ワールドカップバレー2019/男子全日本代表メンバー一覧とテレビ放送日程は?

2019年10月1日から国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する、男子のFIVBワールドカップバレー2019が開幕。バレー世界3大大会のひとつで4年に一度開催されます。

ワールドカップバレーは、オリンピックの前年に開催されるとあって、オリンピックの結果を占ううえでも重要な大会です。2015年ワールドカップバレーで優勝のアメリカと2位のイタリアが、リオ五輪でメダルを獲得。今大会はどんな結果になるのか楽しみです。

一方、全日本男子は2018年世界バレーで1次リーグ敗退という残念な結果でした。あれから約1年。どれだけ力をつけ、どう東京五輪につなげる戦い方をするのか注目したいですね。

それでは、ワールドカップバレー2019男子大会の

・男子全日本代表メンバー一覧

・テレビ放送日程

などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ワールドカップバレー関連リンク

▼W杯バレー2019/全日本メンバー▼
【男子】 【女子】
▼W杯バレー2019/試合結果と順位表▼
【男子】 【女子】

 

ワールドカップバレー2019/概要

開催都市・大会期間

男子大会
2019年10月1日(火) ~ 10月15日(火)
開催都市:福岡、長野、広島

女子大会
2019年9月14日(土) ~ 9月29日(日)
開催都市:横浜、浜松、札幌、富山、大阪

試合方式

男女とも12チームによる1回総当たり戦。順位決定は勝利数が最優先される。勝利数が並んだ場合は、各項目の優劣で順位を決定。

勝ち点>セット率>ポイント率>直接対決の結果
※順位決定は2015年大会のもの。

 

ワールドカップバレー2019/テレビ放送日程

ここでは、ワールドカップバレー2019/男子のテレビ放送日程をご紹介します。地上波テレビ放送はフジテレビ系列での放送が予定されており、男子11試合、女子11試合の計22試合が放送される予定です。

ちなみに、今回のワールドカップバレー2019の大会スペシャルサポーターは『ジャニーズWEST』の7人が就任しました。ジャニーズWESTは2019年9月14日、女子のワールドカップバレー2019の開幕日に試合前のコート上で大会テーマソング「Big Shot!!」を披露する予定だそうです。

男子
日付 時間 対戦カード
10月1日(火) よる7時   日本 × イタリア
10月2日(水) よる7時   日本 × ポーランド
10月4日(金) よる7時   日本 × チュニジア
10月5日(土) よる7時   日本 × アメリカ
10月6日(日) よる7時   日本 × アルゼンチン
10月9日(水) よる7時   日本 × オーストラリア
10月10日(木) よる7時   日本 × ロシア
10月11日(金) よる7時   日本 × エジプト
10月13日(日) よる7時   日本 × イラン
10月14日(月) よる7時   日本 × ブラジル
10月15日(火) よる7時   日本 × カナダ

 

スポンサーリンク

 

ワールドカップバレー2019 出場チーム

ここでは、ワールドカップバレー2019の男子大会に出場するチームとワールドカップの成績などをご紹介します。

【開催国】

日本(14大会連続14回目)
前回大会/6位 最高成績/2位(1969、1977)

 

【世界バレー2018(男子)優勝国】

ポーランド(3大会連続7回目)
前回大会/3位 最高成績/2位(1965、2011)

 

【アジア】

2019年1月1日付のFIVB世界ランキングで、日本を除くアジア上位2チームが出場。

イラン(3大会連続4回目)
前回大会/8位 最高成績/8位(2015)

オーストラリア(2大会連続3回目)
前回大会/9位 最高成績/8位(2007)

 

【アフリカ】

アフリカ選手権の1位・2位チームが出場。

エジプト(5大会連続8回目)
前回大会/10位 最高成績/8位(1985)

チュニジア(2大会連続10回目)
前回大会/12位 最高成績/8位(1981、1991)

 

【ヨーロッパ】

2019年1月1日付のヨーロッパランキング上位2チームが出場。

イタリア(3大会連続8回目)
前回大会/2位 最高成績/優勝(1995)

ロシア(4大会連続5回目)
前回大会/4位 最高成績/優勝(1999、2011)
※ソビエト連邦時代の成績は含まず

 

【南米】

南米予選の1位・2位チームが出場。

ブラジル(2大会ぶり12回目)
前回大会/-位 最高成績/優勝(2003、2007)

アルゼンチン(4大会連続7回目)
前回大会/5位 最高成績/5位(1985、2015)

 

【北中米】

北中米チャンピオンズカップの1位・2位チームが出場。

アメリカ(10大会連続11回目)
前回大会/優勝 最高成績/優勝(1985、2015)

カナダ(2大会連続6回目)
前回大会/7位 最高成績/7位(2003、2015)

 

スポンサーリンク

 

ワールドカップバレー/全日本男子メンバー

ここでは、2019年度の全日本男子代表メンバーをご紹介します。

清水しみず邦広くにひろ/オポジット(#1)
出身/福井県 身長/193cm
所属/パナソニックパンサーズ
出身校/東海大学

藤井ふじい直伸なおのぶ/セッター(#3)
出身/宮城県 身長/183cm
所属/東レアローズ
出身校/順天堂大学

大竹おおたけ壱青いっせい/オポジット(#4)
出身/神奈川県 身長/201cm
所属/パナソニックパンサーズ
出身校/中央大学

福澤ふくざわ達哉たつや/アウトサイドヒッター(#5)
出身/京都府 身長/189cm
所属/パナソニックパンサーズ
出身校/中央大学

山内やまうち晶大あきひろ/ミドルブロッカー(#6)
出身/愛知県 身長/204cm
所属/パナソニックパンサーズ
出身校/愛知学院大学

柳田やなぎだ将洋まさひろ/アウトサイドヒッター(#8)
出身/東京都 身長/186cm
所属/クプルム・ルビン(ポーランド)
出身校/慶応義塾大学
※柳田選手はキャプテンを務めます。

古賀こが太一郎たいちろう/リベロ(#10)
出身/長崎県 身長/170cm
所属/豊田合成トレフェルサ(ザビエルチェ)
出身校/国際武道大学

西田にしだ有志ゆうじ/オポジット(#11)
出身/三重県 身長/186cm
所属/ジェイテクトSTINGS
出身校/海星高校

関田せきた誠大まさひろ/セッター(#12)
出身/東京都 身長/175cm
所属/堺ブレイザーズ
出身校/中央大学

高野たかの直哉なおや/アウトサイドヒッター(#13)
出身/大分県 身長/190cm
所属/堺ブレイザーズ
出身校/東亜大学

石川いしかわ祐希ゆうき/アウトサイドヒッター(#14)
出身/愛知県 身長/191cm
所属/エマ・ビラス・シエナ(イタリア)
出身校/中央大学

はく/ミドルブロッカー(#15)
出身/宮城県 身長/193cm
所属/東レアローズ
出身校/筑波大学

高橋たかはし健太郎けんたろう/ミドルブロッカー(#16)
出身/山形県 身長/201cm
所属/東レアローズ
出身校/筑波大学

久原ひさはらつばさ/アウトサイドヒッター(#17)
出身/兵庫県 身長/188cm
所属/パナソニックパンサーズ
出身校/東海大学

小野寺おのでら太志たいし/ミドルブロッカー(#20)
出身/宮城県 身長/201cm
所属/JTサンダーズ
出身校/東海大学

山本やまもと智大ともひろ/リベロ(#22)
出身/北海道 身長/171cm
所属/堺ブレイザーズ
出身校/日本体育大学

 

ワールドカップバレー 過去大会の結果

ここでは、ワールドカップバレーの過去大会の結果をご紹介します。

優勝 2位 3位 参加数
2015 アメリカ イタリア ポーランド 12
2011 ロシア ポーランド ブラジル 12
2007 ブラジル ロシア ブルガリア 12
2003 ブラジル イタリア セルビア・
モンテネグロ
12
1999 ロシア キューバ イタリア 12
1995 イタリア オランダ ブラジル 12
1991 ソビエト連邦 キューバ アメリカ 12
1989 キューバ イタリア ソビエト連邦 8
1985 アメリカ ソビエト連邦 チェコスロバキア 8
1981 ソビエト連邦 キューバ ブラジル 8
1977 ソビエト連邦 日本 キューバ 12
1969 東ドイツ 日本 ソビエト連邦 12
1965 ソビエト連邦 ポーランド チェコスロバキア 11

 

スポンサーリンク