東京オリンピック(東京五輪)/メダル獲得数ランキング!!日本代表選手は何個取った?

2021年7月23日から開幕予定の東京オリンピック(以下、東京五輪)。コロナ禍におけるビッグイベントが開催されるのか注目が集まっています。

東京五輪について振り返ってみると、新国立競技場のデザインやら五輪エンブレムやら競技会場やらずっと揉めてきただけあって、最後の最後まで大悶着ありそうな感じがします。

ただ、開催した場合、東京五輪に出場した選手たちにはやるからには全力を尽くしてメダルを目指し、自身の記録を超える活躍をしてほしいですね。

さて、ここでは東京五輪でメダルを獲得した日本選手と国別のメダル獲得数をランキング形式でご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

東京五輪2020 国別メダル獲得数

2016年に行われたリオ大会では、日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個の計41個を獲得しました。この数は日本の五輪の歴史のなかで過去最多となりました。

ここでは、国別のメダル獲得数をランキング形式でご紹介します。

※かっこ内の数字は前回のリオ大会のメダル獲得数です。

国・地域合計
1アメリカ(46)(37)(38)(121)
2イギリス(27)(23)(17)(67)
3中国(26)(18)(26)(70)
4ロシア(19)(17)(20)(56)
5ドイツ(17)(10)(15)(42)
6日本(12)(8)(21)(41)
7フランス(10)(18)(14)(42)
8韓国(9)(3)(9)(21)
9イタリア(8)(12)(8)(28)
10オーストラリア(8)(11)(10)(29)

 

東京五輪2020 日本代表メダリスト

前回のリオ大会で日本代表は過去最多となる41個のメダルを獲得しました。特に男子柔道は7階級全てでメダルを獲得するなど、男女合わせて過去最多となる12個のメダルを獲得しました。

また、バドミントンの女子ダブルスで日本初の金メダルが、卓球男子でも水谷隼選手が日本史上初のメダル獲得しました。

東京五輪のメダルはいくつになり、どの競技で初物が飛び出すのか注目です。

【参考】リオ大会メダル獲得者

金メダル
選手名競技種目
登坂絵莉レスリング女子フリー48kg級
伊調馨レスリング女子フリー58kg級
土性沙羅レスリング女子フリー69kg級
川井梨紗子レスリング女子フリー63kg級
大野将平柔道男子73kg級
ベイカー茉秋柔道男子90kg級
田知本遥柔道女子70kg級
萩野公介競泳男子400m個人メドレー
金藤理絵競泳女子200m平泳ぎ
内村航平
加藤凌平
田中佑典
山室光史
白井健三
体操男子団体
内村航平体操男子個人総合
高橋礼華
松友美佐紀
バドミントン女子ダブルス
銀メダル
選手名競技種目
太田忍レスリング男子グレコ59kg級
吉田沙保里レスリング女子フリー53kg級
樋口黎レスリング男子フリー57kg級
坂井聖人競泳男子200mバタフライ
萩野公介競泳男子200m個人メドレー
原沢久喜柔道男子100kg超級
水谷隼
丹羽孝希
吉村真晴
卓球男子団体
山縣亮太
飯塚翔太
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
陸上競技男子4×100mリレー
銅メダル
選手名競技種目
高藤直寿柔道男子60kg級
海老沼匡柔道男子66kg級
永瀬貴規柔道男子81kg級
羽賀龍之介柔道男子100kg級
近藤亜美柔道女子48kg級
中村美里柔道女子52kg級
松本薫柔道女子57kg級
山部佳苗柔道女子78kg超級
瀬戸大也競泳男子400m個人メドレー
星奈津美競泳女子200mバタフライ
萩野公介
江原騎士
小堀勇氣
松田丈志
競泳男子4×200mフリーリレー
水谷隼卓球男子シングルス
福原愛
石川佳純
伊藤美誠
卓球女子団体
乾友紀子
三井梨紗子
シンクロデュエット
乾友紀子
三井梨紗子
吉田胡桃
中村麻衣
丸茂圭衣
中牧佳南
林愛子
箱山愛香
小俣夏乃
シンクロチーム
錦織圭テニス男子シングルス
白井健三体操男子種目別跳馬
奥原希望バドミントン女子シングルス
羽根田卓也カヌー男子スラローム
荒井広宙陸上競技男子50km競歩
三宅宏実重量挙げ女子48kg級

出典:2016年リオデジャネイロオリンピックの日本選手団(Wikipedia)