世界陸上2019【混成】結果&大会日程!!右代啓祐の記録は?十種&七種競技

2019年9月27日からカタールの首都ドーハで開幕する世界陸上2019。本大会は男女合わせて49種目が実施され、東京五輪のメダル争いや日本代表候補を占ううえでも重要な大会です。

さて、十種競技では日本の顔ともいえる右代啓祐選手が出場。右代選手は日本選手権で史上最多となる8度目の優勝を果たし、5度目の世界陸上の代表を決めました。世界陸上の大舞台で8000点を突破してほしいです。

また、「キング・オブ・アスリート」の称号を得るのはどの選手か…、さらに9000点台が飛び出すのかにも注目です。ケヴィン・マイヤー選手の持つ世界記録(9126点)に近づく得点が出てくると大いに盛り上がりそうですね。

ここでは、世界陸上2019の日本代表選手や十種競技&七種競技の大会日程や結果などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

世界陸上2019/混成競技【日程】

ここでは、十種競技と七種競技の大会日程をご紹介します。日時は全て日本時間となっています。

十種競技/日程

【大会6日目】

2019年10月2日(水)
種目 日本時間 ラウンド
100m 22:35 十種競技-1
走幅跳び 23:30 十種競技-2
2019年10月3日(木)
種目 日本時間 ラウンド
砲丸投げ 0:50 十種競技-3
走高跳び 2:40 十種競技-4
400m 5:15 十種競技-5

 

【大会7日目】

2019年10月3日(木)
種目 日本時間 ラウンド
110mH 22:35 十種競技-6
円盤投げ 23:30 十種競技-7A
2019年10月4日(金)
種目 日本時間 ラウンド
円盤投げ 0:35 十種競技-7B
棒高跳び 1:05 十種競技-8A
2:05 十種競技-8B
やり投げ 4:05 十種競技-9A
5:10 十種競技-9B
1500m 6:15 十種競技-10

 

七種競技/日程

【大会6日目】

2019年10月2日(水)
種目 日本時間 ラウンド
100mH 23:05 七種競技-1
走高跳び 0:15 七種競技-2
砲丸投げ 2:30 七種競技-3
200m 3:50 七種競技-4

 

【大会7日目】

2019年10月3日(木)
種目 日本時間 ラウンド
走幅跳び 0:15 七種競技-5
やり投げ 2:10 七種競技-6
800m 6:05 七種競技-7

 

スポンサーリンク

 

混成競技/日本代表

ここでは、世界陸上2019に出場する日本代表選手をご紹介します。代表選手の情報は2019年6月21日現在。派遣選手が追加され次第、追記します。

※年齢は大会開催時

十種競技

右代うしろ啓祐けいすけ

年 齢/33歳 身 長/196cm
出身地/北海道 出身校/国士舘大学
所 属/国士舘クラブ

十種競技自己ベスト/8308点(2014.5)
世界陸上/5大会連続5回目

主な代表歴と成績

・アジア大会
’10広州/4位、’14仁川/優勝、’18ジャカルタ/優勝

・世界陸上
’11テグ/20位、’13モスクワ/22位、’15北京/20位、’17ロンドン/20位

・五輪
’12ロンドン/20位、’16リオ/20位

世界陸上2019ドーハ/日程と日本代表選手&全種目一覧!!

2019年6月28日

世界陸上2019/【男子】全種目メダリスト&日本代表選手の結果まとめ

2019年5月17日

世界陸上2019/【女子】全種目メダリスト&日本代表選手の結果まとめ

2019年5月18日

 

世界陸上2019/混成競技結果

ここでは、世界陸上2019の十種競技と七種競技の結果をご紹介します。

※結果は分かり次第、情報を追記します。

十種競技

【世界記録】
9126点(2018.9)
ケビン・マイヤー/フランス

【日本記録】
8308点(2014.6)
右代啓祐

※各種目ポイントのみ記載
※棄権、途中棄権の選手は割愛します

LJ=走幅跳、SP=砲丸投、HJ=走高跳
DT=円盤投、PV=棒高跳、JT=やり投

選手名 得点 100 LJ SP HJ 400 110H DT PV JT 1500
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

 

スポンサーリンク

 

七種競技

【世界記録】
7291点(1988.9)
ジャッキー・ジョイナー=カーシー/アメリカ

【日本記録】
5962点(2004.6)
中田有紀

※各種目ポイントのみ記載
※棄権、途中棄権の選手は割愛します

HJ=走高跳 SP=砲丸投 LJ=走幅跳 JT=やり投

選手名 得点 100H HJ SP 200 LJ JT 800
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

 

【参考】世界陸上2017/混成競技結果

ここでは、2017年世界陸上の混成競技のメダリストと日本選手の結果をご紹介します。

十種競技

1位/8768点 K.メイヤー(フランス)
2位/8564点 R.フライムス(ドイツ)
3位/8488点 K.カツミレク(ドイツ)

19位/7646点 中村明彦
20位/7498点 右代啓祐

※35人中15人の選手が途中棄権

 

七種競技

1位/6784点 N.ティアム(ベルギー)
2位/6696点 C.シャファー(ドイツ)
3位/6636点 A.ベッター(オランダ)

※日本選手のエントリーなし

 

スポンサーリンク