世界陸上2019 100m 200m 400mの結果と代表選手一覧

2019年9月27日から開催される世界陸上2019。世界のトップアスリートがドーハに集結し、世界一を目指します。

注目の男子100mは大会初日から予選が始まり、日本時間の9月29日午前4時15分に決勝が行われます。

優勝候補のクリスチャン・コールマン選手を筆頭にロニー・ベイカー選手、蘇炳添(ソ ヘイテン)選手、リース・プリスコット選手など有力選手が目白押し。世界最速の称号を手にするのは誰なのか楽しみです。

また、前回の世界陸上2017では、サニブラウン選手が日本勢初の7位入賞を果たしました。今回も日本代表選手がどんな活躍を見せてくれるのか注目です。

ここでは、世界陸上2019の短距離種目「100m」「200m」「400m」の、

・日本代表選手一覧
・競技&テレビ放送日程
・各種目結果(男子/女子)
・2017年世界陸上の決勝結果(100m、200m、400m)

などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

日本代表選手一覧

ここでは、世界陸上2019の「100m」「200m」「400m」に出場する日本代表選手をご紹介します。

※日本代表選手の情報が分かり次第、追記します。

<日本代表の発表日程>
▼第1次日本代表選手発表
2019年7月1日(月)
※発表以降、内定条件を満たした選手は、随時追加されます。

▼第2次日本代表選手発表
2019年9月16日(月)
※第2次発表以降、国際陸連による追加発表の可能性あり。

世界陸上2019ドーハ/日程と日本代表選手&全種目一覧!!

2019年6月28日

世界陸上2019/【男子】全種目メダリスト&日本代表選手の結果まとめ

2019年5月17日

世界陸上2019/【女子】全種目メダリスト&日本代表選手の結果まとめ

2019年5月18日

 

<短距離走/日本代表選手>

サニブラウン・アブデル・ハキーム

年 齢/20歳 身 長/188cm
出身地/福岡県 出身校/城西大附城西高校
所 属/フロリダ大学

100m自己ベスト/9.97(2019.6)
200m自己ベスト/20.08(2019.6)
世界陸上/3大会連続3回目
エントリー種目/100m、200m

主な代表歴と成績

世界陸上
’17ロンドン
・100m/準決勝 全体19位(10.29)
・200m/決勝7位(20.43)
’15北京/準決勝 全体20位(20.47)

サニブラウン選手については下記の記事をご覧ください。

サニブラウン日本新記録樹立!戦績とプロフィールは?9秒97!

2019年5月14日

 

競技日程&テレビ放送

競技日程
テレビ放送

地上波テレビ放送はTBS系列での放送が決定しています。日時は分かり次第、情報を追記します。

 

世界陸上2019/100m結果

ここでは、男子/女子100mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子100m

【世界記録】
9.58(2009.8 世界陸上)
ウサイン・ボルト/ジャマイカ

【日本記録】
9.97(2019.6 全米大学選手権)
サニブラウン・アブデルハキーム/フロリダ大学

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 0:05
準決勝/9月29日(日) 0:45
決 勝/9月29日(日) 4:15

 

女子100m

【世界記録】
10.49(1988.6)
フローレンスグリフィス=ジョイナー/アメリカ

【日本記録】
11.21(2010.4 織田幹雄記念)
福島千里/北海道ハイテクAC

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 22:30
準決勝/9月30日(月) 3:20
決 勝/9月30日(月) 5:20

 

スポンサーリンク

 

世界陸上2019/200m結果

ここでは、男子/女子200mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子200m

【世界記録】
19.19(2009.8)
ウサイン・ボルト/ジャマイカ

【日本記録】
20.03(2003.6 日本選手権)
末續慎吾/ミズノ

※日時は日本時間
予 選/9月30日(月) 2:05
準決勝/10月1日(火) 2:50
決 勝/10月2日(水) 4:40

 

女子200m

【世界記録】
21.34(1988.9)
フローレンスグリフィス=ジョイナー

【日本記録】
22.88(2016.6 日本選手権)
福島千里

※日時は日本時間
予 選/9月30日(月) 23:05
準決勝/10月2日(水) 3:35
決 勝/10月3日(木) 4:35

 

世界陸上2019/400m結果

ここでは、男子/女子400mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子400m

【世界記録】
43.03(2016.8)
ウェイド・バンニーキルク(南アフリカ)

【日本記録】
44.78(1991.6 日本選手権)
高野進/東海大クラブ

予 選/10月1日(火) 22:35
準決勝/10月3日(木) 2:35
決 勝/10月5日(土) 4:20

 

女子400m

【世界記録】
47.60(1985.10)
マリタ・コッホ/東ドイツ

【日本記録】
51.75(2008.5 静岡国際)
丹野麻美/ナチュリル

予 選/10月1日(火) 0:20
準決勝/10月2日(水) 2:50
決 勝/10月4日(金) 5:50

 

スポンサーリンク

 

【参考】2017年世界陸上結果(短距離)

ここでは、2017年世界陸上・男子/女子の「100m」「200m」「400m」の決勝の結果をご紹介します。

男子100m

1位/9.92 J.ガトリン(USA)
2位/9.94 C.コールマン(USA)
3位/9.95 U.ボルト(JAM)
4位/9.99 Y.ブレイク(JAM)
5位/10.01 A.シンビネ(RSA)
6位/10.08 J.ビコ(FRA)
7位/10.17 R.プリスコッド(GBR)
8位/10.27 ソ ヘイテン(CHN)

アメリカ勢が金・銀を獲得。ガトリン選手は12年ぶりの優勝となりました。また、最後の世界陸上・男子100mとなったウサイン・ボルト選手は、初めての銅メダル獲得したとのこと。

 

女子100m

1位/10.85 T.ボウイ(USA)
2位/10.86 M.タルー(CIV)
3位/10.96 D.シパーズ(NED)
4位/10.98 M.アウレ(CIV)
5位/10.98 E.トンプソン(JAM)
6位/11.01 M.アイエ(TTO)
7位/11.06 R.サントス(BRA)
8位/11.09 K.バプティステ(TTO)

 

男子200m

1位/20.09 R.グリエフ(TUR)
2位/20.11 W.バンニーキルク(RSA)
3位/20.11 J.リチャーズ(TTO)
4位/20.24 N.ミッチェル ブレイク(GBR)
5位/20.26 A.ウェブ(USA)
6位/20.44 I.マクワラ(BOT)
7位/20.63 サニブラウン・ハキーム(JPN)
8位/20.64 I.ヤング(USA)

世界陸上の男子200mで、サニブラウン選手が日本勢として初めて入賞を果たしました。

 

女子200m

1位/22.05 D.シパーズ(NED)
2位/22.08 M.タルー(CIV)
3位/22.15 S.ミラー(BAH)
4位/22.22 D.アッシャー スミス(GBR)
5位/22.44 D.スティーブンス(USA)
6位/22.59 K.ダンカン(USA)
7位/22.60 C.エマニュエル(CAN)
8位/23.07 T.ゲイター(BAH)

 

男子400m

1位/43.98 W.バンニーキルク(RSA)
2位/44.41 S.ガーディナー(BAH)
3位/44.48 A.ハロウン(QAT)
4位/44.66 B.テーベ(BOT)
5位/44.88 N.アレン(JAM)
6位/45.04 D.ゲイ(JAM)
7位/45.23 F.カーリー(USA)
棄権    I.マクワラ(BOT)

 

女子400m

1位/49.92 P.フランシス(USA)
2位/50.06 S.E.ナセル(BRN)
3位/50.08 A.フェリックス(USA)
4位/50.49 S.ミラー(BAH)
5位/50.76 S.ジャクソン(JAM)
6位/50.86 S.A.マクファーソン(JAM)
7位/51.15 K.ムポポ(ZAM)
8位/51.48 N.ウィリアムズ ミルズ(JAM)

 

スポンサーリンク