全国高校駅伝2019【予選会/男子結果】北信越地区と第56回北信越高校駅伝

師走の京都を舞台に開催される全国高校駅伝が、2019年12月22日(日)に開催。その代表校を決める予選会が各都道府県で行われます。

男子は第70回大会と節目の年となり、それを記念して出場校は地区代表校(11校)が加わります。第56回北信越高校駅伝において、県予選で優勝した高校を除く上位入賞校1校が北信越地区代表校に決定。どの高校が都大路への切符を手にするのかにも注目です。

ここでは、2019年全国高校駅伝・北信越地区の男子予選会と、長野県大町市で行われる第56回北信越高校駅伝の日程や結果などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

全国高校駅伝関連リンク

▼2019年全国高校駅伝結果
【男子結果】  /  【女子結果】
▼2019年高校駅伝予選会の結果まとめ
北海道・東北
【男子】 / 【女子】
関東
【男子】 / 【女子】
北信越
【男子】 / 【女子】
東海
【男子】 / 【女子】
近畿
【男子】 / 【女子】
中国
【男子】 / 【女子】
四国
【男子】 / 【女子】
九州
【男子】 / 【女子】

 

北信越地区/各県予選会結果

新潟県/予選会結果

2019年新潟県予選会結果(上位3校)

【日時】2019年10月31日(木)
【会場】サン・ビレッジ弥彦前

1位/中越 (2:13:08)
2位/十日町(2:15:52)
3位/三条 (2:15:58)
※出場30チーム

前回大会は開志国際に連覇を阻止された中越でしたが、今回は2区でトップに立つとリードを広げ、2位に2分以上の差をつけてフィニッシュ。

中越が新潟県の頂点に返り咲き、15回目の優勝を飾りました。

※公式記録はこちら

<新潟県代表校>

中越/2年ぶり15回目

▼中越の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
29位 31位 48位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
36位 36位 34位

中越の全国高校駅伝の最高順位は2017年大会の29位、最高タイムは2003年大会の2時間8分57秒です。

<新潟県代表の全国高校駅伝・最高成績>

新潟県勢の全国高校駅伝の最高順位は1987年大会で十日町が残した15位で、県最高タイムは2003年大会で中越がマークした2時間8分57秒です。

 

【参考】2018年新潟県予選会結果(上位3校)

1位/開志国際(2:15:47)
2位/中越  (2:16:34)
3位/三条  (2:19:05)

2018年新潟県代表校(ココをクリック)
<新潟県代表校>

開志国際/初出場

新潟県予選会は前回4位だった開志国際が2区でトップにたつと、3連覇中の中越を振り切り初優勝。全国高校駅伝では、初出場ながら新潟県の最高タイムを更新する2時間08分50秒で24位と健闘しました。

 

 

長野県/予選会結果

2019年長野県予選会結果(上位3校)

【日時】2019年11月3日(日)
【会場】大町市運動公園陸上競技場

1位/佐久長聖(2:05:17)
2位/上伊那農(2:15:21)
3位/上田西 (2:16:33)
※出場21チーム

佐久長聖が1区からトップに立つと、早々と独走態勢を築き全区間で区間賞を獲得。

2位以下に10分以上の大差をつけ、歴代2位となるタイムで22連覇を達成しました。

※公式記録はこちら

<長野県代表校>

佐久長聖/22年連続22回目

▼佐久長聖の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
5位 優勝 2位 4位 2位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
5位 10位 21位 7位 4位

佐久長聖の全国高校駅伝での最高成績は2008年と2017年の優勝。最高タイムは2008年の2時間02分18秒です。

<長野県代表の全国高校駅伝・最高成績>

長野県勢の全国高校駅伝の最高成績は、佐久長聖の最高成績となります。

 

【参考】2018年長野県予選会結果(上位3校)

1位/佐久長聖(2:09:03)
2位/長野日大(2:15:47)
3位/上田西 (2:15:55)

2018年長野県代表校(ココをクリック)

佐久長聖/21年連続21回目

長野県予選会では佐久長聖が圧倒的な強さを見せ、初優勝からの優勝回数を「21」に伸ばしました。また、北信越高校駅伝でも強さを見せ、この大会でも21連覇を達成しました。

連覇を狙った全国高校駅伝では一時トップに躍り出ましたが、途中で失速すると終盤でもなかなか順位を上げることができず、2時間03分54秒で5位という結果でした。

しかし、連覇は逃したものの6年連続で入賞を果たしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

富山県/予選会結果

2019年富山県予選会結果(上位3校)

【日時】2019年11月3日(日)
【会場】黒部市駅伝コース

1位/富山商 (2:10:35)
2位/高岡向陵(2:13:08)
3位/高岡商 (2:16:49)
※出場13チーム

3区で高岡向陵に逆転した富山商が、3つの区間新記録を含む6区間で区間賞を獲得し優勝。3年ぶり23回目の優勝を飾りました。

※公式記録はこちら

<富山県代表校>

富山商/3年ぶり23回目

▼富山商の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
36位 18位 38位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
39位 29位 26位 32位 46位

富山商の全国高校駅伝の最高順位と最高タイムは、2015年大会の2時間5分57秒の18位です。

<富山県代表の全国高校駅伝・最高成績>

富山県勢の全国高校駅伝の最高成績は、富山商の最高成績となります。

 

【参考】2018年富山県予選会結果(上位3校)

1位/高岡向陵(2:13:19)
2位/富山商 (2:15:25)
3位/高岡商 (2:16:35)

2018年富山県代表校(ココをクリック)
<富山県代表校>

高岡向陵/2年連続19回目

▼高岡向陵の全国高校駅伝過去10年の成績
’17 ’16 ’15 ’14 ’13
42位
’12 ’11 ’10 ’09 ’08

富山県予選会は高岡向陵が2年連続19回目の優勝を果たし、都大路への切符を手にしました。

前回、14年ぶりに出場した全国高校駅伝では42位にとどまりましたが、2018年大会は2時間10分51秒で37位と前年を上回る結果を残しました。

なお、高岡向陵の全国高校駅伝の最高成績は、1995年大会の2時間10分14秒の29位です。

 

 

石川県/予選会結果

2019年石川県予選会結果(上位3校)

【日時】2019年11月4日(月・振)
【会場】こまつドームマラソンコース

1位/遊学館(2:09:10)
2位/小松工(2:22:36)
3位/星稜 (2:23:06)
※出場17チーム(うち3チームがオープン参加)

遊学館が全区間区間賞で、11年連続12回目の優勝を飾りました。

※公式記録のリンクはこちら

<石川県代表校>

遊学館/11年連続12回目

▼遊学館の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
17位 32位 34位 51位 29位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
41位 46位 40位 17位 36位

遊学館の全国高校駅伝の最高順位と最高タイムは、2018年大会の2時間07分43秒での17位です。

<石川県代表の全国高校駅伝・最高成績>

石川県勢の全国高校駅伝の最高順位は金沢桜丘の16位(1968年)。最高タイムは遊学館が2018年大会でマークした2時間07分43秒です。

 

【参考】2018年石川県予選会結果(上位3校)

1位/遊学館 (2:08:06)
2位/星稜  (2:20:58)
3位/金沢龍谷(2:21:20)

2018年石川県代表校(ココをクリック)
<石川県代表校>

遊学館/10年連続11回目

▼遊学館の全国高校駅伝過去10年の成績
’17 ’16 ’15 ’14 ’13
32位 34位 51位 29位 41位
’12 ’11 ’10 ’09 ’08
46位 40位 17位 36位

石川県予選会は遊学館が2位以下を大きく突き放し10連覇を達成。また、第55回北信越高校駅伝では佐久長聖に次ぐ2位に入りました。

全国高校駅伝では2時間07分43秒で17位の成績を残し、順位は学校タイ、タイムは学校記録と県記録を更新しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

福井県/予選会結果

2019年福井県予選会結果(上位3校)

【日時】2019年11月3日(日)10時40分
【会場】鯖江つつじハーフマラソンコース

1位/敦賀気比(2:09:17)
2位/美方  (2:10:55)
3位/鯖江  (2:17:55)
※出場12チーム

県大会連覇中の美方を敦賀気比が、レース中盤で逆転すると、そのままリードを広げ初優勝を果たしました。

敦賀気比は初めての全国大会への切符を手にしました。

※公式記録のリンクはこちら

<福井県代表校>

敦賀気比/初出場

<福井県代表の全国高校駅伝・最高順位>

福井県の全国高校駅伝の最高成績は鯖江が2008年大会で残した2時間07分16秒、17位です。

 

【参考】2018年県予選会結果(上位3校)

1位/美方  (2:09:29)
2位/敦賀気比(2:11:53)
3位/鯖江  (2:12:45)

2018年福井県代表校(ココをクリック)
<福井県代表校>

美方/4年連続29回目

▼美方の全国高校駅伝過去10年の成績
’17 ’16 ’15 ’14 ’13
31位 44位 52位
’12 ’11 ’10 ’09 ’08
42位 42位

福井県予選会は美方がコース記録にあと7秒と迫るタイムで優勝。4年連続29回目の都大路への切符を手にしました。全国高校駅伝は2時間10分44秒で36位でした。

なお、美方の全国高校駅伝の最高成績は1997年大会で残した2時間08分50秒の18位です。

 

 

2019年記念大会代表校

2019年全国高校駅伝(男子)は節目の70回大会となり、それを記念して出場校の数が増やされます。

第56回北信越高校駅伝において、各県の優勝校を除く最上位校が地区代表校として全国への切符を手にします。

今回の北信越高校駅伝では、福井県予選会2位だった美方が3位で最上位校となり、北信越地区代表として全国出場を決めました。

北信越地区代表校

美方/5年連続30回目

▼美方の全国高校駅伝過去10年の成績
’18 ’17 ’16 ’15 ’14
36位 31位 44位 52位
’13 ’12 ’11 ’10 ’09
42位 42位

美方の全国高校駅伝の最高成績は、1997年大会で残した2時間08分50秒の18位です。

 

 

北信越高校駅伝/結果

ここでは、北信越地区の高校駅伝頂点を決める男子の北信越高校駅伝の結果をご紹介します。

2019年/第56回北信越高校駅伝

【日時】2019年11月24日(日)
【会場】長野県・大町市運動公園陸上競技場

チーム名 タイム 区間通過順位
1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区
1 佐久長聖 長野 2:06:29 1 1 1 1 1 1 1
2 富山商業 富山 2:11:05 6 3 4 4 2 2 2
3 美方 福井 2:11:10 7 4 2 3 3 4 3
4 敦賀気比 福井 2:11:23 12 10 7 5 5 5 4
5 遊学館 石川 2:11:28 8 8 3 2 4 3 5
6 中越 新潟 2:12:42 5 5 6 6 6 6 6
7 高岡向陵 富山 2:13:48 2 5 7 7 7 7 7
8 上田西 長野 2:15:10 9 9 8 8 8 8 8
9 十日町 新潟 2:15:56 11 11 12 10 10 10 9
10 上伊那農業 長野 2:16:30 4 6 10 9 9 9 10
11 高岡商業 富山 2:18:31 10 12 11 11 11 11 11
12 三条 新潟 2:18:55 14 14 14 14 13 13 12
13 鯖江 福井 2:19:18 3 6 9 12 12 12 13
14 星稜 石川 2:22:37 13 13 13 13 14 14 14
15 小松工業 石川 2:24:42 15 15 15 15 15 15 15

※太字は2019年全国高校駅伝出場校
※公式記録はこちら

佐久長聖が1区からトップに立つと、安定した走りでリードを大きく広げフィニッシュ。全区間区間賞の走りで22年連続22回目の優勝を飾りました。

また、各県の予選会の優勝校を除き最上位になった美方は、記念大会となる全国高校駅伝の北陸地区代表校に決定しました。

 

2018年/第55回北信越高校駅伝

【日時】11月18日(日)/午後12時00分
【会場】富山県・黒部市駅伝コース

順位 チーム タイム
1 佐久長聖 長野 2:06:11
2 遊学館 石川 2:09:45
3 開志国際 新潟 2:09:53
4 中越 新潟 2:10:32
5 鯖江 福井 2:11:22
6 敦賀気比 福井 2:11:40
7 三条 新潟 2:12:02
8 高岡向陵 富山 2:13:21
9 長野日大 長野 2:14:32
10 富山商 富山 2:14:47

※結果は上位10位までを記載

佐久長聖は、1度もトップを譲らない走りで本大会21連覇を達成。全国高校駅伝連覇に弾みをつけました。

 

スポンサーリンク