全国高校駅伝2019【予選会/男子結果】東海地区と第68回東海高校駅伝

師走の京都を舞台に開催される全国高校駅伝が、2019年12月22日(日)に開催。その代表校を決める予選会が各都道府県で行われます。

男子は第70回大会と節目の年となり、それを記念して出場校は地区代表校(11校)が加わります。第68回東海高校駅伝において、県予選で優勝した高校を除く上位入賞校1校が東海地区代表校に決定。どの高校が都大路への切符を手にするのかにも注目です。

ここでは、2019年全国高校駅伝・東海地区の男子予選会と、静岡県袋井市で行われる第68回東海高校駅伝の日程や結果などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

全国高校駅伝関連リンク

▼2019年全国高校駅伝結果
【男子結果】  /  【女子結果】
▼2019年高校駅伝予選会の結果まとめ
北海道・東北
【男子】 / 【女子】
関東
【男子】 / 【女子】
北信越
【男子】 / 【女子】
東海
【男子】 / 【女子】
近畿
【男子】 / 【女子】
中国
【男子】 / 【女子】
四国
【男子】 / 【女子】
九州
【男子】 / 【女子】

 

静岡県/予選会結果

2019年静岡県予選会結果

【日時】2019年11月3日(日)
【会場】静岡県袋井市・小笠山エコパ

1位/島田  (2:13:02)
2位/浜松日体(2:13:32)
3位/浜松工 (2:14:35)
※出場45チーム(うち4チームはオープン参加)

島田はレース序盤で出遅れるものの、後続が2つの区間賞を獲得するなど猛追を見せ終盤の6区で浜松日体を逆転。

7年ぶり2回目の優勝を決め、都大路への出場を手にしました。

※公式記録はこちら

<静岡県代表校>

島田/7年ぶり2回目

▼島田の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
26位

島田の全国高校駅伝の最高成績は、初出場となった2012年大会の2時間9分4秒での26位です。

<静岡県代表の全国高校駅伝・最高成績>

静岡県勢の全国高校駅伝の最高順位は浜松商の2位(1993年)。県最高タイムは加藤学園が2015年にマークした2時間05分09秒です。

 

2018年静岡県予選会結果(上位3校)

1位/韮山  (2:11:01)
2位/浜松日体(2:11:42)
3位/島田  (2:12:33)

2018年静岡県代表校(ココをクリック)
<静岡県代表校>

韮山/67年ぶり3回目

韮山が4区で浜松日体を逆転すると、その後はリードを広げフィニッシュ。第1回、第2回大会以来となる都大路への切符を手にしました。

その都大路では1区で14位と幸先のいいスタートを切ると、5区を終わって12位。その後は順位を下げたものの、2時間08分20秒で19位に入る大健闘を見せました。

なお、韮山の全国高校駅伝の最高順位は1950年第1回大会の12位。また、韮山が過去に出場した第1回、第2回大会の全国高校駅伝の距離は32kmだったため、2018年大会の記録が最高タイムとなります。

 

 

愛知県/予選会結果

2019年愛知県予選会結果

【日時】2019年11月10日(日)
【会場】一宮市大野極楽寺公園

1位/豊川   (2:03:48)
2位/名経大高蔵(2:07:33)
3位/愛知   (2:08:51)
※出場76チーム

豊川は6区間で区間賞を獲得するなど、2位以下に大差をつけフィニッシュ。大会新記録となるタイムをマークし、5年連続6回目の優勝を決めました。

※公式記録のリンクはこちら

<愛知県代表校>

豊川/6年連続7回目

▼豊川の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
8位 17位 27位 17位 15位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
優勝

豊川の全国高校駅伝の最高順位は初出場した2012年大会の優勝で、最高タイムも同じく2012年大会でマークした2時間02分55秒です。

<愛知県代表の全国高校駅伝・最高成績>

愛知県の全国高校駅伝の最高成績は、豊川、中京商、中京の優勝。県最高タイムは豊川工が2004年大会でマークした2時間04分49秒です。

 

2018年愛知県予選会結果(上位3校)

1位/豊川   (2:05:49)
2位/愛知   (2:08:07)
3位/名経大高蔵(2:09:45)

2018年愛知県代表校(ココをクリック)
<愛知県代表校>

豊川/5年連続6回目

▼豊川の全国高校駅伝過去10年の成績
’17 ’16 ’15 ’14 ’13
17位 27位 17位 15位
’12 ’11 ’10 ’09 ’08
優勝

愛知県予選会は豊川が2区以降トップを譲らず2時間05分49秒のタイムで5連覇を達成。

全国高校駅伝では2区の栁本選手が5人抜きで順位を上げると、後続も安定した走りを見せ2時間05分19秒で8位に入りました。豊川は初出場で初優勝した2012年大会以来の入賞となりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

岐阜県/予選会結果

2019年岐阜県予選会結果

【日時】 2019年11月3日
【会場】岐阜県庁~羽島市小熊町

1位/中京院中京(2:10:30)
2位/美濃加茂 (2:10:40)
3位/大垣日大 (2:14:27)
※出場29チーム

中京院中京は何度か美濃加茂にリードを詰め寄られましたが、一度もトップを譲らずフィニッシュ。

中京院中京が12年連続39回目の優勝を果たしました。

※公式記録はこちら

<岐阜県代表校>

中京院中京/12年連続39回目

▼中京院中京の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
34位 22位 29位 49位 24位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
12位 16位 17位 36位 18位

中京院中京の全国高校駅伝の最高順位は、中京商時代の優勝(1979年、1980年)。最高タイムは2013年大会の2時間06分35秒です。

<岐阜県代表の全国高校駅伝・最高成績>

岐阜県の全国高校駅伝の最高成績は中京商(中京院中京)の優勝で、県最高タイムは1997年に土岐商がマークした2時間04分43秒です。

 

2018年岐阜県予選会結果(上位3校)

1位/中京院中京(2:10:04)
2位/益田清風 (2:10:53)
3位/美濃加茂 (2:11:42)

2018年岐阜県代表校(ココをクリック)
<岐阜県代表校>

中京院中京/11年連続38回目

▼中京院中京の全国高校駅伝過去10年の成績
’17 ’16 ’15 ’14 ’13
22位 29位 49位 24位 12位
’12 ’11 ’10 ’09 ’08
16位 17位 36位 18位 19位

岐阜県予選会は中京院中京が益田清風に49秒差をつけ11年連続38回目の全国出場を決めました。全国高校駅伝では2時間10分13秒で34位でした。

 

 

三重県/予選会結果

2019年三重県予選会結果

【日時】2019年11月10日(日)
【会場】松坂市・三重高校前~飯南町赤滝バス停

1位/四日市工(2:08:29)
2位/伊賀白鳳(2:09:41)
3位/高田  (2:18:29)
※出場29チーム

県大会15連覇中の伊賀白鳳に四日市工が競り勝ち、16年ぶり17回目の優勝を果たしました。

※公式記録のリンクはこちら

<三重県代表校>

四日市工/16年ぶり17回目

<三重県代表の全国高校駅伝・最高成績>

三重県勢の全国高校駅伝の最高順位は、伊賀白鳳が2012年、2013年大会に収めた3位です。県最高タイムは同じく伊賀白鳳が2013年大会でマークした2時間03分55秒です。

 

2018年三重県予選会結果(上位3校)

1位/伊賀白鳳(2:10:07)
2位/四日市工(2:11:45)
3位/高田  (2:23:36)

2018年三重県代表校(ココをクリック)
<三重県代表校>

伊賀白鳳/15年連続30回目

▼伊賀白鳳の全国高校駅伝過去10年の成績
’17 ’16 ’15 ’14 ’13
24位 5位 28位 10位 3位
’12 ’11 ’10 ’09 ’08
3位 11位 23位 15位 12位

三重県予選会は伊賀白鳳が2位以下に大差をつけ、15連覇で全国への切符を手にしました。全国高校駅伝では前回より順位を上げ、22位の2時間08分41秒でフィニッシュしました。

なお、伊賀白鳳の全国での最高順位は、2012年と2013年の3位。最高タイムは2013年の2時間03分55秒です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2019年記念大会代表校

2019年全国高校駅伝(男子)は節目の70回大会となり、それを記念して出場校の数が増やされます。

第68回東海高校駅伝において、各県の優勝校を除く最上位校が地区代表校として全国への切符を手にします。

今回の東海高校駅伝では、三重県予選会2位だった伊賀白鳳が素晴らしい走りで大会を制し、東海地区代表校として全国大会への出場を決めました。

東海地区代表校

伊賀白鳳/16年連続31回目

▼伊賀白鳳の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
22位 24位 5位 28位 10位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
3位 3位 11位 23位 15位

伊賀白鳳の全国での最高順位は、2012年と2013年の3位。最高タイムは2013年の2時間03分55秒です。

 

 

東海高校駅伝/結果

ここでは、東海地区の高校駅伝頂点を決める東海高校駅伝の結果をご紹介します。

2019年/第68回東海高校駅伝

【日時】2019年11月24日(日)
【会場】静岡県袋井市・小笠山総合運動公園

チーム名 タイム 区間通過順位
1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区
1 伊賀白鳳 三重 2:09:43 1 1 1 1 1 1 1
2 豊川 愛知 2:09:52 5 5 5 3 2 2 2
3 愛知 愛知 2:10:27 3 3 2 2 3 3 3
4 美濃加茂 岐阜 2:12:09 2 2 3 4 4 4 4
5 名経大高蔵 愛知 2:12:34 10 7 6 6 6 5 5
6 浜松商 静岡 2:13:40 4 4 4 5 5 6 6
7 四日市工 三重 2:13:41 9 8 7 11 8 7 7
8 浜松日体 静岡 2:13:42 16 12 12 7 9 8 8
9 藤枝明誠 静岡 2:13:50 18 13 10 9 7 9 9
10 浜松工 静岡 2:14:15 11 10 9 8 11 10 10
11 島田 静岡 2:14:33 15 15 11 10 10 11 11
12 中京大中京 愛知 2:14:49 8 6 8 12 12 12 12
13 中京院中京 岐阜 2:16:50 12 14 16 17 18 18 13
14 豊川工 愛知 2:17:14 13 16 14 16 14 13 14
15 加藤学園 静岡 2:17:25 21 21 20 14 13 15 15

※結果は上位15位までを記載。
※太字は2019年全国高校駅伝出場校
※公式記録はこちら

伊賀白鳳が序盤からトップに立つと、レース後半に猛追を見せた豊川を振り切り接戦をものにしました。

県大会2位だった伊賀白鳳は、東海高校駅伝の優勝により全国高校駅伝記念大会の地区代表校としての出場権を獲得しました。

 

【参考】2018年/第67回東海高校駅伝

【日時】11月25日(日)/午前10時30分
【会場】愛知県・知多運動公園陸上競技場~市道北浜金沢線

順位 チーム タイム
1 愛知 愛知 2:07:59
2 島田 静岡 2:08:40
3 豊川 愛知 2:09:21
4 韮山 静岡 2:10:06
5 四日市工 三重 2:10:08
6 加藤学園 静岡 2:10:48
7 伊賀白鳳 三重 2:10:51
8 浜松日体 静岡 2:10:52
9 浜松商 静岡 2:10:55
10 中京学院中京 岐阜 2:11:30

※結果は上位10位までを記載

東海高校駅伝は、愛知が1度もトップを譲らず2時間07分59秒で3年ぶりの優勝を果たしました。

 

スポンサーリンク