世界陸上2019 100m 200m 400mの結果と代表選手一覧

2019年9月27日から開催される世界陸上2019。世界のトップアスリートがドーハに集結し、世界一を目指します。

注目の男子100mは大会初日から予選が始まり、日本時間の9月29日午前4時15分に決勝が行われます。

優勝候補のクリスチャン・コールマン選手を筆頭にロニー・ベイカー選手、蘇炳添(ソ ヘイテン)選手、リース・プリスコット選手など有力選手が目白押し。世界最速の称号を手にするのは誰なのか楽しみです。

また、前回の世界陸上2017では、サニブラウン選手が日本勢初の7位入賞を果たしました。今回も日本代表選手がどんな活躍を見せてくれるのか注目です。

ここでは、世界陸上2019の短距離種目「100m」「200m」「400m」の、

・日本代表選手一覧
・競技&テレビ放送日程
・各種目結果(男子/女子)
・2017年世界陸上の決勝結果(100m、200m、400m)

などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

世界陸上関連リンク

2019年世界陸上の各競技の詳細については以下のリンクよりご覧ください。

 

世界陸上2019/100m

ここでは、男子/女子100mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

100m/日本代表選手

サニブラウン・アブデル・ハキーム

年 齢/20歳 身 長/188cm
出身地/福岡県 出身校/城西大附城西高校
所 属/フロリダ大学

100m自己ベスト/9.97(2019.6)
200m自己ベスト/20.08(2019.6)
世界陸上/3大会連続3回目
エントリー種目/100m

主な代表歴と成績(クリックで開く)

世界陸上
’17ロンドン
・100m/準決勝 全体19位(10.29)
・200m/決勝7位(20.43)
’15北京/準決勝 全体20位(20.47)

サニブラウン選手については下記の記事をご覧ください。

サニブラウン日本新記録樹立!戦績とプロフィールは?9秒97!

2019年5月14日

 

桐生きりゅう祥秀よしひで

年 齢/23歳 身 長/176cm
出身地/滋賀県 出身校/東洋大学
所 属/日本生命

100m自己ベスト/9.98(2017.9)
世界陸上/2大会連続3回目
エントリー種目/100m

主な代表歴と成績(クリックで開く)

アジア大会
’18ジャカルタ
・4×100mR/1位(3走)

世界陸上
’17ロンドン
・4×100mR/3位(3走)

オリンピック
’16リオデジャネイロ
・100m/予選
・4×100mR/2位(3走)

 

小池こいけ祐貴ゆうき

年 齢/24歳 身 長/173cm
出身地/北海道 出身校/慶應義塾大学
所 属/住友電工

100m自己ベスト/9.98(2019.7)
200m自己ベスト/20.23(2018.8)
世界陸上/初出場
エントリー種目/100m、200m

主な代表歴と成績(クリックで開く)

アジア大会
’18ジャカルタ
・200m/1位(20.23)
・4×400mR/3位(2走)

 

男子100m【結果】

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 0:05
準決勝/9月29日(日) 0:45
決 勝/9月29日(日) 4:15

予選

<準決勝進出条件>
各組3着+4着以下タイム上位6人(予選全体24位まで)が準決勝進出。

予選4組:桐生祥秀/4位(10.18)※全体15位
予選5組:小池祐貴/4位(10.21)※全体20位
予選6組:サニブラウン/3位(10.09)※全体8位

※日本勢は全員が準決勝に進出。

 

準決勝

<決勝進出条件>
各組2着+3着以下タイム上位2人

※日本勢は準決勝で敗退となりました。

準決勝の結果(クリックで開く)

※太字の選手は決勝進出

準決勝1組
選手名 準決勝
タイム
自己
ベスト
1 C.コールマン USA 9.88 9.79
2 A.ブラウン CAN 10.12 9.96
3 A.ジェミリ GBR 10.13 9.97
4 P.カムロ デ オリベイラ BRA 10.14 10.02
5 サニブラウン JPN 10.15 9.97
6 T.ブルネット NED 10.18 10.12
7 L.ヤコブス ITA 10.20 10.03
8 蘇 炳添 CHN 10.23 9.91
準決勝2組
選手名 準決勝
タイム
自己
ベスト
1 A.ド グラス CAN 10.07 9.91
2 Y.ブレイク JAM 10.09 9.69
3 J.ガトリン USA 10.09 9.74
4 謝 震業 CHN 10.14 9.97
5 R.エケブウォ NGR 10.20 9.96
6 O.エドブルン GBR 10.22 10.04
7 小池祐貴 JPN 10.28 9.98
8 E.マタディ LBR 10.28 10.01
準決勝3組
選手名 準決勝
タイム
自己
ベスト
1 A.シンビネ RSA 10.01 9.89
2 Z.ヒューズ GBR 10.05 9.91
3 F.トルトゥ ITA 10.11 9.99
4 T.トレーシー JAM 10.11 9.96
5 M.ロジャース USA 10.12 9.85
6 桐生祥秀 JPN 10.16 9.98
7 J.ビコ FRA 10.16 9.86
8 A.シセ CIV 10.34 9.93

 

決勝

【世界記録】
9.58(2009.8 世界陸上)
ウサイン・ボルト/ジャマイカ

【日本記録】
9.97(2019.6 全米大学選手権)
サニブラウン・アブデルハキーム/フロリダ大学

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 C.コールマン USA 9.76 9.79
2 J.ガトリン USA 9.89 9.74
3 A.ド グラス CAN 9.90 9.91
4 A.シンビネ RSA 9.93 9.89
5 Y.ブレイク JAM 9.97 9.69
6 Z.ヒューズ GBR 10.03 9.91
7 F.トルトゥ ITA 10.07 9.99
8 A.ブラウン CAN 10.08 9.96

前回大会銀メダルだったクリスチャン・コールマン選手が、決勝の舞台で自己ベストを更新する走りで優勝。また、37歳のジャスティン・ガトリン選手は4大会連続のメダル獲得で、最年長メダリストとなりました。

 

スポンサーリンク

 

女子100m【結果】

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 22:30
準決勝/9月30日(月) 3:20
決 勝/9月30日(月) 5:20

決勝

【世界記録】
10.49(1988.6)
フローレンスグリフィス=ジョイナー/アメリカ

【日本記録】
11.21(2010.4 織田幹雄記念)
福島千里/北海道ハイテクAC

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 フレイザープライス JAM 10.71 10.70
2 D.アッシャースミス GBR 10.83 10.85
3 M.J.タルー CIV 10.90 10.85
4 E.トンプソン JAM 10.93 10.70
5 M.アウレ CIV 11.02 10.78
6 J.スミス JAM 11.06 11.04
7 T.ダニエルズ USA 11.19 10.99
D.シパーズ NED DNS 10.81

女子100mは準決勝から圧倒的な走りを見せていたジャマイカのシェリー=アン・フレイザープライス選手が、決勝でも序盤から飛び出しリードを広げ、今季世界最高となる10秒71の見事な走りで完勝。

フレイザープライス選手は、史上最多4個目となる同種目の金メダルを獲得しました。

 

世界陸上2019/200m結果

ここでは、男子/女子200mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

200m/日本代表

小池こいけ祐貴ゆうき

※小池選手のプロフィールは男子100m日本代表に記載しています。

 

山下やましたじゅん

年 齢/24歳 身 長/183cm
出身地/福島県 出身校/福島高校
所 属/筑波大学

200m自己ベスト/20.40(2019.8)
世界陸上/初出場
エントリー種目/200m

主な代表歴と成績(クリックで開く)

アジア大会
’18ジャカルタ
・混合4×400mR/5位(4走)

 

白石しらいし黄良々きらら

年 齢/23歳 身 長/180cm
出身地/鹿児島県 出身校/大東文化大学
所 属/セレスポ

200m自己ベスト/20.27(2019.8)
世界陸上/初出場
エントリー種目/200m

 

男子200m【結果】

※日時は日本時間
予 選/9月30日(月) 2:05
準決勝/10月1日(火) 2:50
決 勝/10月2日(水) 4:40

予選

<準決勝進出条件>
各組3着+4着以下タイム上位3人(予選全体24位まで)が準決勝進出。

予選2組:小池祐貴/4位(20.46)※全体24位
予選5組:山下潤/5位(20.62)※全体30位
予選6組:白石黄良々/5位(20.62)※全体31位

※日本勢は予選敗退。なお、小池選手は全体で24位でしたが、小池選手と別の組の選手が小池選手より遅いタイムながら着順で準決勝に進出。そのため小池選手は上位24人から漏れ予選敗退となりました。

 

決勝

【世界記録】
19.19(2009.8)
ウサイン・ボルト/ジャマイカ

【日本記録】
20.03(2003.6 日本選手権)
末續慎吾/ミズノ

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 N.ライルズ USA 19.83 19.50
2 A.ド グラス CAN 19.95 19.80
3 A.キニョネス ECU 19.98 19.87
4 A.ジェミリ GBR 20.03 19.97
5 R.グリエフ TUR 20.07 19.76
6 A.ブラウン CAN 20.10 19.95
7 シャ シンギョウ CHN 20.14 19.88
8 K.グリオー TTO 20.39 19.97

男子200mは初出場のノア・ライルズ選手が19秒83で制し、6大会ぶりにアメリカが金メダルを手にしました。ライルズ選手は100mで9秒86のタイムを持ちますが、今大会は得意の200mに絞って臨んでいました。

東京五輪では100mにも出場するのかに注目です。

 

女子200m【結果】

※日時は日本時間
予 選/9月30日(月) 23:05
準決勝/10月2日(水) 3:35
決 勝/10月3日(木) 4:35

決勝

【世界記録】
21.34(1988.9)
フローレンスグリフィス=ジョイナー

【日本記録】
22.88(2016.6 日本選手権)
福島千里

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 D.アッシャースミス GBR 21.88 22.08
2 B.ブラウン USA 22.22 22.33
3 M.カンブンジ SUI 22.51 22.26
4 A.アンネルス USA 22.59 22.16
5 D.ブライアント USA 22.63 22.18
6 G.バス GAM 22.71 22.58
7 I.ラロア コリオ BUL 22.77 22.32
8 T.ゲイター BAH 22.90 22.54

イギリス女子史上初の100mでのメダルを獲得したディナ・アッシャースミス選手が、自己ベストと国内記録を更新する圧倒的な走りでアメリカ勢を突き放し女子200mを制しました。

イギリス勢がこの種目でメダルを獲るのは36年ぶりで、金メダルは初とのこと。

 

世界陸上2019/400m

ここでは、男子/女子400mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

400m/日本代表

ウォルシュ ジュリアン

年 齢/23歳 身 長/175cm
出身地/ジャマイカ 出身校/東洋大学
所 属/富士通

400m自己ベスト/45.35(2016.6)
世界陸上/初出場
エントリー種目/400m

主な代表歴と成績(クリックで開く)

世界リレー
’19横浜
・4×400mR/4位(1走)

アジア大会
’18ジャカルタ
・400m/5位(45.89)
・4×400mR/3位(1走)

オリンピック
’16リオデジャネイロ
・400m/予選
・4×400mR/予選

 

男子400m【結果】

予 選/10月1日(火) 22:35
準決勝/10月3日(木) 2:35
決 勝/10月5日(土) 4:20

予選

【予選2組】
ウォルシュ ジュリアン/2位(45.14)全体7位
※自己ベスト更新で準決勝に進出。

準決勝

【準決勝3組】
ウォルシュ ジュリアン/4位(45.13)全体13位
※ウォルシュ ジュリアン選手は予選で出した自己ベストを準決勝でさらに更新しましたが、全体13位で決勝進出は逃しました。

また、金メダルと世界新記録が期待されたアメリカのマイケル・ノーマン選手は、レース途中に身体に良からぬ感じがあったと自らスピードを落とし、最後でフィニッシュ。残念ながら準決勝敗退となりましたが、東京五輪での活躍に期待したいです。

決勝

【世界記録】
43.03(2016.8)
ウェイド・バンニーキルク(南アフリカ)

【日本記録】
44.78(1991.6 日本選手権)
高野進/東海大クラブ

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 S.ガーディナー BAH 43.48 43.87
2 A.サンブラノ COL 44.15 44.55
3 F.カーリー USA 44.17 43.64
4 D.ゲイ JAM 44.46 44.55
5 K.ジェームス GRN 44.54 43.74
6 E.コリル KEN 44.94 44.21
7 M.セデニオ TTO 45.30 44.01
8 A.ブルームフィールド JAM 45.36 43.94

男子400mはここ1年間負け知らずのスティーブン・ガーディナー選手が、自己ベストと国内新記録を更新する43秒48で優勝を飾りました。

 

女子400m【結果】

予 選/10月1日(火) 0:20
準決勝/10月2日(水) 2:50
決 勝/10月4日(金) 5:50

決勝

【世界記録】
47.60(1985.10)
マリタ・コッホ/東ドイツ

【日本記録】
51.75(2008.5 静岡国際)
丹野麻美/ナチュリル

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 S.E.ナセル BRN 48.14 49.08
2 S.ミラー BAH 48.37 48.97
3 S.ジャクソン JAM 49.47 49.78
4 W.ジョナサス USA 49.60 50.07
5 P.フランシス USA 49.61 49.92
6 S.マクファーソン JAM 50.89 49.92
7 J.S.エルセティック POL 50.95 50.41
8 I.バウムガルト POL 51.29 51.02

女子400mはリオ五輪金で今季世界1位のショウナ・ミラー選手と、2017年世界陸上銀で今季世界2位のサルワ・エイド・ナセル選手に注目が集まりました。

レースはナセル選手が序盤から飛び出し、200mを過ぎたあたりでミラー選手に差をつけます。終盤、ミラー選手も差を縮めてたものの、ナセル選手が歴代3位の好タイムで逃げ切って優勝。

21歳のナセル選手は自己ベストを大きく更新するとともに、世界陸上としてはアジア勢初、同種目では史上最年少の金メダリストとなりました。

 

スポンサーリンク

 

競技日程&テレビ放送

競技日程
テレビ放送

2019年世界陸上は、TBS系列にて生中継、BS-TBSでは連日ハイライトが放送されます。ここでは、TBS系列・生中継の放送日程をご紹介します。ただし、放送される種目について、詳細が判明していないので該当種目が放送されるかは不確定です。

※上記競技日程とテレビ放送日程を照らし合わせてご覧ください。なお、該当する日程については太字で表記しています。

地上波TBS系列放送日程 ※全て生中継
9月27日(金) よる10時〜深夜3時30分
9月28日(土) 早朝5時30分〜9時25分
よる11時48分〜翌あさ9時54分
※男子100m
9月29日(日) よる11時〜翌 あさ5時55分
※女子100m
9月30日(月) よる10時〜翌 あさ5時25分
10月1日(火) よる10時〜翌 あさ5時25分
※男子200m
10月2日(水) よる10時〜翌 あさ5時55分
※女子200m
10月3日(木) よる10時〜翌 あさ7時
※女子400m
10月4日(金) よる11時30分〜翌 あさ7時30分
※男子400m
10月5日(土) 深夜0時〜翌 あさ8時30分
10月6日(日) 深夜0時〜翌 あさ4時

 

スポンサーリンク

 

【参考】2017年世界陸上結果(短距離)

ここでは、2017年世界陸上・男子/女子の「100m」「200m」「400m」の決勝の結果をご紹介します。

男子100m

1位/9.92 J.ガトリン(USA)
2位/9.94 C.コールマン(USA)
3位/9.95 U.ボルト(JAM)
4位/9.99 Y.ブレイク(JAM)
5位/10.01 A.シンビネ(RSA)
6位/10.08 J.ビコ(FRA)
7位/10.17 R.プリスコッド(GBR)
8位/10.27 ソ ヘイテン(CHN)

アメリカ勢が金・銀を獲得。ガトリン選手は12年ぶりの優勝となりました。また、最後の世界陸上・男子100mとなったウサイン・ボルト選手は、初めての銅メダル獲得したとのこと。

 

女子100m

1位/10.85 T.ボウイ(USA)
2位/10.86 M.タルー(CIV)
3位/10.96 D.シパーズ(NED)
4位/10.98 M.アウレ(CIV)
5位/10.98 E.トンプソン(JAM)
6位/11.01 M.アイエ(TTO)
7位/11.06 R.サントス(BRA)
8位/11.09 K.バプティステ(TTO)

 

男子200m

1位/20.09 R.グリエフ(TUR)
2位/20.11 W.バンニーキルク(RSA)
3位/20.11 J.リチャーズ(TTO)
4位/20.24 N.ミッチェル ブレイク(GBR)
5位/20.26 A.ウェブ(USA)
6位/20.44 I.マクワラ(BOT)
7位/20.63 サニブラウン・ハキーム(JPN)
8位/20.64 I.ヤング(USA)

世界陸上の男子200mで、サニブラウン選手が日本勢として初めて入賞を果たしました。

 

女子200m

1位/22.05 D.シパーズ(NED)
2位/22.08 M.タルー(CIV)
3位/22.15 S.ミラー(BAH)
4位/22.22 D.アッシャー スミス(GBR)
5位/22.44 D.スティーブンス(USA)
6位/22.59 K.ダンカン(USA)
7位/22.60 C.エマニュエル(CAN)
8位/23.07 T.ゲイター(BAH)

 

男子400m

1位/43.98 W.バンニーキルク(RSA)
2位/44.41 S.ガーディナー(BAH)
3位/44.48 A.ハロウン(QAT)
4位/44.66 B.テーベ(BOT)
5位/44.88 N.アレン(JAM)
6位/45.04 D.ゲイ(JAM)
7位/45.23 F.カーリー(USA)
棄権    I.マクワラ(BOT)

 

女子400m

1位/49.92 P.フランシス(USA)
2位/50.06 S.E.ナセル(BRN)
3位/50.08 A.フェリックス(USA)
4位/50.49 S.ミラー(BAH)
5位/50.76 S.ジャクソン(JAM)
6位/50.86 S.A.マクファーソン(JAM)
7位/51.15 K.ムポポ(ZAM)
8位/51.48 N.ウィリアムズ ミルズ(JAM)

 

スポンサーリンク