどんな選手に憧れを持っているのかうかがい知ることができます。

ここでは、笹川スポーツ財団が発表した子ども・青少年の「好きなスポーツ選手」の調査結果などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆好きなスポーツ選手 調査概要

公益財団法人笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」をスローガンに、全ての人にスポーツの楽しさを伝え、明るく健康に満ちた社会づくりを目指しています。

今回発表された「好きなスポーツ選手」の調査は、子ども・青少年のスポーツライフに関する調査の一環で行われました。

▼調査概要
【調査対象】
全国の市区町村に在住する4~11歳(2,400人)/
12~21歳の男女(3,000人)

【調査方法】
訪問留置法による質問紙調査

【地点数】
市部204、郡部21(計225地点)

【調査時期】
2017年6~7月

【回収数】
4~11 歳 1,573(65.5%)
12~21歳 1,636(54.5%)

なお、調査結果は2018年2月に発行を予定している「子ども・青少年のスポーツライフ・データ2017」(仮題)に掲載予定となっています。

 

◆年齢別・好きなスポーツ選手の結果は?

ここでは、「4~11歳(未就学児~小学生年代)」「12歳~21歳(中学生~大学生年代)」の年齢別調査結果をご紹介します。

4~11歳

1位/錦織圭(テニス)
2位/浅田真央(フィギュアスケート)
2位/福原愛(卓球)
4位/大谷翔平(野球)
5位/本田圭佑(サッカー)
6位/ウサイン・ボルト(陸上競技)
6位/クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
8位/内村航平(体操競技)
8位/リオネル・メッシ(サッカー)
10位/イチロー(野球)

12~21歳

1位/錦織圭(テニス)
2位/羽生結弦(フィギュアスケート)
3位/大谷翔平(野球)
4位/浅田真央(フィギュアスケート)
5位/イチロー(野球)
6位/クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
7位/石川祐希(バレーボール)
7位/リオネル・メッシ(サッカー)
9位/水谷隼(卓球)
10位/木村沙織(バレーボール)

錦織圭選手は2015年の調査に続き、今年もいずれの年齢層で1位になりました。また、2017年4月に現役を引退した浅田真央選手の人気の高さもうかがい知ることができます。

 

スポンサーリンク

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

◆男女別・好きなスポーツ選手の結果は?

ここでは、「4歳~11歳」「12歳~21歳」のそれぞれの男女別「好きなスポーツ選手」をご紹介します。

男女別「4歳~11歳」の結果

男子

1位/錦織圭(テニス)
2位/本田圭佑(サッカー)
3位/大谷翔平(野球)
4位/クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
5位/リオネル・メッシ(サッカー)
6位/ウサイン・ボルト(陸上競技)
7位/イチロー(野球)
7位/坂本勇人(野球)
9位/ネイマール(サッカー)
10位/内村航平(体操競技)

女子

1位/福原愛(卓球)
2位/浅田真央(フィギュアスケート)
3位/錦織圭(テニス)
4位/大谷翔平(野球)
5位/内村航平(体操競技)
5位/木村沙織(バレーボール)
7位/池江璃花子(水泳)
7位/吉田沙保里(レスリング)
9位/羽生結弦(フィギュアスケート)
9位/本田圭佑(サッカー)

 

男女別「12歳~21歳」の結果

男子

1位/錦織圭(テニス)
2位/イチロー(野球)
3位/リオネル・メッシ(サッカー)
4位/クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
5位/水谷隼(卓球)
6位/ネイマール(サッカー)
7位/大谷翔平(野球)
7位/本田圭佑(サッカー)
9位/長友佑都(サッカー)
10位/柳田悠岐(野球)

女子

1位/羽生結弦(フィギュアスケート)
2位/錦織圭(テニス)
3位/浅田真央(フィギュアスケート)
4位/大谷翔平(野球)
5位/木村沙織(バレーボール)
6位/石川祐希(バレーボール)
7位/坂本勇人(野球)
7位/福原愛(卓球)
9位/内村航平(体操競技)
10位/石川佳純(卓球)
10位/柳田将洋(バレーボール)

男子は野球とサッカーが半数以上を占め、人気の高さが分かります。また、女子は性別や競技に関わらず日本を代表する選手がランクイン。

ちなみに、女子の中学生以上のランキングに、バレーボールの石川選手や柳田選手が入っているのを見ると、この年代からはイケメン具合も結構ポイントになっていることがうかがい知れます。

 

スポンサーリンク

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

◆好きなスポーツ選手 経年変化は?

ここでは、笹川スポーツ財団が「好きなスポーツ選手」を調査した2013年、2015年、2017年の経年変化をご紹介します。

年次推移(4歳~11歳)

2013年

1位/浅田真央(フィギュアスケート)
1位/本田圭佑(サッカー)
3位/香川真司(サッカー)
4位/北島康介(水泳)
5位/リオネル・メッシ(サッカー)
6位/イチロー(野球)
7位/内村航平(体操競技)
8位/ウサイン・ボルト(陸上競技)
8位/長友佑都(サッカー)
8位/澤穂希(サッカー)

2015年

1位/錦織圭(テニス)
2位/本田圭佑(サッカー)
3位/浅田真央(フィギュアスケート)
4位/羽生結弦(フィギュアスケート)
5位/リオネル・メッシ(サッカー)
6位/ネイマール(サッカー)
7位/坂本勇人(野球)
8位/澤穂希(サッカー)
9位/前田健太(野球)
10位/イチロー(野球)
10位/香川真司(サッカー)
10位/大谷翔平(野球)

2017年

1位/錦織圭(テニス)
2位/浅田真央(フィギュアスケート)
2位/福原愛(卓球)
4位/大谷翔平(野球)
5位/本田圭佑(サッカー)
6位/ウサイン・ボルト(陸上競技)
6位/クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
8位/内村航平(体操競技)
8位/リオネル・メッシ(サッカー)
10位/イチロー(野球)

 

年次推移(12歳~21歳)

2013年

1位/本田圭佑(サッカー)
2位/イチロー(野球)
3位/浅田真央(フィギュアスケート)
4位/坂本勇人(野球)
5位/香川真司(サッカー)
6位/錦織圭(テニス)
7位/木村沙織(バレーボール)
8位/北島康介(水泳)
9位/内田篤人(サッカー)
10位/長友佑都(サッカー)

2015年

1位/錦織圭(テニス)
2位/羽生結弦(フィギュアスケート)
3位/浅田真央(フィギュアスケート)
3位/イチロー(野球)
5位/本田圭佑(サッカー)
6位/坂本勇人(野球)
6位/ネイマール(サッカー)
8位/リオネル・メッシ(サッカー)
9位/内田篤人(サッカー)
9位/木村沙織(バレーボール)

2017年

1位/錦織圭(テニス)
2位/羽生結弦(フィギュアスケート)
3位/大谷翔平(野球)
4位/浅田真央(フィギュアスケート)
5位/イチロー(野球)
6位/クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
7位/石川祐希(バレーボール)
7位/リオネル・メッシ(サッカー)
9位/水谷隼(卓球)
10位/木村沙織(バレーボール)

今回の調査で、錦織圭選手の人気の高さをうかがい知ることができます。2014年の世界ランキングで日本男子史上初のトップ10入りを果たし、2015年には自己最高位4位となりました。

2017年はケガと不調により、来シーズンが心配されますが、復活に期待したいですね。

一方、五輪連覇の期待がかかる羽生結弦選手は、2013年の調査では10位圏外でしたが、2014年のソチ五輪で金メダルを獲ったことや、GPファイナル4連覇などの活躍で一気に上位にランクインし、高い人気を維持しています。

また、前回調査では10位圏外だったプロ野球の大谷翔平選手が、錦織選手、羽生選手につづき3位にランクイン。2017年シーズンの始まりから、メジャーリーグ挑戦が注目されていました。来シーズンの活躍によっては、さらに順位を上げそうです。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, ランキング

Copyright© 夜更けの瓦版 , 2018 All Rights Reserved.