世界リレー2019【結果】日程&日本代表選手一覧とテレビ放送予定

2019年5月11日から2日間、神奈川県の横浜国際総合競技場で第4回世界リレーが開催されます。本大会は陸上競技のリレー種目に特化した大会で全9種目が行われます。

五輪や世界選手権の目玉種目である4×100mリレーをはじめ、新たに混合4×400mリレーとシャトルハードルリレー2種目が追加。日本代表はフルエントリーを予定しているので、新種目を含めどんなレースになるのか楽しみです。

ちなみに、世界リレー2019の各種目の上位10ヵ国、あるいは12ヵ国にはドーハ世界選手権の出場権が与えられます。世界選手権、東京五輪などのメダル争いを占ううえでも注目の大会となりそうです。

さて、ここでは世界リレー2019・横浜大会の大会日程や結果、日本代表選手一覧とテレビ放送予定などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

世界リレー2019/メダル&日本代表成績まとめ

ここでは、世界リレー2019の全種目のメダル獲得チームと日本代表の成績をご紹介します。

メダル獲得チームまとめ

 

日本代表成績

男子

男子4×100mリレー
日本/予選敗退(失格)

男子4×200mリレー
日本/決勝5位

男子4×400mリレー
日本/決勝4位

 

女子

女子4×100mリレー
日本/予選敗退(全体13位)

女子4×200mリレー
日本/決勝4位(日本新記録)

女子4×400mリレー
日本/B決勝7位

 

混合

混合4×400mリレー
日本/予選敗退(全体11位)

混合2×2×400mリレー
日本/銅メダル

混合シャトルハードルリレー
日本/銀メダル

 

スポンサーリンク

 

世界リレー2019/大会結果

ここでは、世界リレー2019の各種目結果をご紹介します。

男子4x100mリレー

予選/5月11日(土)21:10~
決勝/5月12日(日)20:52~

▼世界記録
36.84(ジャマイカ)
▼大会記録
37.38(アメリカ)
▼日本記録
37.60(山縣/飯塚/桐生/ケンブリッジ)

予選
予選の結果を開く

▼予選1組
1位/38.11 イギリス(Q)
2位/38.22 ブラジル(Q)
3位/38.51 ジャマイカ(q)
4位/38.66 南アフリカ
5位/38.91 ドイツ
6位/39.05 オーストラリア
7位/39.39 インドネシア
8位/39.76 ベネズエラ
(途中棄権)ポーランド

▼予選2組
1位/38.29 イタリア(Q)
2位/38.46 フランス(Q)
3位/38.47 トルコ(q)
4位/38.67 オランダ
5位/38.77 チェコ
6位/38.82 タイ
7位/38.84 ウクライナ
(失格)ジンバブエ

▼予選3組
1位/38.34 アメリカ(Q)
2位/38.51 中国(Q)
3位/38.76 カナダ
4位/38.89 チャイニーズタイペイ
5位/39.12 ドミニカ共和国
6位/39.59 フィンランド
(失格)日本
(失格)ナイジェリア

<日本代表の走順>
1-多田修平(住友電工)
2-山縣亮太(セイコー)
3-小池祐貴(住友電工)
4-桐生祥秀(日本生命)

日本は快調に先頭を走っていましたが、小池祐貴選手と桐生祥秀選手との間でバトン違反があり失格となりました。

世界選手権の出場権は、今後のレースで世界ランキング上位に入る記録が出せるかどうかに懸かります。

直近の大会で4×100mリレーがあるのは、5月19日のセイコー・ゴールデングランプリ大阪となります。この大会もTBS系列にて生中継される予定です。

2019年5月19日追記

2019年5月19日に行われたゴールデングランプリでは、世界リレーと同じメンバーで男子4×100mに臨んだ日本代表チーム。

不安視されたバトンパスも難なくパスすることができ、アメリカを抑えて優勝。今季の世界最高タイムとなる38秒00をマークしました。

 

決勝

1位/38.05 ブラジル
2位/38.07 アメリカ
3位/38.15 イギリス
4位/38.16 中国
5位/38.31 フランス
6位/38.88 ジャマイカ
7位/39.13 トルコ
(途中棄権)イタリア

 

スポンサーリンク

 

男子4x200mリレー

予選/5月12日(日)18:31~
決勝/5月12日(日)20:23~

▼世界記録
1:18.63(ジャマイカ)
▼大会記録
1:18.63(アメリカ)
▼日本記録
1:22.12(橋元/竹下/愛敬/三原)

予選

▼予選1組
1位/1:19.73 アメリカ(Q)
2位/1:22.40 バハマ(Q)
3位/1:22.56 ケニア(Q)
4位/1:26.96 パプアニューギニア
5位/1:27.22 エクアドル
(失格)フランス
(失格)ジャマイカ

▼予選2組
1位/1:20.64 南アフリカ(Q)
2位/1:21.63 ドイツ(Q)
3位/1:21.70 中国(Q)
4位/1:22.08 ナイジェリア(q)
5位/1:23.15 日本(q)
(途中棄権)ブラジル

<日本代表の走順>
1-宮本大輔(東洋大学)
2-白石黄良々(セレスポ)
3-田村朋也(住友電工)
4-藤光謙司(ゼンリン)

 

決勝

1位/1:20.12 アメリカ
2位/1:20.42 南アフリカ
3位/1:21.26 ドイツ
4位/1:22.55 ケニア
5位/1:22.67 日本
6位/1:22.81 中国
(失格)バハマ
(失格)ナイジェリア

<日本代表の走順>
1-宮本大輔(東洋大学)
2-永田駿斗(住友電工)
3-田村朋也(住友電工)
4-藤光謙司(ゼンリン)

 

スポンサーリンク

 

男子4x400mリレー

予選/5月11日(土)19:40~
B決勝/5月12日(日)19:05~
決勝/5月12日(日)19:37~

▼世界記録
2:54.29(アメリカ)
▼大会記録
2:57.25(アメリカ)
▼日本記録
3:00.76(苅部/伊東/小坂田/大森)

予選
予選の結果を開く

▼予選1組
1位/3:02.06 アメリカ(Q)
2位/3:02.67 ジャマイカ(Q)
3位/3:03.11 イギリス(q)
4位/3:03.53 オーストラリア(q)
5位/3:03.72 チェコ
6位/3:03.97 イタリア

▼予選2組
1位/3:02.55 日本(Q)
2位/3:03.70 ベルギー(Q)
3位/3:04.11 フランス
4位/3:05.55 コロンビア
5位/3:06.03 ドイツ
6位/3:06.05 インド

<日本代表の走順>
1-ウォルシュ ジュリアン(富士通)
2-井本佳伸(東海大学)
3-佐藤拳太郎(富士通)
4-若林康太(駿河台大学)

日本は15年ぶりに世界大会の決勝進出を果たしました♪この結果により、世界選手権2019の出場権獲得を濃厚にしました。

▼予選3組
1位/3:02.49 トリニダード・トバゴ(Q)
2位/3:02.77 南アフリカ(Q)
3位/3:04.30 オランダ
4位/3:04.85 中国
5位/3:04.90 ポーランド
(欠場)バハマ

 

B決勝

1位/3:02.87 イタリア
2位/3:02.99 フランス
3位/3:03.79 チェコ
4位/3:04.85 中国
5位/3:05.15 オランダ
6位/3:05.35 ドイツ
7位/3:05.91 ポーランド
8位/3:07.52 コロンビア

 

決勝

1位/3:00.81 トリニダード・トバゴ
2位/3:01.57 ジャマイカ
3位/3:02.70 ベルギー
4位/3:03.24 日本
5位/3:04.96 イギリス
6位/3:05.32 南アフリカ
7位/3:05.59 オーストラリア
(失格)アメリカ

<日本代表の走順>
1-ウォルシュ ジュリアン(富士通)
2-佐藤拳太郎(富士通)
3-北谷直輝(東海大学)
4-若林康太(駿河台大学)

4位になった日本は世界陸上2019の出場権を獲得♪おめでとうございます。世界陸上での活躍もかなり楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 

女子4x100mリレー

【予選】5月11日(土)20:13~
【決勝】5月12日(日)20:37~

▼世界記録
40.82(アメリカ)
▼大会記録
41.88(アメリカ)
▼日本記録
43.39

予選
予選の結果を開く

▼予選1組
1位/42.51 アメリカ(Q)
2位/43.07 ブラジル(Q)
3位/43.67 トリニダード・トバゴ
4位/44.24 日本
5位/44.55 ウクライナ
(失格)中国
(途中棄権)南アフリカ
(途中棄権)ポーランド

<日本代表の走順>
1-土井杏南(JAL)
2-山田美来(日本体育大学)
3-壹岐いちこ(立命館大学)
4-三宅奈緒香(住友電工)

▼予選2組
1位/43.90 デンマーク(Q)
2位/44.12 ガーナ(Q)
3位/44.24 タイ
4位/45.07 ナイジェリア
(失格)カナダ
(途中棄権)イギリス
(途中棄権)フランス

▼予選3組
1位/43.03 ドイツ(Q)
2位/43.08 ジャマイカ(Q)
3位/43.19 オーストラリア(q)
4位/43.40 イタリア(q)
5位/43.71 カザフスタン
6位/44.02 アイルランド
7位/44.67 チェコ
8位/44.74 エクアドル

 

決勝

1位/43.28 アメリカ
2位/43.29 ジャマイカ
3位/43.68 ドイツ
4位/43.75 ブラジル
5位/44.29 イタリア
6位/44.62 オーストラリア
7位/44.77 ガーナ
8位/45.32 デンマーク

 

女子4x200mリレー

【予選】5月12日(日)18:10~
【決勝】5月12日(日)20:09~

※女子4×200mリレーの予選は中止になりました。

▼世界記録
1:27.46(アメリカ)
▼大会記録
1:29.04(ジャマイカ)
▼日本記録
1:35.36(柴村/千葉/青木/渡辺)

決勝

1位/1:32.16 フランス
2位/1:32.76 中国
3位/1:33.21 ジャマイカ
4位/1:34.57 日本 ※日本記録
5位/1:34.92 ドイツ
6位/1:35.91 エクアドル
7位/1:43.85 パプアニューギニア
(失格)アメリカ
(途中棄権)ケニア

<日本代表の走順>
1-山田美来(日本体育大学)
2-三宅奈緒香(住友電工)
3-兒玉芽生(福岡大学)
4-青野朱李(山梨学院大学)

 

女子4x400mリレー

【予選】5月11日(土)19:05~
【B決勝】5月12日(日)18:52~
【決勝】5月12日(日)19:21~

▼世界記録
3:15.17(ソビエト連邦)
▼大会記録
3:19.39(アメリカ)
▼日本記録
3:28.91

予選
予選の結果を開く

▼予選1組
1位/3:28.05 ポーランド(Q)
2位/3:28.31 イギリス(Q)
3位/3:29.15 スイス(q)
4位/3:30.69 ベルギー
5位/3:31.26 ケニア
6位/3:31.34 オーストラリア
7位/3:35.02 ウガンダ

▼予選2組
1位/3:25.72 アメリカ(Q)
2位/3:29.08 イタリア(Q)
3位/3:29.89 フランス
4位/3:30.07 オランダ
5位/3:30.32 ドイツ
6位/3:31.24 チリ
7位/3:31.72 日本

<日本代表の走順>
1-青山聖佳(大阪成蹊AC)
2-松本奈菜子(東邦銀行)
3-武石この実(東邦銀行)
4-岩田優奈(中央大学)

▼予選3組
1位/3:28.75 カナダ(Q)
2位/3:28.80 ジャマイカ(q)
3位/3:31.01 中国(Q)
4位/3:31.93 インド
5位/3:32.10 ナイジェリア
6位/3:38.72 リトアニア
(失格)ウクライナ

 

B決勝

1位/3:29.03 オランダ
2位/3:31.71 ベルギー
3位/3:31.89 ドイツ
4位/3:31.91 中国
5位/3:32.22 オーストラリア
6位/3:33.54 チリ
7位/3:35.12 日本
8位/3:43.01 ケニア

<日本代表の走順>
1-青山聖佳(大阪成蹊AC)
2-松本奈菜子(東邦銀行)
3-武石この実(東邦銀行)
4-岩田優奈(中央大学)

2着以内で世界陸上2019の出場権を獲得できるこのB決勝。日本は7位で出場権を逃すこととなりましたが、世界ランキングでの出場権を目指すこととなります。

 

決勝

1位/3:27.49 ポーランド
2位/3:27.65 アメリカ
3位/3:27.74 イタリア
4位/3:28.21 カナダ
5位/3:28.30 ジャマイカ
6位/3:28.96 イギリス
7位/3:32.32 スイス
8位/3:36.28 フランス

 

スポンサーリンク

 

混合4x400mリレー

【予選】5月11日(土)21:22~
【決勝】5月12日(日)19:53~

予選
予選の結果を開く

▼予選1組
1位/3:18.03 ベルギー(Q)
2位/3:18.26 ブラジル(Q)
3位/3:18.47 ジャマイカ
4位/3:21.80 オーストラリア
5位/3:23.59 インド
(欠場)南アフリカ

▼予選2組
1位/3:16.78 カナダ(Q)
2位/3:16.85 ドイツ(Q)
3位/3:16.90 ケニア(q)
4位/3:20.49 イギリス
5位/3:21.66 中国
6位/3:24.54 カザフスタン

▼予選3組
1位/3:15.46 ポーランド(Q)
2位/3:16.01 アメリカ(Q)
3位/3:16.12 イタリア(q)
4位/3:18.93 フランス
5位/3:19.71 日本
6位/3:38.15 パプアニューギニア

<日本代表の走順>
1-伊東利来也(早稲田大学)
2-青山聖佳(大阪成蹊AC)
3-稲岡真由(RUN JOURNEY)
4-北谷直輝(東海大学)

日本は3組5着で予選敗退となりましたが、タイムは全体の11番目で、上位12チームに与えられる世界選手権の出場権を手にしました♪

 

決勝

1位/3:16.43 アメリカ
2位/3:18.15 カナダ
3位/3:19.43 ケニア
4位/3:20.28 イタリア
5位/3:20.65 ポーランド
6位/3:20.71 ブラジル
7位/3:22.26 ドイツ
8位/3:25.74 ベルギー

 

混合2x2x400mリレー

【決勝】5月11日(土)20:40~

決勝

1位/3:36.92 アメリカ
2位/3:37.61 オーストラリア
3位/3:38.36 日本
4位/3:42.14 ポーランド
5位/3:51.64 ベラルーシ
6位/4:04.73 パプアニューギニア
7位/4:08.80 Athlete Refugee Team※
(失格)ケニア

※Athlete Refugee Team=難民選手団

<日本代表の走順>
1-塩見綾乃(立命館大学)
2-クレイアーロン竜波(相洋高校)

世界リレー新種目で塩見綾乃選手とクレイアーロン竜波選手が見事銅メダルを獲得。

日本勢としては大会初めてのメダル獲得となりました。おめでとうございます♪

 

混合シャトルハードルリレー

【予選】5月11日(土)18:38~
【決勝】5月11日(土)21:55~

予選
予選の結果を開く

▼予選1組
1位/55.47 ジャマイカ(Q)
2位/56.13 日本(q)
3位/56.40 オーストラリア(q)

<日本代表の走順>
1-木村文子(エディオン)
2-高山峻野(ゼンリン)
3-青木益未(七十七銀行)
4-金井大旺(ミズノ)

▼予選2組
1位/55.09 アメリカ(Q)
2位/56.56 フランス
3位/57.54 中国
4位/1:07.32 パプアニューギニア

 

決勝

1位/54.96 アメリカ
2位/55.59 日本
(失格)オーストラリア
(欠場)ジャマイカ

<日本代表の走順>
1-木村文子(エディオン)
2-高山峻野(ゼンリン)
3-青木益未(七十七銀行)
4-金井大旺(ミズノ)

世界リレー新種目の混合シャトルハードルリレー。その新種目で日本はアメリカに次いで2位となり、今大会2個目のメダルを獲得しました。

決勝を映像で見ることができず残念でしたが、代表の皆様メダル獲得おめでとうございます♪

 

スポンサーリンク

 

世界リレー2019/日本代表選手一覧

ここでは世界リレー2019の日本代表選手をご紹介します。各種目合計44名の選手が代表に選出されました。

 

世界リレー2019/放送日程

世界リレー2019のテレビ放送はTBS系列にて連日生中継される予定となっています。

▼5月11日(土)

<CS放送>
BS-TBS/よる7時~

<地上波放送>
TBS系列/よる8時50分~

▼5月12日(日)

<地上波放送>
TBS系列/夕方6時30分~

【補足】
パソコン/スマートフォンで視聴することができる民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」でも無料同時配信が予定されています。

 

世界リレー2019/関連情報

ここでは世界リレー2019に関する情報をご紹介します。

<世界陸上2019の出場権について>

世界リレー2019で一定の成績を残したチームには、カタールの首都ドーハで9月から開幕する世界陸上2019への出場権が与えられます。

世界陸上2019の出場条件と対象種目は以下のとおりです。

▼上位10ヵ国
・男子/女子4×100mリレー
・男子/女子4×400mリレー

▼上位12ヵ国
・混合4×400mリレー

ちなみに、世界陸上2019で上位8ヵ国の成績を残すことができると2020年東京五輪の出場権を得ることができます。

なので、日本代表のリレーチームが世界選手権に出場した場合、東京五輪への出場もかかってくるので世界リレーからリレー日本代表に注目するといいかもしれませんね。

世界陸上2019ドーハ/日程と日本代表選手&全種目一覧!!

2019年9月8日

 

<新種目について>

今回の世界リレー2019では、従来実施されていた男子/女子4×800mリレーがなくなりましたが、新種目として『混合2×2×400mリレー』『混合シャトルハードルリレー』が追加されました。

▼混合2×2×400mリレーについて

『混合2×2×400mリレー』は、中距離を得意とする選手のために作られた種目です。1チーム男子1名、女子1名の計2名が交互に2回ずつ400mを走ります(2人×2回×400mリレー)。走順は各チーム「男子 → 女子」、「女子 → 男子」のいずれかを選ぶことができます。なお、1人が続けて800mを走ることは禁止されています。

この種目では2名の選手が交互に走るとあって、わずかな休憩時間でどこまで体力を戻せるかが勝負のポイントになります。

選手の起用法や前半・後半での走力の配分などチームの戦略性も問われる種目です。

 

▼混合シャトルハードルリレーについて

『混合シャトルハードルリレー』は、男子2名、女子2名のチームで構成され、各選手が110mハードルを走ります。

走順は「女子 → 男子 → 女子 → 男子」と固定されており、隣接した110mのコースを走ります。

この種目の選手交代にはバトンは使用されず、前走者がフィニッシュラインに到達すると同時に次走者がスタートを切り、隣接するレーンを逆向きに走ります。

 

【参考】世界リレー/日本代表戦績

ここでは世界リレーにおける日本代表の過去3大会の戦績をご紹介します。

世界リレー/日本代表戦績

日本チームの最高成績は、第2回大会(2015年)の4×100mリレーにおける銅メダルです。その時のリレーメンバーは、

第1走者/大瀬戸一馬
第2走者/藤光謙司
第3走者/桐生祥秀
第4走者/谷口耕太郎

でした。

 

世界陸上2019ドーハ/日程と日本代表選手&全種目一覧!!

2019年9月8日

アジア大会2018ジャカルタ/陸上トラック競技の日程や結果と日本代表一覧

2018年7月29日

 

スポンサーリンク