亀田興毅vs那須川天心の結果は?6.22対決!!【AbemaTV】

2019年5月18日、キックボクシングの那須川天心選手がAbemaTVの名物企画「勝ったら1000万円」シリーズに挑戦。約3500人の応募者から選ばれた挑戦者2人と対戦し、挑戦者を退けました。

番組の最後にAbemaTVから驚きの対戦カードが発表されました。超重大発表としてVTRが流され、本企画の続編として2019年6月22日(土)、ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏が那須川選手に挑戦することが明らかになりました。

亀田氏は第1弾の「勝ったら1000万円」シリーズに参戦し、挑戦者4人に勝利。当時、AbemaTVの視聴数を更新し、アクセスが集中しすぎて視聴できない状態になるほど話題を集めました。

その亀田氏が、那須川選手と対戦。どんな戦いになり、どういう反響を呼ぶのか今から楽しみです。結果は果たして…。

ここでは、『那須川天心vs亀田興毅』の結果や、両選手のプロフィール、「勝ったら1000万円」シリーズの結果などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

那須川天心 vs 亀田興毅の結果

【ルール】
・亀田選手が那須川選手にKO勝利した場合のみ、賞金1000万円獲得

・3分3R

・12オンスのグローブとヘッドギアを着用

那須川天心 △-△ 亀田興毅
※AbemaTVの特別ルールにより、那須川選手の勝利。

試合前、AbemaTVが実施した予想投票では、那須川天心選手が46%、亀田興毅選手が54%と亀田選手がやや有利との予想結果が出ました。

試合は那須川選手が1Rから右のジャブで試合を組み立てると、テンプルへのパンチを当てダメージを与えます。

続く2Rも那須川選手がパンチを当て続け、連打で亀田選手を追い込み試合を優勢に進めました。

3Rは両選手の合意の上、ヘッドギアを外して対戦。打ち合いに出た亀田選手が右フックを当てるも、逆に那須川選手の強烈なパンチで亀田選手がぐらつく場面も。

試合は両者倒れることなく終了のゴングが鳴りました。

ブランクがあるとはいえ、体重を増やしパンチ力が増した元世界王者相手に何もさせなかった那須川選手恐るべしです。

また、バリバリの現役王者のパンチを受け続けながらも倒されなかった亀田選手もさすがでした。

亀田選手は今回で終わりと言わず、再び何かのボクシング企画に絡んでほしいところです。

 

亀田興毅氏の参戦理由

那須川天心選手の「1000万企画」が無事終了しようとしたところ、サプライズで亀田興毅氏の電撃参戦が発表されました。

対戦発表VTR内で亀田氏は「これから未来ある若人にボクシングというものを教えてやろうかな」と参戦した理由を明かし、さらに「どんな戦い方をしてきても無理無理。一生懸命練習して、全力でぶつかって来たらいい」と続けました。

それに対し、那須川選手は亀田氏の印象について「日本の格闘技を盛り上げた人。自分の実力がどこまで通用するかぶつけてみたい」と話し、「KOしたい」とノックアウトでの勝利を宣言しました。

亀田氏は「吠えとけばいい。当てれるもんなら、当てたらええ。やってきた所が違う」と応じました。

 

スポンサーリンク

 

那須川天心選手/略歴

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 那須川天心 (@tenshin.nasukawa) on

那須川天心略歴

生年月日/1998年8月18日(20歳)
出身地/千葉県
身長/165cm 体重/55kg

▼戦績 ※2019年4月現在
キックボクシング:30戦30勝(23KO)無敗
総合格闘技   :4戦4勝(3KO)
ミックスルール :1戦1勝(1KO)

 

那須川選手は幼少期から空手を始め、小学校6年の時にキックボクシングに転向。M-1ジュニア3階級をはじめ、ジュニアでのタイトルを総なめし、ジュニアキック最強男子と呼ばれる。アマチュアで105戦99勝(37KO)5敗1分の成績をおさめ、中学校を卒業するとプロへ転向。

16歳でのプロデビュー戦では、RISEバンタム級7位と異例の強敵と対戦。しかし、1R58秒という圧巻のKO劇でデビュー戦を飾り、いきなりランキング入りを果たした。

初勝利からも勝ちを重ね、わずか6戦目でRISEバンタム級挑戦者になると、王者・村越優汰選手から計4度のダウンを奪いタイトルを獲得。RISE史上最年少王者となった。

王者となった3か月後には各団体のチャンピオンが集まったBLADEに出場。3試合3連続KO勝利で完全優勝に輝いた。

その後も強豪外国人選手と幾度も対戦し、連戦連勝。17歳で権威あるISKA世界王者を獲得した。

 

2018年大晦日のRIZINでは、プロボクシング50戦無敗の元5階級王者フロイド・メイウェザー氏とエキシビジョンマッチで対戦した。

メイウェザー氏と5kg以上の体格差、キック禁止ルールなど不利な試合形式で完敗するも、試合後の敗戦の弁で素直に猛省した那須川選手の姿勢に海外メディアから「品格ある選手」と評価された。

2019年4月、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ氏の推薦選手に勝利するなど、那須川選手の一戦一戦に世界が注目している。

 

スポンサーリンク

 

亀田興毅氏/略歴

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 亀田興毅 (@kokikameda) on


生年月日/1986年11月17日(32歳)
出身地/大阪府
身長/166cm

▼戦績
アマチュア:16戦15勝(11KO)1敗
プロ   :35戦33勝(18KO)2敗

【3階級制覇】
WBA世界ライトフライ級
WBC世界フライ級
WBA世界バンタム級

亀田興毅氏は4歳で空手を始め、空手世界ジュニア大会で優勝するなど活躍。11歳から父・亀田史郎氏の指導でボクシングを教わるようになり、中学時代は空手とボクシングの練習を平行して行っていました。

ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動。アマチュアでは15勝(11KO)1敗の成績を残し、17歳でプロボクサーとなりました。

2003年12月、プロデビュー戦の記者会見では、雑誌を素手で裂いたり、対戦相手に激しくメンチを切ったりと、亀田氏の強烈なキャラクターを世に知らしめました。

デビュー戦のファイトマネーは6回戦ながら破格の1000万円だったとか。試合は1回44秒KO勝利。

2005年4月に協栄ジムに移籍すると、同年8月東洋太平洋フライ級王座を獲得。翌2006年8月、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチでファン・ランダエタと対戦し、12回2-1の判定勝利で王座獲得。

しかし、この判定結果は賛否両論を呼ぶこととなり、同年12月にランダエタとの再戦が初防衛戦になりました。2度目の対戦では、亀田氏が終始試合を有利に進め、12回判定(3-0)で勝利し初防衛に成功しました。

2007年、王座返上を表明し、フライ級に転向。2009年11月、WBC世界フライ級王者内藤大助氏を12回判定(3-0)で下して2階級制覇。

さらに2010年12月、WBA世界バンタム級王座決定戦でアレクサンデル・ムニョスを倒し、日本人初の3階級制覇を達成。その後、8度の防衛を成功させました。

2015年10月、4階級制覇を目指すべくWBA世界スーパーフライ級王者の河野公平氏と対戦。0-3の判定負けを喫し、試合後、亀田氏は引退を表明しました。

2017年5月、ボクシングを盛り上げるためAbemaTVの特別企画『亀田興毅に勝ったら1000万円』に参戦。挑戦者4人と対戦し、全て勝利をおさめました。

2018年1月、弟・亀田大毅氏の「勝ったら1000万」シリーズの番組内で現役復帰を表明。プロボクサーライセンスの再交付が認められたものの、公式戦には至らず元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム氏との公開スパーリング扱いの試合に留まりました。同年11月、再び引退を表明しました。

 

スポンサーリンク

 

【参考】那須川天心に勝ったら1000万円 結果

ここでは、2019年5月18日に開催された『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』の結果をご紹介します。

挑戦者決定トーナメント結果

ここでは、『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』の挑戦者決定トーナメントの結果をご紹介します。

<ルール>
試合は2分・3ラウンド。決着がつかない場合は3人のジャッジで判定。

▼ボクシング経験者トーナメント結果▼
<第1試合>
戎岡淳一 × (判定) ○ 村井勇希

<第2試合>
テーパリット × (1判定2) ○ 藤崎美樹
28-29/29-28/27-30

<決勝>
村井勇希 × (0判定3) ○ 藤崎美樹
28-29/28-29/27-30

※藤崎美樹選手が那須川天心選手への挑戦権を獲得。

 

▼異種格闘技トーナメント結果▼
<第1試合>
けんすけ × (0判定3) ○ 田中涼
25-30/25-30/28-29

<第2試合>
山崎尚英 × (3RKO) ○ 大井洋一

<決勝>
田中涼 × (3RKO) ○ 大井洋一

※青木真也選手の代理で急きょ出場した大井洋一選手が那須川天心選手への挑戦権を獲得。のちに欠場。

 

那須川天心に勝ったら1000万円

【ルール】

2分3ラウンド、ヘッドギアあり、判定なし

挑戦者はKO勝利のみで1000万円獲得

【第1試合結果】

那須川天心 ○-× テーパリット

試合開始からテーパリット選手が手数を出し、那須川選手もカウンターで応戦。初回に続き、2R、3Rも激しい打ち合いとなりましたが、テーパリット選手は那須川選手を倒すことはできず終了。

第1試合は那須川選手に軍配が上がりました。

▼テーパリット選手について▼
テーパリット選手は、2011年に世界初挑戦でWBA世界スーパーフライ級暫定王座に就き、3度の防衛に成功。5月1日に行われた「ボクシング経験者トーナメント」では、トーナメントで優勝した藤崎美樹選手に判定で敗れましたが、那須川との対戦を望む声も多く、今回敗者復活となりました。

 

【第2試合結果】

那須川天心 ○-× 藤崎美樹

▼藤崎選手について▼
藤崎選手は元全日本ランキング4位の経歴を持ち、現在、同志社大学ボクシング部でコーチを務めています。

 

スポンサーリンク

 

【参考】亀田興毅に勝ったら1000万円 結果

ここでは、2017年5月7日に行われた『亀田興毅に勝ったら1000万円』の結果をご紹介します。

【第1試合結果】
亀田興毅 ○(1R KO)× 神風永遠(ホスト)

「アゴパッカーン系」というコメントで、一躍注目を浴びた歌舞伎町のホスト・神風永遠氏が第1試合に登場。

積極的に前に出た神風氏でしたが、亀田氏の左ボディ連打からの左フックでマットに沈みました。

【第2試合結果】
亀田興毅 ○(3R TKO)× ジョー(You Tuber)

ユーチューバーのジョー氏が果敢にパンチを繰り出し攻め続けましたが、亀田氏が着実にダメージを与えていきダウンを奪いました。最後はレフリーストップにて試合終了。

ちなみに、ジョー氏のYouTubeチャンネル登録者数は、試合終了後30分で51万から54.3万に急増しました。

【第3試合結果】
亀田興毅 ○(2R TKO)× 松本諒太(高校教師)

序盤、亀田氏は松本氏にパンチを撃たせ続け、あまり手を出しませんでしたが、2Rに入ると亀田氏が着実にパンチを当て、ダウンを奪います。松本氏は堪えきれずフラフラとなり、レフリーストップで試合終了となりました。

【第4試合結果】
亀田興毅 △(3R 引分)△ ユウタ(暴走族元総長)

4試合目となった亀田氏は、かなり足にきており、満足のいくパンチが打てない状態だったそうです。そんな状況のなか、体格やリーチ差で有利なユウタ氏と対戦。

序盤は互いに出方をうかがう試合運びとなりましたが、2Rからパンチを出し合います。ユウタ氏はパンチを何度か食らいますが、倒れることなく攻め続けました。

3Rに入ると、亀田氏がギアを上げユウタ氏を倒しにかかります。しかし、ユウタ氏はボディに何発も食らい、フラフラになりながらも立ち続けパンチを出し続けました。

ユウタ氏はダウンすることなく立ち続け、試合終了。判定はないので引き分け(企画としては亀田氏の勝利)となりました。

 

スポンサーリンク