ビッグスポーツ賞2018 受賞者一覧と歴代受賞者は?

2018年11月16日、今年のスポーツ界で素晴らしい成績をおさめた個人や団体に贈られる「第53回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」(以下、ビッグスポーツ賞2018)が発表されました。

賞を受賞した顔ぶれには、羽生結弦選手や小平奈緒選手をはじめ平昌五輪で大活躍をした日本代表選手のほか、各競技の世界選手権でメダルを獲得した選手たちが名を連ねています。

ここでは、「ビッグスポーツ賞2018」の各賞の受賞者や、歴代受賞者などをご紹介します。

※AMPページだとデザインが崩れたりするので、見やすい通常ページからご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ビッグスポーツ賞について

2018年11月16日、テレビ朝日が主催するスポーツ賞「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の受賞者・受賞団体を発表しました。同賞は1966年より始まった賞で、今年活躍したスポーツ選手や団体を表彰し、今回で53回目の開催となります。また、受賞の対象になるのはJOC加盟競技団体の選手たちで、優れた成績を残した個人、団体に贈られるJOC公式の賞です。

最高賞の「ビッグスポーツ賞」をはじめ、「特別賞」「奨励賞」「新人賞」「功労賞」などの各賞が設けられています。

なお、表彰式は例年1月に行われ、その模様が後日、CSテレ朝チャンネルやabemaTVなどで放送(録画)されます。

 

◆ビッグスポーツ賞2018 各賞受賞者

ここでは、「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の各賞の説明と受賞者をご紹介します。なお、賞の対象となる期間は、2018年1月1日~12月31日です。

ビッグスポーツ賞

ビッグスポーツ賞は、オリンピックや世界選手権などグレードの高い国際大会での優勝、内外競技会での世界新記録、世界最高記録の樹立した選手に贈られる賞です。

羽生結弦/フィギュアスケート
(平昌五輪)男子シングル 金メダル

小平奈緒/スピードスケート
(平昌五輪)女子500m 金メダル、女子1000m 銀メダル

チームパシュート代表/スピードスケート
(平昌五輪)女子チームパシュート 金メダル
菊池彩花、髙木菜那、髙木美帆、佐藤綾乃

髙木菜那
(平昌五輪)女子マススタート 金メダル

髙木美帆
(平昌五輪)女子1500m 銀メダル、女子1000m 銅メダル

 

スポンサーリンク

 

ビッグスポーツ特別賞

ビッグスポーツ特別賞は、当該期間内の成績がビッグスポーツ賞の基準を満たさないものの、安定した成績を維持し、健闘した競技者が対象となります。

渡部暁斗/スキーノルディック複合
(平昌五輪)男子ノーマルヒル個人 銀メダル

宇野昌磨/フィギュアスケート
(平昌五輪)男子シングル 銀メダル

平野歩夢/スキースノーボード
(平昌五輪)男子ハーフパイプ 銀メダル

高梨沙羅/スキージャンプ
(平昌五輪)女子ノーマルヒル個人 銅メダル

原大智/スキーフリースタイル
(平昌五輪)男子モーグル 銅メダル

カーリング女子日本代表
(平昌五輪)女子団体戦 銅メダル
本橋麻里、鈴木夕湖、藤澤五月、吉田知那美、吉田夕梨花

桃田賢斗/バドミントン
(世界選手権)男子シングルス 金メダル

永原和可那、松本麻佑/バドミントン
(世界選手権)女子シングルス 金メダル

バドミントン女子日本代表
(世界選手権)団体 金メダル
山口茜、福島由紀、廣田彩花、奥原希望、髙橋礼華
松友美佐紀、髙橋沙也加、佐藤冴香、田中志穂、米元小春

吉田愛、吉岡美帆/セーリング
(世界選手権)女子470級 金メダル

大坂なおみ/テニス
(全米オープン)優勝

高藤直寿/柔道
(世界選手権)男子60kg級 金メダル

阿部一二三/柔道
(世界選手権)男子66kg級 金メダル

阿部詩/柔道
(世界選手権)女子52kg級 金メダル

芳田司/柔道
(世界選手権)女子57kg級 金メダル

新井千鶴/柔道
(世界選手権)女子70kg級 金メダル

濱田尚里/柔道
(世界選手権)女子78kg級 金メダル

朝比奈沙羅/柔道
(世界選手権)女子78kg超級 金メダル

柔道男女混合日本代表
(世界選手権) 男女団体戦 金メダル
男子:向翔一郎、立川新、小川雄勢、原沢久喜
女子:大野陽子、玉置桃、素根輝、朝比奈沙羅、芳田司

乙黒拓斗/レスリング
(世界選手権)男子フリースタイル65kg級 金メダル

川井梨紗子/レスリング
(世界選手権)女子59kg級 金メダル

向田真優/レスリング
(世界選手権)女子55kg級 金メダル

須崎優衣/レスリング
(世界選手権)女子50kg級 金メダル

奥野春菜/レスリング
(世界選手権) 女子53kg級 金メダル

 

スポンサーリンク

 

ビッグスポーツ五輪奨励賞

ビッグスポーツ五輪奨励賞は、当該期間内の成績がビッグスポーツ賞の基準には至らなかったものの、安定した成績を維持し、オリンピックにおいて新たなメダル獲得が期待できる競技の個人・団体が対象の賞です。

池江璃花子/競泳
▼パンパシフィック水泳選手権
・金メダル 女子100mバタフライ
・銀メダル 女子200m自由形、男女混合4×100mメドレーリレー
・銅メダル 女子4×100mメドレーリレー

▼アジア大会
金メダル6個、銀メダル2個、大会MVPを獲得
※日本勢初の6冠達成

喜友名諒/空手
(世界選手権)男子個人形 金メダル

宮原美穂/空手
(世界選手権)女子組手50kg級 金メダル

 

ビッグスポーツ新人賞

ビッグスポーツ新人賞は、当該期間内の国内外競技会で優れた成績を残し、将来が期待される新人競技者を対象とした賞です。

北園丈琉/体操
(ユースオリンピック)金メダル 個人総合、種目別ゆか、つり輪、平行棒、鉄棒

 

ビッグスポーツ特別功労賞

ビッグスポーツ特別功労賞は、スポーツの指導、育成、振興への貢献者を対象とし、競技者に限定しない賞です。

福原愛/卓球
(ロンドン五輪)女子団体 銀メダル
(リオ五輪)女子団体 銅メダル

 

ビッグスポーツ〝Road to 2020〟奨励賞

奨励賞は、当該期間内の国内外の競技会で優れた成績を残し、2020年に開催される東京五輪でのメダル獲得が期待される競技者を対象とした賞です。

村上茉愛/体操
(世界選手権)個人総合 銀メダル、種目別・ゆか 銅メダル

四十住さくら/スケートボード
(世界選手権)パーク 金メダル

 

スポンサーリンク

 

◆ビッグスポーツ賞 歴代受賞者

ここでは、ビッグスポーツ賞の歴代受賞者をご紹介します。

2017年(第52回)

【ビッグスポーツ賞】
羽生結弦/フィギュアスケート
渡辺一平/競泳
髙木菜那、髙木美帆、佐藤綾乃
(スピードスケート女子チームパシュート代表)

2017年 その他の受賞結果を開く

【ビッグスポーツ特別賞】
高梨沙羅/スキージャンプ
男女通じて歴代最多タイのワールドカップ通算53勝を達成。

小平奈緒/スピードスケート
世界スプリント選手権、日本女子初の総合優勝。

堀島行真/スキー・フリースタイル
世界選手権の男子モーグルと男子デュアルモーグルで日本男子初の金メダルを獲得。

小野塚彩那/スキー・フリースタイル
世界選手権、女子ハーフパイプで男女を通じて初めての金メダルを獲得。

フィギュアスケート 日本代表
国別対抗戦、金メダル獲得。

▼国別対抗戦2017 選手一覧
男子シングル:羽生結弦、宇野昌磨
女子シングル:三原舞依、樋口新葉
ペア:須藤澄玲&フランシス ブードロ・オデ
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード

 

卓球・混合ダブルス 日本代表
吉村真晴&石川佳純
世界選手権、混合ダブルス48年ぶりの金メダル獲得。

奥原希望/バドミントン
世界選手権、男子・女子通じてシングルス日本勢初の金メダル獲得。

高橋侑希/レスリング
世界選手権、男子フリー57kg級で36年ぶり金メダルを獲得。

文田健一郎/レスリング
世界選手権、男子グレコローマン59kg級で34年ぶりの金メダル獲得。

土性沙羅/レスリング
リオ五輪、金メダリスト。世界選手権女子69kg級、金メダル獲得。

川井梨紗子/レスリング
リオ五輪、金メダリスト。世界選手権女子60kg級、金メダル獲得。

奥野春菜/レスリング
世界選手権女子55kg級、金メダル獲得。

須崎優衣/レスリング
世界選手権女子48kg級、金メダルを獲得。

ウルフ・アロン/柔道
世界選手権男子100kg級、金メダル獲得。

橋本壮市/柔道
世界選手権男子73kg級、金メダル獲得。

阿部一二三/柔道
世界選手権男子66kg級、金メダル獲得。

高藤直寿/柔道
世界選手権男子60kg級、金メダル獲得。

新井千鶴/柔道
世界選手権女子70kg級で、14年ぶり金メダル獲得。

志々目愛/柔道
世界選手権女子52kg級、金メダル獲得。

渡名喜風南/柔道
世界選手権女子48kg級、金メダル獲得。

柔道男女混合団体 日本代表
世界選手権男女混合団体戦、金メダル獲得。※男女混合団体戦は、東京五輪追加種目。

▼柔道世界選手権 混合団体戦選手一覧
【男子】
中矢力、橋本壮市、王子谷剛志
原沢久喜、長澤憲大

【女子】
宇髙菜絵、新井千鶴、芳田司
新添左季、朝比奈沙羅、素根輝

 

白井健三/体操
世界体操・男子種目別ゆか、3度目の金メダル獲得。男子個人総合、銅メダル。

村上茉愛/体操
世界体操・女子種目別ゆか、63年ぶりの金メダル獲得。

 

【ビッグスポーツ五輪奨励賞】
新体操 日本代表
▼団体種目別
ロープ・ボール/銀メダル
フープ/銅メダル

▼団体総合
世界新体操、団体総合42年ぶりのメダル獲得。

▼個人種目別/フープ
皆川夏穂選手が、日本勢個人種目42年ぶりにメダル獲得。

世界新体操2017 選手一覧
団体:松原梨恵、杉本早裕吏、国井麻緒、横田葵子、竹中七海、鈴木歩佳
個人:皆川夏穂

 

伊藤有希/スキー・ジャンプ
世界選手権・女子個人ノーマルヒル、銀メダル獲得。

岸彩乃/トランポリン
世界選手権・女子個人、銀メダル獲得。女子日本勢としては初。

 

【ビッグスポーツ新人賞】
張本智和/卓球
ワールドツアー(チェコオープン)、男子シングル史上最年少優勝。世界選手権男子シングルス、史上最年少ベスト8。

 

【ビッグスポーツ特別功労賞】
浅田真央/フィギュアスケート
2017年4月引退。バンクーバー五輪、銀メダル。世界選手権、3度優勝。GPファイナル、4度優勝。

宮里藍/ゴルフ
2017年9月引退。日本人初、世界ランキング最高位1位。日本女子ツアー通算15勝。米女子ツアー通算9勝。

 

【ビッグスポーツ〝Road to 2020〟奨励賞】
桐生祥秀/陸上
日本学生対校選手権、男子100mで桐生祥秀選手が、9秒98をマーク。伊東浩司さんの持つ日本記録を19年ぶりに更新し、日本勢で初めて10秒台の壁を破る。

 

2016年(第51回)

【ビッグスポーツ賞】
萩野公介/競泳
金藤理絵/競泳
体操男子日本代表
大野将平/柔道
ベイカー茉秋/柔道
田知本遥/柔道
伊調馨/レスリング
登坂絵莉/レスリング
土性沙羅/レスリング
川井梨紗子/レスリング
バドミントン
女子ダブルス代表
羽生結弦/フィギュアスケート

2016年 その他の受賞結果を開く
【ビッグスポーツ特別賞】
吉田沙保里/レスリング
陸上
男子400mリレー代表
荒井広宙/陸上(競歩)
卓球
男子日本代表
奥原希望/バドミントン
羽根田卓也/カヌー

【ビッグスポーツ五輪奨励賞】
高梨沙羅/スキージャンプ
スピードスケート
女子チームパシュート代表

【ビッグスポーツ新人賞】
畑岡奈紗/ゴルフ

【ビッグスポーツ特別功労賞】
室伏広治/陸上
北島康介/競泳

【ビッグスポーツ”Road to 2020″奨励賞】
空手 日本代表

 

2015年(第50回)

【ビッグスポーツ賞】
体操男子日本代表
瀬戸大也/競泳
鈴木雄介/陸上

2015年 その他の受賞結果を開く
【ビッグスポーツ特別賞】
太田雄貴/フェンシング
星奈津美/競泳
渡部香生子/競泳
吉田沙保里/レスリング
伊調馨/レスリング
登坂絵莉/レスリング
羽賀龍之介/柔道
大野将平/柔道
永瀬貴規/柔道
松本薫/柔道
中村美里/柔道
梅木真美/柔道

【ビッグスポーツ五輪奨励賞】
濱田真由/テコンドー
谷井孝行/陸上(競歩)
新体操 日本代表

【ビッグスポーツ新人賞】
鬼塚雅/スノーボード

【ビッグスポーツ特別功労賞】
野村忠宏/柔道

【ビッグスポーツ”Road to 2020″奨励賞】
サニブラウン・アブデル・ハキーム/陸上
池江璃花子/競泳

 

2014年(第49回)

【ビッグスポーツ賞】
羽生結弦/フィギュアスケート
内村航平/体操

2014年 その他の受賞結果を開く
【ビッグスポーツ特別賞】
葛西紀明/スキージャンプ
平野歩夢/スノーボード
高梨沙羅/スキージャンプ
浅田真央/フィギュアスケート
錦織圭/テニス
萩野公介/競泳
吉田沙保里/レスリング
伊調馨/レスリング
登坂絵莉/レスリング
海老沼匡/柔道
中矢力/柔道
宇高菜絵/柔道
ソフトボール
女子日本代表

【ビッグスポーツ五輪奨励賞】
白井健三/体操
渡部香生子/競泳

【ビッグスポーツ新人賞】
近藤亜美/柔道

【ビッグスポーツ特別功労賞】
星野仙一/野球

【ビッグスポーツ”Road to 2020″奨励賞】
岩出玲亜/陸上(マラソン)
阿部一二三/柔道
山口茜/バドミントン

 

スポンサーリンク