春高バレー2021【女子結果速報】大会日程や出場校一覧

春の高校バレーこと第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会(以下、春高バレー)が、2021年1月5日(日)から東京体育館で開幕。5日間の予定で高校バレー日本一が争われます。

前回女子の決勝は東九州龍谷(大分)が古川学園(宮城)を3-0のストレートで下し、8大会ぶり7度目の優勝を決めました。東九州龍谷は3連覇を狙う金蘭会(大阪)を準決勝で破るなど勢いがありました。

2021年大会はどのチームが日本一に輝くのか楽しみですね。

ここでは、女子春高バレー2021の出場校一覧や大会日程や結果速報のほか、2019年大会、2020年大会の結果などもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

春高バレー2021/女子結果

第73回(2021年)大会概要

▼試合日程
1月5日(火)/1回戦(20試合)
1月6日(水)/2回戦(16試合)
1月7日(木)/3回戦・準々決勝戦(12試合)
1月9日(土)/準決勝戦(2試合)
1月10日(日)/決勝戦

▼競技方法
大会はトーナメント戦で、決勝戦・準決勝は5セットマッチ、その他は全て3セットマッチ。なお、本大会では3位決定戦は行われません。

▼組み合わせ抽選会
2020年11月29日(日)

▼選手宣誓
【男子】県立伊勢崎(群馬)
【女子】富士見(静岡)

 

出場校一覧

出場校一覧はこちらを開いてください

北海道① 札幌山の手 (3年連続13回目)
北海道② 帯広南商  (10年ぶり5回目)
青森   青森西   (4年連続17回目)
岩手   高田    (7年ぶり22回目)
秋田   秋田北   (3年連続5回目)
山形   米沢中央  (2年ぶり10回目)
宮城   古川学園  (16年連続41回目)
福島   郡山女大附 (5年連続22回目)
茨城   日立第二  (32年ぶり2回目)
栃木   國學院栃木 (34年連続35回目)
群馬   西邑楽   (3年連続7回目)
埼玉   春日部共栄 (6年ぶり15回目)
東京①  文京学院大女(4年連続12回目)
東京②  共栄学園  (2年連続25回目)
東京③  八王子実践 (6年連続43回目)
千葉   敬愛学園  (2年連続10回目)
神奈川① 川崎橘   (3年連続26回目)
神奈川② 伊勢原   (3年ぶり18回目)
山梨   帝京第三  (14年ぶり2回目)
長野   都市大塩尻 (3年連続8回目)
新潟   長岡商   (3年連続9回目)
富山   富山第一  (8年連続13回目)
石川   金沢商   (19年連続46回目)
福井   北陸    (7年ぶり8回目)
静岡   富士見   (8年連続13回目)
愛知   誠信    (2年ぶり2回目)
岐阜   県岐阜商  (4年ぶり7回目)
三重   津商    (4年ぶり17回目)
滋賀   近江    (3年ぶり13回目)
和歌山  和歌山信愛 (7年連続36回目)
奈良   奈良文化  (3年連続3回目)
京都   北嵯峨   (23年ぶり3回目)
大阪①  金蘭会   (10年連続10回目)
大阪②  大阪国際滝井(2年連続22回目)
兵庫   氷上    (2年連続36回目)
岡山   就実    (7年連続44回目)
広島   広島桜が丘 (2年連続3回目)
鳥取   岩美    (2年ぶり3回目)
島根   安来    (2年連続37回目)
山口   誠英    (31年連続41回目)
香川   坂出商   (初出場)
徳島   城南    (2年連続12回目)
愛媛   松山東雲  (5年連続7回目)
高知   高知    (2年連続2回目)
福岡   誠修    (2年連続18回目)
佐賀   佐賀清和  (2年ぶり13回目)
長崎   聖和女学院 (3年ぶり5回目)
熊本   鎮西    (2年ぶり4回目)
大分   東九州龍谷 (21年連続36回目)
宮崎   都城商   (3年ぶり8回目)
鹿児島  鹿児島女  (2年連続36回目)
沖縄   西原    (2年ぶり9回目)

 

組み合わせトーナメント表

※2021年1月10日、全日程終了

 

スポンサーリンク

 

試合結果

女子決勝結果

大阪国際滝井
(大阪)
1-3 就実
(岡山)
20-25/20-25/25-22/12-25

女子の決勝は1回戦から強豪校を打ち破ってきた就実(岡山)と、大阪国際滝井(大阪)との対戦となりました。

試合は就実、双子の姉妹・深澤選手らの活躍で2セットを連取。3セット目は奪われるものの、4セット目は序盤からリードし、大阪国際滝井を突き放して12-25で試合を決めました。なお、深澤姉妹は2人合わせて48得点をたたき出す活躍ぶりでした。

就実は25大会ぶり3回目の優勝を果たしました。

一方、準決勝で前回覇者の東九州龍谷(大分)にストレート勝ちした大阪国際滝井は、29大会ぶりの栄冠にはあと一歩届きませんでした。

 

女子準決勝結果

東九州龍谷
(大分)
0-3 大阪国際滝井
(大阪)
14-25/20-25/24-26
就実
(岡山)
3-1 古川学園
(宮城)
27-25/25-23/21-25/25-19

 

女子準々決勝結果

東九州龍谷
(大分)
2-0 都市大塩尻
(長野)
25-22/25-12
金蘭会
(大阪)
0-2 就実
(岡山)
23-25/23-25
大阪国際滝井
(大阪)
2-1 誠信
(愛知)
19-25/25-21/25-13
鎮西
(熊本)
0-2 古川学園
(宮城)
20-25/20-25

 

スポンサーリンク

 

女子3回戦結果

聖和女学院
(長崎)
0-2 就実
(岡山)
23-25/17-25
金蘭会
(大阪)
2-0 鹿児島女
(鹿児島)
25-12/25-21
東九州龍谷
(大分)
2-0 敬愛学園
(千葉)
25-15/25-14
都市大塩尻
(長野)
2-0 佐賀清和
(佐賀)
25-16/25-13
春日部共栄
(埼玉)
0-2 鎮西
(熊本)
22-25/17-25
奈良文化
(奈良)
0-2 古川学園
(宮城)
15-25/19-25
米沢中央
(山形)
0-2 大阪国際滝井
(大阪)
23-25/19-25
誠信
(愛知)
2-1 共栄学園
(東京)
23-25/26-24/25-20

 

女子2回戦結果

県岐阜商
(岐阜)
0-2 鹿児島女
(鹿児島)
23-25/21-25
金蘭会
(大阪)
2-0 松山東雲
(愛媛)
25-15/25-15
西邑楽
(群馬)
0-2 聖和女学院
(長崎)
15-25/18-25
就実
(岡山)
2-0 文京学院大女
(東京)
25-17/25-19
帯広南商
(北海道)
0-2 春日部共栄
(埼玉)
24-26/16-25
広島桜が丘
(広島)
0-2 敬愛学園
(千葉)
21-25/21-25
城南
(徳島)
0-2 奈良文化
(奈良)
22-25/22-25
和歌山信愛
(和歌山)
1-2 佐賀清和
(佐賀)
25-16/23-25/28-30
大阪国際滝井
(大阪)
2-0 伊勢原
(神奈川)
26-24/25-19
日立第二
(茨城)
1-2 古川学園
(宮城)
17-25/25-22/15-25
東九州龍谷
(大分)
2-0 富山第一
(富山)
25-15/25-19
米沢中央
(山形)
2-0 都城商
(宮崎)
25-19/25-16
郡山女大附
(福島)
0-2 都市大塩尻
(長野)
21-25/17-25
北嵯峨
(京都)
0-2 共栄学園
(東京)
17-25/21-25
鎮西
(熊本)
2-0 氷上
(兵庫)
28-26/25-19
札幌山の手
(北海道)
1-2 誠信
(愛知)
25-21/21-25/18-25

 

スポンサーリンク

 

女子1回戦結果

松山東雲
(愛媛)
2-1 北陸
(福井)
25-23/20-25/25-23
県岐阜商
(岐阜)
2-0 高田
(岩手)
25-22/25-22
春日部共栄
(埼玉)
2-0 金沢商
(石川)
25-15/27-25
坂出商
(香川)
0-2 敬愛学園
(千葉)
17-25/15-25
帝京第三
(山梨)
0-2 鎮西
(熊本)
19-25/20-25
城南
(徳島)
2-0 富士見
(静岡)
25-20/25-15
近江
(滋賀)
0-2 聖和女学院
(長崎)
18-25/16-25
津商
(三重)
1-2 広島桜が丘
(広島)
23-25/25-22/17-25
奈良文化
(奈良)
2-0 安来
(島根)
25-23/25-21
誠英
(山口)
0-2 大阪国際滝井
(大阪)
21-25/14-25
鹿児島女
(鹿児島)
2-0 川崎橘
(神奈川)
25-19/25-23
都市大塩尻
(長野)
2-1 八王子実践
(東京)
17-25/25-23/25-21
誠信
(愛知)
2-0 長岡商
(新潟)
25-13/25-20
就実
(岡山)
2-0 青森西
(青森)
25-14/25-11
誠修
(福岡)
1-2 日立第二
(茨城)
25-23/16-25/26-28
國學院栃木
(栃木)
1-2 和歌山信愛
(和歌山)
15-25/25-21/19-25
秋田北
(秋田)
0-2 富山第一
(富山)
16-25/17-25
都城商
(宮崎)
2-0 高知
(高知)
25-16/25-20
札幌山の手
(北海道)
2-0 西原
(沖縄)
25-22/25-9
岩美
(鳥取)
0-2 北嵯峨
(京都)
16-25/25-27

 

スポンサーリンク

 

【参考】春高バレー2020/女子結果

ここでは、2020年春の高校バレー(第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会)の結果をご紹介します。

出場校一覧

出場校一覧はこちらを開いてください

北海道① 札幌山の手 (2年連続12回目)
北海道② 旭川実   (3年ぶり29回目)
青森   青森西   (3年連続16回目)
岩手   盛岡誠桜  (6年連続25回目)
秋田   秋田北   (2年連続4回目)
山形   山形市商  (4年ぶり10回目)
宮城   古川学園  (15年連続40回目)
福島   郡山女大附 (4年連続21回目)
茨城   土浦日大  (2年ぶり18回目)
栃木   國學院栃木 (33年連続34回目)
群馬   西邑楽   (2年連続6回目)
埼玉   細田学園  (5年連続20回目)
東京①  文京学院大女(3年連続11回目)
東京②  八王子実践 (5年連続42回目)
東京③  共栄学園  (3年ぶり24回目)
千葉   敬愛学園  (3年ぶり9回目)
神奈川① 川崎橘   (2年連続25回目)
神奈川② 横浜隼人  (初出場)
山梨   増穂商   (2年ぶり31回目)
長野   都市大塩尻 (2年連続7回目)
新潟   長岡商   (2年連続8回目)
富山   富山第一  (7年連続12回目)
石川   金沢商   (18年連続45回目)
福井   福井工大福井(6年連続6回目)
静岡   富士見   (7年連続12回目)
愛知   岡崎学園  (3年ぶり44回目)
岐阜   岐阜済美  (2年連続3回目)
三重   三重    (3年連続4回目)
滋賀   近江兄弟社 (2年連続12回目)
和歌山  和歌山信愛 (6年連続35回目)
奈良   奈良文化  (2年連続2回目)
京都   京都橘   (21年連続23回目)
大阪①  金蘭会   (9年連続9回目)
大阪②  大阪国際滝井(3年ぶり21回目)
兵庫   氷上    (2年ぶり35回目)
岡山   就実    (6年連続43回目)
広島   広島桜が丘 (11年ぶり2回目)
鳥取   米子西   (4年ぶり17回目)
島根   安来    (2年ぶり36回目)
山口   誠英    (30年連続40回目)
香川   高松商   (4年ぶり10回目)
徳島   城南    (2年ぶり11回目)
愛媛   松山東雲  (4年連続6回目)
高知   高知    (初出場)
福岡   誠修    (2年ぶり17回目)
佐賀   鳥栖商   (20年ぶり4回目)
長崎   九州文化学園(2年連続32回目)
熊本   熊本信愛女 (3年ぶり32回目)
大分   東九州龍谷 (20年連続35回目)
宮崎   延岡学園  (2年連続18回目)
鹿児島  鹿児島女  (3年ぶり35回目)
沖縄   首里    (6年ぶり2回目)

 

組み合わせトーナメント表

▼関連記事
春高バレー2020【男子】全試合結果

 

女子準決勝結果

東九州龍谷
(大分)
3-2 金蘭会
(大阪)
25-17/23-25/17-25/25-21/15-8
古川学園
(宮城)
3-2 共栄学園
(東京)
20-25/25-14/25-17/21-25/15-12

 

女子決勝結果

古川学園
(宮城)
0-3 東九州龍谷
(大分)
16-25/15-25/22-25

女子決勝は東九州龍谷(大分)が、3-0のストレート勝ちで古川学園(宮城)を下し、8大会ぶり7度目の優勝を決めました。

東九州龍谷は、過去2大会の決勝で金蘭会に敗れていましたが、準決勝でフルセットの末に勝利するなど勢いがありました。

 

スポンサーリンク

 

【参考】春高バレー2019/女子結果

ここでは、2019年春の高校バレー(第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会)の結果をご紹介します。

出場校一覧

出場校一覧はこちらを開いてください

北海道① 札幌山の手 (3年ぶり11回目)
北海道② 札幌大谷  (3年連続15回目)
青森   青森西   (2年連続15回目)
岩手   盛岡誠桜  (5年連続24回目)
秋田   秋田北   (4年ぶり3回目)
山形   米沢中央  (3年連続9回目)
宮城   古川学園  (14年連続39回目)
福島   郡山女大付 (3年連続20度目)
茨城   大成女   (11年ぶり24回目)
栃木   國學院栃木 (32年連続33回目)
群馬   西邑楽   (4年ぶり5回目)
埼玉   細田学園  (4年連続19回目)
東京①  下北沢成徳 (11年連続19回目)
東京②  八王子実践 (4年連続41回目)
東京③  文京学院大女(2年連続10回目)
千葉   市立船橋  (7年ぶり22回目)
神奈川① 川崎橘   (2年ぶり24回目)
神奈川② 三浦学苑  (初出場)
山梨   日本航空  (4年ぶり6回目)
長野   都市大塩尻 (3年ぶり6回目)
新潟   長岡商   (2年ぶり7回目)
富山   富山第一  (6年連続11回目)
石川   金沢商   (17年連続44回目)
福井   福井工大福井(5年連続5回目)
静岡   富士見   (6年連続11回目)
愛知   誠信    (初出場)
岐阜   岐阜済美  (3年ぶり2回目)
三重   三重    (2年連続3回目)
滋賀   近江兄弟社 (5年ぶり11回目)
和歌山  和歌山信愛 (5年連続34回目)
奈良   奈良文化  (初出場)
京都   京都橘   (20年連続22回目)
大阪①  金蘭会   (8年連続8回目)
大阪②  四天王寺  (2年連続44回目)
兵庫   日ノ本   (3年ぶり2回目)
岡山   就実    (5年連続42回目)
広島   市立沼田  (6年ぶり14回目)
鳥取   岩美    (2年連続2回目)
島根   大社    (3年ぶり2回目)
山口   誠英    (29年連続39回目)
香川   高松南   (3年連続4回目)
徳島   富岡東   (7年ぶり15回目)
愛媛   松山東雲  (3年連続5回目)
高知   高知中央  (2年ぶり9回目)
福岡   福工大城東 (初出場)
佐賀   佐賀清和  (4年連続12回目)
長崎   九州文化学園(2年ぶり31回目)
熊本   鎮西    (2年連続3回目)
大分   東九州龍谷 (19年連続34回目)
宮崎   延岡学園  (3年ぶり17回目)
鹿児島  鹿児島南  (2年連続5回目)
沖縄   西原    (4年連続8回目)

 

大会結果(トーナメント表)

金蘭会が東九州龍谷に3-2(25-14/22-25/25-17/24-26/15-9)で競り勝ち、2年連続3度目の優勝を飾りました。惜敗した東九州龍谷は、7大会ぶりの栄冠とはなりませんでした。

 

春高バレー 過去5大会の表彰台

第72回大会(2020年)

優 勝/東九州龍谷(大分県)
準優勝/古川学園(宮城県)
3 位/金蘭会(大阪府)
・・・・共栄学園(東京都)

第71回大会(2019年)

優 勝/金蘭会(大阪府)
準優勝/東九州龍谷(大分県)
3 位/下北沢成徳(東京都)
・・・・八王子実践(山口県)

第70回大会(2018年)

優 勝/金蘭会(大阪府)
準優勝/東九州龍谷(大分県)
3 位/下北沢成徳(東京都)
・・・・誠英(山口県)

第69回大会(2017年)

優 勝/下北沢成徳(東京都)
準優勝/就実(岡山県)
3 位/鹿児島女子(鹿児島県)
・・・・金蘭会(大阪府)

第68回大会(2016年)

優 勝/下北沢成徳(東京都)
準優勝/八王子実践(東京都)
3 位/文京学院大学女子(東京都)
・・・・金蘭会(大阪府)

 

スポンサーリンク