世界陸上2019結果/田中希実(5000m)&新谷仁美(10000m)の成績は?

2019年9月27日、カタールの首都ドーハで世界陸上2019が開幕。10日間にわたり、世界一を目指して熱戦が繰り広げられます。

中・長距離の女子日本代表は、5000mで木村友香選手と田中希実選手が、10000mで新谷仁美選手と山ノ内みなみ選手が出場。どんな成績を残してくれるのか楽しみです。

なお、世界選手権2大会連続出場を決めていた鍋島莉奈選手は疲労骨折のため欠場。残念ですが、ケガをしっかり治して東京五輪を目指してほしいですね。

ここでは、世界陸上2019の中・長距離種目「800m」「1500m」「5000m」「10000m」の、

・日本代表選手一覧
・競技&テレビ放送日程
・各種目結果(男子/女子)
・2017年世界陸上の結果
※「800m」「1500m」「5000m」「10000m」

などについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

世界陸上関連リンク

2019年世界陸上の各競技の詳細については以下のリンクよりご覧ください。

 

世界陸上2019/800m結果

ここでは、男子/女子800mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子800m

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 23:05
準決勝/9月30日(月) 3:55
決 勝/10月2日(水) 4:10

決勝

【世界記録】
1:40.91(2012.8)
デイヴィッド・レクタ・ルディシャ/ケニア

【日本記録】
1:45.75(2014.5)
川元奨/日本大学

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 D.ブレイザー USA 1:42.34 1:42.70
2 A.トゥカ BIH 1:43.47 1:42.51
3 F.ロティッチ KEN 1:43.82 1:42.54
4 B.ホッペル USA 1:44.25 1:44.41
5 W.バスケス PUR 1:44.48 1:43.83
6 A.ベン ESP 1:45.58 1:44.97
7 M.アロップ CAN 1:45.78 1:44.25
8 C.マーフィー USA 1:47.84 1:42.93

男子800mはアメリカのドノバン・ブレイザー選手が大会新記録で優勝。同種目においてアメリカに初めての金メダルをもたらしました。

 

女子800m

※日時は日本時間
予 選/9月27日(金) 23:10
準決勝/9月29日(日) 1:15
決 勝/10月1日(火) 4:10

決勝

【世界記録】
1:53.28(1983.7)
ヤルミラ・クラトフビロバ/チェコスロバキア

【日本記録】
2:00.45(2005.6)
杉森美保/京セラ

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 H.ナカイ UGA 1:58.04 1:58.39
2 R.ロジャース USA 1:58.18 1:57.69
3 A.ウィルソン USA 1:58.84 1:55.61
4 W.ナニョンド UGA 1:59.18 1:58.63
5 E.サム KEN 1:59.71 1:56.99
6 N.ゴウル JAM 2:00.11 1:56.15
7 R.アラフィ MAR 2:00.48 1:57.47
8 C.ブラウン USA 2:02.97 1:58.01

女子800mはアジー・ウィルソン選手をウガンダ勢が3人が追う展開となりました。最後の直線に入ったところで、ハリマ・ナカイ選手がウィルソン選手を逆転し、そのまま逃げ切り優勝。

この種目、ウガンダ勢として初めてのメダルが金メダルとなりました。

 

スポンサーリンク

 

世界陸上2019/1500m結果

ここでは、男子/女子1500mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子1500m

※日時は日本時間
予 選/10月4日(金) 4:00
準決勝/10月5日(土) 2:10
決 勝/10月7日(月) 1:40

決勝

【世界記録】
3:26.00(1998.7)
ヒシャム・エルゲルージ/モロッコ

【日本記録】
3:37.42(2004.7)
小林史和/NTN

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 T.チェルイヨト KEN 3:29.26 3:28.41
2 T.マフルーフィ ALG 3:31.38 3:28.75
3 M.レバンドフスキ POL 3:31.46 3:31.95
4 J.インゲブリクセン NOR 3:31.70 3:30.16
5 J.ウィットマン GBR 3:31.87 3:33.96
6 J.カー GBR 3:32.52 3:33.60
7 R.ケモイ KEN 3:32.72 3:28.81
8 M.セントロウィッツ USA 3:32.81 3:30.40
9 K.ベーラルンド SWE 3:33.70 3:34.89
10 C.エンゲルス USA 3:34.24 3:34.04
11 N.ガーリー GBR 3:37.30 3:35.95
12 Y.ヒス バチル DJI 3:37.96 3:35.74

 

女子1500m

※日時は日本時間
予 選/10月2日(水) 23:35
準決勝/10月4日(金) 5:00
決 勝/10月6日(日) 2:55

決勝

【世界記録】
3:50.07(2015.7)
ゲンゼベ・ディババ/エチオピア

【日本記録】
4:07.86(2006.9)
小林祐梨子/須磨学園高校

選手名 決勝
タイム
自己
ベスト
1 S.ハッサン NED 3:51.95 3:55.30
2 F.キプイエゴン KEN 3:54.22 3:56.41
3 G.ツェガイ ETH 3:54.38 3:57.40
4 S.ホウリハン USA 3:54.99 3:57.34
5 L.ミューア GBR 3:55.76 3:55.22
6 G.スタフォード CAN 3:56.12 3:59.59
7 W.チェベト KEN 3:58.20 3:59.16
8 J.シンプソン USA 3:58.42 3:57.22
9 R.アラフィ MAR 3:59.93 3:58.84
10 C.マゲエン IRL 4:00.15 4:01.21
11 W.ナニョンド UGA 4:00.63 3:59.56
12 N.ヒルツ USA 4:06.68 4:01.52

オランダのシファン・ハッサン選手が、2位以下を大きく引き離し大会新記録で優勝。ハッサン選手は10000mに続き、女子史上初の2冠を達成しました。

 

スポンサーリンク

 

世界陸上2019/5000m結果

ここでは、男子/女子5000mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子5000m

【世界記録】
2:37.35(2004.5)
ケネニサ・ベケレ/エチオピア

【日本記録】
13:08.40(2015.7)
大迫傑/ナイキオレゴンプロジェクト

※日時は日本時間
予 選/9月28日(土) 1:55
決 勝/10月1日(火) 3:20

決勝

選手名 決勝タイム 予選タイム
1 M.エドリス ETH 12:58.85 13:25.00
2 S.バレガ ETH 12:59.70 13:24.69
3 M.アーメド CAN 13:01.11 13:25.35
4 T.H.ベケレ ETH 13:02.29 13:20.45
5 J.インゲブリクセン NOR 13:02.93 13:25.20
6 J.クロップ KEN 13:03.08 13:24.94
7 P.チェリモ USA 13:04.60 13:20.18
8 N.キメリ KEN 13:05.27 13:20.82
9 B.バレウ BRN 13:14.66 13:25.70
10 J.ナイト CAN 13:26.63 13:25.95
11 H.ミード USA 13:27.05 13:22.11
12 S.マクスウェイン AUS 13:30.41 13:20.58
13 H.インゲブリクセン NOR 13:36.25 13:21.22
14 I.キメリ BEL 13:44.29 13:20.99
F.インゲブリクセン NOR 途中棄権 13:20.52

前回大会でモハメド・ファラー選手を下したエチオピアのムクタル・エドリス選手が、ラスト100mでトップに立つと後続の追随を許さず連覇を達成。また、同じエチオピアで若干19歳のセレモン・バレガ選手が銀メダルを獲得しました。エチオピア勢が同種目において2つのメダルを獲得するのは、1993年大会以来です。

また、モハメド・アーメド選手が3位に入り、カナダ勢としては同種目初のメダルとなりました。

 

女子5000m

※日時は日本時間
予 選/10月3日(木) 0:25
決 勝/10月6日(日) 3:25

予選

田中希実/15:04.66(全体12位)
木村友香/15:53.08(全体24位)

田中希実選手は自己ベストを約11秒更新する走りで、全体12位に入り決勝に進出。日本勢の決勝進出は2大会ぶりとなりました。

また、木村友香選手はレース中盤から遅れ、全体23位で予選敗退となりました。

 

決勝

【世界記録】
14:11.15(2008.6)
ティルネシュ・ディババ/エチオピア

【日本記録】
14:53.22(2005.7)
福士加代子/ワコール

選手名 決勝タイム 自己ベスト
1 H.オビリ KEN 14:26.72 14:18.37
2 M.C.キプケンボイ KEN 14:27.49 14:31.69
3 K.クロスターハルフェン GER 14:28.43 14:26.76
4 T.ゲメチュ ETH 14:29.60 14:59.79
5 L.K.レンゲルク KEN 14:36.05 14:36.80
6 F.ウォルク ETH 14:40.47 14:45.59
7 L.ウェイトマン GBR 14:44.57 14:51.78
8 H.フェイサ ETH 14:44.92 14:38.76
9 K.シュワイツァー USA 14:45.18 14:52.41
10 E.マコルガン GBR 14:46.17 14:47.94
11 E.プリエ USA 14:58.17 15:08.61
12 C.ブスコンブ NZL 14:58.59 15:02.19
13 A.セカフィエン CAN 14:59.95 15:04.67
14 田中希実 JPN 14:00.01 15:04.66
15 D.スコット RSA 15:24.47 14:59.08

女子5000mは、ケニアのオビリ選手が接戦を制し、大会新記録で大会連覇を達成。また、2位には同じくケニアのキプケンボイ選手が入り、ワンツーフィニッシュとなりました。

3位に入ったドイツのクロスターハルフェン選手は、同種目において初めてドイツにメダルをもたらしました。

そして、日本勢として2大会ぶりの決勝進出を果たした田中希実選手は、予選に続き、さらに自己ベストを更新してフィニッシュ。

惜しくも14分台には届きませんでしたが、日本歴代2位の好記録をマークしました。

 

スポンサーリンク

 

世界陸上2019/10000m結果

ここでは、男子/女子10000mの結果をご紹介します。なお、世界記録と日本記録は2019年6月25日現在で所属は記録達成当時のものです。

男子10000m

※日時は日本時間
決 勝/10月7日(月) 3:00

【世界記録】
26:17.53(2005.8)
ケネニサ・ベケレ/エチオピア

【日本記録】
27:29.69(2015.11)
村山紘太/旭化成

タイム 選手名 国名 自己ベスト
1 26:48.36 J.チェプテゲイ UGA 26:49.94
2 26:49.34 Y.ケジェルチャ ETH 26:49.99
3 26:50.32 R.キプルト KEN 26:50.16
4 26:55.36 R.ケモイ KEN 27:25.23
5 26:56.71 A.ベリフ ETH 26:53.15
6 26:59.35 M.アーメド CAN 27:02.35
7 27:04.72 L.ロモング USA 27:30.06
8 27:10.76 Y.クリッパ ITA 27:44.21
9 27:11.37 H.ゲブリウェト ETH 26:48.95
10 27:24.74 S.キプチルチル USA 27:07.55
11 27:28.74 A.コリオ KEN 27:29.40
12 28:02.18 S.N.モーエン NOR 27:24.78
13 28:05.73 L.コリル USA 27:20.18
14 28:15.43 S.ブシキ BEL 27:41.20
15 28:16.74 A.キフレ ERI 27:09.92
16 28:21.92 R.クイゼラ BDI
17 28:31.49 A.K.マンデ UGA 27:22.89
18 29:11.50 O.ヌジクウィクンダ BDI 28:09.98
途中棄権 H.チャニ BRN 27:38.16
途中棄権 T.ディクンエナヨ BDI
途中棄権 J.ワンダース SUI 27:17.29

 

女子10000m

※日時は日本時間
決 勝/9月29日(日) 3:10

【世界記録】
29:17.45(2016.8)
アルマズ・アヤナ/エチオピア

【日本記録】
30:48.89(2002.5)
渋井陽子/三井住友海上

タイム 選手名 国名 自己ベスト
1 30:17.62 S.ハッサン NED 31:18.12
2 30:21.23 T.ゲメチュ ETH 30:37.89
3 30:25.20 A.チロップ KEN 31:03.50
4 30:35.75 R.ワンジル モニカ KEN 31:11.79
5 30:35.82 H.オビリ KEN 31:25.38
6 30:44.23 S.テフェリ ETH 30:40.59
7 31:05.40 S.クルミンス NED 31:20.24
8 31:05.71 M.ホール USA 31:37.45
9 31:07.24 M.ハドル USA 30:13.17
10 31:12.56 E.シッソン USA 30:49.57
11 31:12.99 新谷仁美 JPN 30:56.70
12 31:13.21 C.ブスコンブ NZL 31:33.04
13 31:18.89 E.パシュリー AUS 31:43.51
14 31:25.49 S.ディバー AUS 31:50.98
15 31:44.79 S.トウェル GBR 31:08.13
16 32:15.20 S.ケサン UGA 31:38.70
17 32:31.19 N.ウォダク CAN 31:41.59
18 32:41.93 R.チェベト UGA 32:42.36
19 32:53.46 山ノ内みなみ JPN 31:16.48
20 33:28.18 J.チェクウェル UGA 31:37.99
途中棄権 N.グデタ ETH 30:36.75
途中棄権 A.レー GER 31:19.87

シハン・ハッサン選手がオランダ勢として、この種目初めての金メダルを獲得しました。6年ぶりに復帰した新谷仁美選手は入賞ラインでレースを進めましたが、終盤に落として11位フィニッシュとなりました。

 

スポンサーリンク

 

日本代表選手一覧

ここでは、世界陸上2019の中・長距離走に出場する日本代表選手をご紹介します。なお、鍋島莉奈選手(日本郵政グループ)が女子5000m、10000mに出場を予定していましたが、右脛骨疲労骨折のため欠場。

※年齢は大会開催時

<女子5000m/日本代表選手>

木村きむら友香ともか

年 齢/24歳 身 長/154cm
出身地/静岡県 出身校/筑紫女学園高校
所 属/資生堂

5000m自己ベスト/15:12:47(2017.12)
世界陸上/初出場

田中たなか希実のぞみ

年 齢/20歳 身 長/153cm
出身地/兵庫県 出身校/西脇工高校
所 属/豊田織機TC

5000m自己ベスト/15:15:80(2018.10)
世界陸上/初出場

 

<女子10000m/日本代表選手>

新谷にいや仁美ひとみ

年 齢/31歳 身 長/166cm
出身地/岡山県 出身校/興譲館高校
所 属/NIKE TOKYO TC

10000m自己ベスト/30:56:70(2013.8)
世界陸上/3大会ぶり2回目

主な代表歴と成績

・オリンピック
’12ロンドン
5000m 予選(全体18位・15:10.20)
10000m 9位(30:59.19)

・世界陸上
’13モスクワ/10000m 5位入賞(30:56.70)

山ノ内やまのうちみなみ 

年 齢/26歳 身 長/171cm
出身地/福島県 出身校/郡山萌世高校
所 属/京セラ

10000m自己ベスト/31:16:48(2018.12)
世界陸上/3大会ぶり2回目

主な代表歴と成績

・アジア大会
’18ジャカルタ
5000m 6位(15:52.48)

 

競技日程&テレビ放送

競技日程
テレビ放送

2019年世界陸上は、TBS系列にて生中継、BS-TBSでは連日ハイライトが放送されます。ここでは、TBS系列・生中継の放送日程をご紹介します。ただし、放送される種目について、詳細が判明していないので該当種目が放送されるかは不確定です。

※上記競技日程とテレビ放送日程を照らし合わせてご覧ください。なお、該当する日程については太字で表記しています。

地上波TBS系列放送日程 ※全て生中継
9月27日(金) よる10時〜深夜3時30分
9月28日(土) 早朝5時30分〜9時25分
よる11時48分〜翌あさ9時54分
※女子10000m
9月29日(日) よる11時〜翌 あさ5時55分
9月30日(月) よる10時〜翌 あさ5時25分
※女子800m、男子5000m
10月1日(火) よる10時〜翌 あさ5時25分
※男子800m
10月2日(水) よる10時〜翌 あさ5時55分
10月3日(木) よる10時〜翌 あさ7時
10月4日(金) よる11時30分〜翌 あさ7時30分
10月5日(土) 深夜0時〜翌 あさ8時30分
※女子1500m、女子5000m
10月6日(日) 深夜0時〜翌 あさ4時
※男子1500m、男子10000m

 

【参考】2017年世界陸上結果(中・長距離)

ここでは、2017年世界陸上・男子/女子の「800m」「1500m」「5000m」「10000m」の決勝の結果をご紹介します。

※入賞8位までを掲載

800m

男子800m

1位/1:44.67 P.ボス(FRA)
2位/1:44.95 A.クチョット(POL)
3位/1:45.21 K.ベット(KEN)
4位/1:45.25 K.ラングフォード(GBR)
5位/1:45.83 N.アモス(BOT)
6位/1:46.06 M.アマン(ETH)
7位/1:46.30 T.アンドレ(BRA)
8位/1:47.09 B.マクブライド(CAN)

女子800m

1位/1:55.16 C.セメンヤ(RSA)
2位/1:55.92 F.ニヨンサバ(BDI)
3位/1:56.65 A.ウィルソン(USA)
4位/1:57.54 M.N.ワンブイ(KEN)
5位/1:57.68 M.ビショップ(CAN)
6位/1:58.41 A.チチョカ(POL)
7位/1:58.73 C.リプシー(USA)
8位/1:58.98 L.シャープ(GBR)

 

1500m

男子1500m

1位/3:33.61 E.M.マナンゴイ(KEN)
2位/3:33.99 T.チェルイヨト(KEN)
3位/3:34.53 F.インゲブリクセン(NOR)
4位/3:34.71 A.ミチャール(ESP)
5位/3:34.89 J.ホルサ(CZE)
6位/3:35.81 S.ミコウ(BRN)
7位/3:36.02 M.レバンドフスキ(POL)
8位/3:36.82 N.ウィリス(NZL)

女子1500m

1位/4:02.59 F.C.キピエゴン(KEN)
2位/4:02.76 J.シンプソン(USA)
3位/4:02.90 C.セメンヤ(RSA)
4位/4:02.97 L.ミューア(GBR)
5位/4:03.34 S.ハッサン(NED)
6位/4:04.11 L.ウェイトマン(GBR)
7位/4:04.16 A.チチョカ(POL)
8位/4:04.35 R.アラフィ(MAR)

 

5000m

男子5000m

1位/13:32.79 M.エドリス(ETH)
2位/13:33.22 M.ファラー(GBR)
3位/13:33.30 P.K.チェリモ(USA)
4位/13:33.51 Y.ケジェルチャ(ETH)
5位/13:35.34 S.バレガ(ETH)
6位/13:35.43 M.アハメド(CAN)
7位/13:36.91 A.キフレ(ERI)
8位/13:38.73 A.ブッチャート(GBR)

女子5000m

1位/14:34.86 H.O.オビリ(KEN)
2位/14:40.35 A.アヤナ(ETH)
3位/14:42.73 S.ハッサン(NED)
4位/14:47.45 S.テフェリ(ETH)
5位/14:48.74 M.C.キプケンボイ(KEN)
6位/14:52.07 L.ミューア(GBR)
7位/14:54.05 S.C.キプロティッチ(KEN)
8位/14:58.33 S.クルミンズ(NED)

【日本勢の結果】
鍋島莉奈 /予選全体18位 ※予選敗退
鈴木亜由子/予選全体26位 ※予選敗退

 

10000m

男子10000m

1位/26:49.51 M.ファラー(GBR)
2位/26:49.94 J.K.チェプテゲイ(UGA)
3位/26:50.60 P.タヌイ(KEN)
4位/26:52.12 B.カロキ(KEN)
5位/26:56.11 J.イマー(ETH)
6位/26:57.77 G.K.カムウォロレ(KEN)
7位/26:59.19 A.ハディス(ETH)
8位/27:02.35 M.アーメド(CAN)

女子10000m

1位/30:16.32 A.アヤナ(ETH)
2位/31:02.69 T.ディババ(ETH)
3位/31:03.50 A.ティロップ(KEN)
4位/31:11.86 A.ナウォウナ(KEN)
5位/31:20.24 S.クルミンス(NED)
6位/31:20.45 E.インフェルド(USA)
7位/31:21.11 I.チェプタイ(KEN)
8位/31:24.78 M.ハドル(USA)

【日本勢の結果】
10位/31:27.30 鈴木亜由子
19位/31:59.54 松田瑞生
24位/32:31.58 上原美幸

 

スポンサーリンク