世界柔道2019【混合団体】結果速報!日本は3連覇達成なるか?

2019年8月25日から世界柔道選手権大会(世界柔道)が開幕。個人戦14階級と混合団体戦で世界一が争われます。

2017年世界柔道から新設された混合団体戦は、日本チームが2連覇中で、3連覇がかかる混合団体戦は9月1日に実施されます。ちょうどその11か月後の2020年8月1日には東京五輪で混合団体戦が行われます。東京五輪で弾みをつけるためにも、連覇を達成してほしいところですね。

ここでは、世界柔道2019の男女混合団体戦の結果と合わせて、過去2大会の混合団体戦の結果もご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

世界柔道2019/関連リンク

 

男女混合団体戦について

男女混合団体戦のチーム構成とルールについて簡単に解説します。

【チーム構成】
1チーム男子3人、女子3人から編成されます。混合団体戦には個人戦の代表選手も参加し、試合ごとに各階級のエントリー選手が変更される場合があります。

階級は男女各3階級からなり、以下のようになります。

▼男子
73kg以下、90kg以下、90kg超

▼女子
57kg以下、70kg以下、70kg超

国際柔道連盟(IJF)が、2017年6月14日に発表した混合団体のルールをざっくり箇条書きにするとこちら。

【ルール】
・試合は全て4分間

・延長戦は時間無制限

・勝ち方による得点内容は以下の通り
(10点)一本勝ち、不戦勝、相手の棄権
(1点)技ありでの優勢勝ちは1点
(0点)指導差の勝利

・勝利数や得点で決着がつかない場合は無作為に選ばれた階級の選手同士で代表戦を行う

・3-3で並んだ場合は、代表戦で決着をつける

ちなみに、2018年アジア競技大会の混合団体戦の日本と韓国が準々決勝で対戦し、最後の6人目が終わって3-3で並び、日本が内容差で勝利をおさめた試合がありました。

試合終了後、規定を理解していなかった韓国チームが10分以上も畳の上に座り込んで抗議。ちょっとした話題になりました。

世界柔道や五輪では、そんな行為がないことを祈るばかりです。

 

スポンサーリンク

 

世界柔道2019 混合団体戦結果

ここでは、世界柔道2019・東京大会の男女混合団体戦の結果をご紹介します。

結果については情報が分かり次第、追記します。

 

【参考】世界柔道2018 混合団体戦結果

組み合わせトーナメント表

各プール・敗者復活戦の結果

プールA

【2回戦】

オーストリア 1-4 アゼルバイジャン

日本 4-0 モンゴル

日本 階級 モンゴル
大野陽子 10(s2) -70kg 00(s2) N.ツェンドアユシュ
向翔一郎 11 -90kg 00 B.バンディク
素根輝 10 +70kg 00(s1) M.バトゥルガ
小川雄勢 10(s1) +90kg 00(s3) D.ウルジバヤル
玉置桃 -73kg S.ドルジスレン
立川新 -57kg S.ガンバータル

 

【準々決勝】

日本 4-2 アゼルバイジャン

日本 階級 アゼルバイジャン
向翔一郎 00(s1) -90kg 01 M.メディヨフ
朝比奈沙羅 01(s2) +70kg 00 I.キンゼルスカ
小川雄勢 00(s1) +90kg 10 U.コカウリ
玉置桃 10 -57kg 00 I.ムンクステデブ
立川新 01(s1) -73kg 00(s2) R.オルジョフ
大野陽子 10 -70kg 00 G.ハサンリ

 

スポンサーリンク

 

プールB

【1回戦】

ルーマニア 4-1 トルコ

【2回戦】

コリア 4-0 ルーマニア

ウズベキスタン 1-4 オランダ

【準々決勝】

コリア 4-0 オランダ

 

プールC

【1回戦】

中国 1-4 キューバ

【2回戦】

ブラジル 4-3 キューバ

フランス 4-2 ハンガリー

【準々決勝】

ブラジル 2-4 フランス

 

プールD

【1回戦】

ロシア 4-0 カザフスタン

【2回戦】

ドイツ 4-2 ウクライナ

ロシア 4-2 イギリス

【準々決勝】

ドイツ 1-4 ロシア

 

敗者復活戦

アゼルバイジャン 4-2 オランダ

ブラジル 2-4 ドイツ

 

準決勝

日本 4-0 コリア

日本 階級 コリア
素根輝 10(s1) +70kg 00(s1) ハン・ミジン
原沢久喜 10(s1) +90kg 00(s3) キム・ミンジョン
芳田司 10 -57kg 00 キム・ジンア
立川新 01(s1) 73kg 00(s1) アン・ジョンソン
大野陽子 -70kg ウォン・スヨン
向翔一郎 -90kg カク・ドンハン

 

3位決定戦

アゼルバイジャン 1-4 ロシア

ドイツ 0-4 コリア

 

決勝

日本 4-1 フランス

日本 階級 フランス
原沢久喜 01(s1) +90kg 00(s2) C.マレ
芳田司 10 -57kg 00(s1) P.ニエット
立川新 10 -73kg 00(s3) G.シェーヌ
大野陽子 00(s1) -70kg 10 M.ガヒー
向翔一郎 10 -90kg 00 A.クレルジェ
朝比奈沙羅 +70kg A.ムバイロ

柔道世界選手権2018の最終日は、男女混合団体戦で日本が決勝でフランスを4-1で下し、日本が連覇を達成しました!!

準々決勝のアゼルバイジャン戦以外は、安心してみれる試合でした。強い日本の柔道を世界に見せつけてくれました。パチパチ

さて、2020年東京五輪をめどにした日本の柔道の主な大きな大会の予定は以下となります。代表選手の国際大会での活躍も気になりますが、今後は東京五輪の代表候補の争いも楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

【参考】世界柔道2017 混合団体戦の結果

2回戦

日本 5-1 ウクライナ
▼出場選手と結果
○ 宇高 菜絵
○ 中矢 力
○ 新添 左季
● 長澤 憲大
○ 素根 輝
○ 王子谷剛志

 

準々決勝

日本 5-1 ドイツ
▼出場選手と結果
○ 芳田 司
● 中矢 力
○ 新添 左季
○ 長澤 憲大
○ 朝比奈沙羅
○ 原沢 久喜

 

準決勝

日本 5-1 韓国
▼出場選手と結果
○ 芳田 司
○ 橋本 壮市
● 新井 千鶴
○ 長澤 憲大
○ 朝比奈沙羅
○ 王子谷剛志

 

決勝

日本 6-0 ブラジル
▼出場選手と結果
芳田 司  ○-× ラファエラ・シルバ
橋本 壮市 ○-× マルセロ・コンティニ
新井 千鶴 ○-× マリア・ポルテラ
長澤 憲大 ○-× ビクトル・ペナルベル
朝比奈沙羅 ○-× マリア・アルテマン
王子谷剛志 ○-× ラファエル・シルバ

 

▼柔道関連記事
世界柔道2019 各国のメダル獲得数と日本代表の結果まとめ

世界柔道2019 テレビ放送日程と代表選手一覧

世界柔道2019 男子代表選手の結果

世界柔道2019 女子代表選手の結果

アジア大会2018 柔道日本代表の試合結果