世界陸上2019/ハードル&3000m障害の結果は?男子400mHの世界記録更新なるか!?

2019年9月27日から世界陸上2019が開幕。カタールの首都ドーハで世界各国のトップアスリートが世界一を目指します。

世界陸上では各種目で世界記録の更新が期待されますが、トラックの個人種目で最も古い世界記録というのが『男子400mハードル』なんだそうです。

男子400mHの世界記録は、1992年バルセロナ五輪でケビン・ヤングさん(アメリカ)が樹立した46秒78。この世界記録の更新が期待されているのが、カタールのアブデルラーマン・サンバ選手。

サンバ選手は史上2人目となる46秒台を昨シーズンに記録。自己ベストは世界記録にあと0秒20に迫る46秒98。今シーズンもさらなる自己ベスト更新を宣言しており、その歴史的瞬間が世界陸上になるのではと注目されています。どんな結果になるのか楽しみです。

ここでは、世界陸上2019の各ハードル種目と3000m障害の、

・日本代表選手一覧
・競技&テレビ放送日程
・各種目結果(男子/女子)
・2017年世界陸上の結果
※ハードル&3000m障害

についてまとめています。

 

スポンサーリンク

 

日本代表選手一覧

ここでは、世界陸上2019のハードル種目や3000m障害に出場する日本代表選手をご紹介します。

※日本代表選手については、情報が分かり次第追記します。
※年齢は大会開催時。

<日本代表の発表日程>

▼第1次日本代表選手発表
2019年7月1日(月)
※発表以降、内定条件を満たした選手は、随時追加されます。

▼第2次日本代表選手発表
2019年9月16日(月)
※第2次発表以降、国際陸連による追加発表の可能性あり。

世界陸上2019ドーハ/日程と日本代表選手&全種目一覧!!

2019年6月28日

世界陸上2019/【男子】全種目メダリスト&日本代表選手の結果まとめ

2019年5月17日

世界陸上2019/【女子】全種目メダリスト&日本代表選手の結果まとめ

2019年5月18日

 

<ハードル/日本代表選手>

高山たかやま峻野しゅんや

年齢/25歳 身 長/182cm
出身地/広島県 出身校/広島工業大学高校
所 属/ゼンリン

自己ベスト/13.36 ※日本記録
世界陸上/2大会連続2回目
出場種目/男子110mH

主な代表歴と成績

・世界陸上
’17ロンドン/予選 全体32位(13.58)
・アジア大会
’18ジャカルタ/銅メダル(13.48)

木村きむら文子あやこ

年齢/31歳 身 長/168cm
出身地/広島県 出身校/横浜国立大学
所 属/エディオン

自己ベスト/13.03
世界陸上/2大会連続2回目

主な代表歴と成績

・世界陸上
’17ロンドン/準決勝 全体23位(13.29)
・五輪
’12ロンドン/予選 全体37位(13.75)

安部あべ孝駿たかとし

年齢/27歳 身 長/192cm
出身地/岡山県 出身校/中京大学
所 属/ヤマダ電機

自己ベスト/48.68
世界陸上/4大会連続4回目

主な代表歴と成績

・世界選手権
’17ロンドン/準決勝 全体14位(49.93)
’13モスクワ/予選 全体32位(51.41)
’11韓国/予選 全体33位(51.90)
・アジア大会
’18ジャカルタ/銅メダル(49.12)

 

スポンサーリンク

 

競技日程&テレビ放送

競技日程
テレビ放送

地上波テレビ放送はTBS系列での放送が決定しています。日時は分かり次第、情報を追記します。

 

世界陸上2019/110mH・100mH結果

ここでは、男子110mHと女子100mHの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子110mH

【世界記録】
12.80(2012.9)
アリエス・メリット/アメリカ

【日本記録】
13.36
金井大旺/福井県スポーツ協会(2018.6)
高山峻野/ゼンリン(2019.6)

※日時は日本時間
予 選/10月1日(火) 2:05
準決勝/10月3日(木) 2:05
決 勝/10月3日(木) 4:55

 

女子100mH

【世界記録】
12.20(2016.7)
ケンドラ・ハリソン/アメリカ

【日本記録】
13.00(2000.7)
金沢イボンヌ/佐田建設

※日時は日本時間
予 選/10月5日(土) 23:15
準決勝/10月7日(月) 1:05
決 勝/10月7日(月) 2:50

 

スポンサーリンク

 

世界陸上2019/400mH結果

ここでは、男子/女子400mHの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子400m

【世界記録】
46.78(1992.8)
ケビン・ヤング/アメリカ

【日本記録】
47.89(2001.8)
為末大/法政大学

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 2:30
準決勝/9月29日(日) 0:05
決 勝/10月1日(火) 4:40

 

女子400m

【世界記録】
52.34(2003.8)
ユリア・ペチョンキナ/ロシア

【日本記録】
55.34(2011.6)
久保倉里美/新潟アルビレックスRC

※日時は日本時間
予 選/10月1日(火) 23:30
準決勝/10月3日(木) 3:05
決 勝/10月5日(土) 3:30

 

世界陸上2019/3000m障害結果

ここでは、男子/女子3000m障害の結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子3000m障害

【世界記録】
7:53.63(2004.9)
サイフサイードシャヒーン/カタール

【日本記録】
8:18.93(2003.8)
岩水嘉孝/トヨタ自動車

※日時は日本時間
予 選/10月2日(水) 0:15
決 勝/10月5日(土) 3:45

 

女子3000m障害

【世界記録】
8:44.32(2018.7)
ベアトリス・チェプコエチ/ケニア

【日本記録】
9:33.93(2008.7)
早狩実紀/京都光華AC

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 1:00
決 勝/10月1日(火) 3:50

 

スポンサーリンク

 

【参考】2017年世界陸上結果(ハードル&3000mSC)

ここでは、2017年世界陸上・男子/女子の「110mH/100mH」「400mH」「3000mSC」の決勝と日本代表選手の結果をご紹介します。

※3000m障害は入賞8位までを掲載。

110mH/100mH

男子110mH

1位/13.04 O.マクリオド(JAM)
2位/13.14 S.シュベンコフ(ANA)
3位/13.28 B.バーイ(HUN)
4位/13.30 G.ダリエン(FRA)
5位/13.31 A.メリット(USA)
6位/13.32 S.ブラスウェイト(BAR)
7位/13.37 O.オルテガ(ESP)
8位/13.37 H.パーチメント(JAM)

【日本代表の結果】
<予選>
増野元太/13.58
2組4位(全体24位) ※準決勝進出

高山 峻野/13.65
1組7位(全体32位) ※予選敗退

大室秀樹/13.78
3組7位(全体34位) ※予選敗退

<準決勝>
増野元太/13.79
1組7位(全体20位) ※準決勝敗退

 

女子100mH

1位/12.59 S.ピアソン(AUS)
2位/12.63 D.ハーパー ネルソン(USA)
3位/12.72 P.ドゥキエビッツ(GER)
4位/12.736 K.ハリソン(USA)
5位/12.737 C.マニング(USA)
6位/12.91 A.タライ(BLR)
7位/12.83 N.ビッサー(NED)
8位/13.04 N.アリ(USA)

【日本代表の結果】
<予選>
木村文子/13.15
2組4位(全体27位) ※2組着順で準決勝進出

紫村仁美/13.29
4組6位(全体31位) ※予選敗退

世界陸上の女子100mHにおいて木村選手の準決勝進出は、女子日本代表として初めてのこと。

<準決勝>
木村 文子/13.29
2組8位(全体23位) ※準決勝敗退

 

400mH

男子400mH

1位/48.35 K.ワーホルム(NOR)
2位/48.49 Y.コペロ(TUR)
3位/48.52 K.クレメント(USA)
4位/48.99 K.モウァト(JAM)
5位/49.00 TJ.ホームズ(USA)
6位/49.04 J.サントス(DOM)
7位/49.74 A.サンバ(QAT)
8位/50.07 K.フセイン(SUI)

【日本代表の結果】
<予選>
安部孝駿/49.65
1組2位(全体14位) ※準決勝進出

石田裕介/50.35
2組5位(全体28位) ※予選敗退

鍜治木崚/51.36
4組6位(全体30位) ※予選敗退

<準決勝>
安部孝駿/49.93
2組5位(全体14位)

 

女子400mH

1位/53.07 K.カーター(USA)
2位/53.50 D.ムハマド(USA)
3位/53.74 R.トレイシー(JAM)
4位/54.20 Z.ヘイノバ(CZE)
5位/54.59 L.スプルンガー(SUI)
6位/54.92 S.ワトソン(CAN)
7位/55.43 C.テイト(USA)
8位/55.71 E.ドイル(GBR)

 

3000m障害

男子3000m障害

1位/8:14.12 C.キプルト(KEN)
2位/8:14.49 S.エルバカリ(MAR)
3位/8:15.53 E.ジャガー(USA)
4位/8:15.80 M.メキシ(FRA)
5位/8:21.09 S.K.ケベネイ(USA)
6位/8:21.84 M.ヒューズ(CAN)
7位/8:22.12 D.テスファイ(ETH)
8位/8:23.02 T.セボカ(ETH)

【日本代表の結果】
<予選>
潰滝大記/8:45.81
2組13位(全体38位) ※予選敗退

 

女子3000m障害

1位/9:02.58 E.コバーン(USA)
2位/9:03.77 C.フレリクス(USA)
3位/9:04.03 H.K.ジェプケモイ(KEN)
4位/9:10.45 B.チェプコエチ(KEN)
5位/9:13.96 R.ジェベト(BRN)
6位/9:15.04 C.C.チェスポル(KEN)
7位/9:22.46 E.ディロ(ETH)
8位/9:22.67 W.M.ヤビ(BRN)

 

スポンサーリンク