世界水泳2019結果/背泳ぎ大会日程!!入江陵介と砂間敬太の成績は?

2019年7月12日(金)、第18回世界水泳選手権(世界水泳2019)が韓国の光州で開幕。競泳や水球など6競技で世界一が競われます。

メダルが期待される競泳は大会10日目7月21日(日)から始まり、8日間で42種目が実施されます。

背泳ぎでは入江陵介選手と砂間敬太選手の2名が、男子200m背泳ぎにエントリー。世界大会常連の入江選手と、世界選手権初出場の砂間選手の両名が決勝に残ってくれればと願うところです。

さて、ここでは世界水泳2019・競泳の背泳ぎ(男子/女子)のレース日程や大会結果などをご紹介します。

※韓国と日本の時差はありませんので、日時は全て日本時間となります。

※世界記録・日本記録は2019年4月21日現在のものです。

※参考までに世界水泳の代表選考会となった2019年4月開催の『第95回日本選手権水泳競技大会』の背泳ぎ競技結果も合わせてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

世界水泳2019背泳ぎ/日本代表選手

入江陵介(イトマン東進)
男子100m背泳ぎ、男子200m背泳ぎ

砂間敬太(イトマン東進)
男子200m背泳ぎ

酒井夏海(スウィン美園)
女子50m背泳ぎ、女子100m背泳ぎ

(参考)
入江陵介選手の2017年世界水泳結果
男子100m背泳ぎ/決勝4位(53.03)
男子200m背泳ぎ/決勝4位(1:56.35)
男子400mメドレーリレー/4位

▼世界水泳2019(競泳)各種目の結果
自由形    背泳ぎ    平泳ぎ

バタフライ  個人メドレー  リレー

全種目メダリスト&日本代表結果まとめ

全競技日程&テレビ放送予定一覧

 

世界水泳2019/背泳ぎ結果

ここでは、世界水泳2019・競泳の背泳ぎ各種目の結果をご紹介します。

50m背泳ぎ

男子50m背泳ぎ

<日程>
予 選/7月27日(土)10:00 ~ 13:00
準決勝/7月27日(土)20:00 ~ 22:40
決 勝/7月28日(日)20:00 ~ 22:40

世界記録/24.00(K.コレスニコフ 2018年)
日本記録/24.24(古賀淳也 2009年)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 24.43 Z.ワッデル RSA 5 24.72
2 24.49 E.リロフ RUS 3 24.56
3 24.51 K.コレスニコフ RUS 1 24.35
4 24.53 R.マーフィー USA 4 24.64
5 24.58 M.アンドリュー USA 7 24.76
6 24.64 ジョ カヨ CHN 6 24.73
7 24.67 R.グリンツァ ROU 2 24.53
8 24.75 A.クリストゥ GRE 8 24.86

 

女子50m背泳ぎ

<日程>
予 選/7月24日(水)10:00 ~ 13:00
準決勝/7月24日(水)20:00 ~ 22:40
決 勝/7月25日(木)20:00 ~ 22:30

世界記録/26.98(劉湘 2018年)
日本記録/27.51(寺川綾 2013年)

予選

酒井夏海/28.41(全体20位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 27.33 O.スモリガ USA 5 27.76
2 27.44 E.メデイロス BRA 2 27.69
3 27.51 D.ワスキナ RUS 8 27.79
4 27.65 J.デイビース GBR 3 27.72
5 27.65 K.マッキーオン AUS 4 27.73
6 27.69 K.ベイカー USA 1 27.62
7 27.78 C.ピルハッチ AUT 6 27.77
8 27.85 K.トゥーサン NED 7 27.78

決勝進出者の1位から8位までのタイム差が0.17秒差という女子50m背泳ぎ決勝。この混戦を制したのは、スモリガ選手でした。前回覇者のメデイロス選手は連覇とはなりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

100m背泳ぎ

男子100m背泳ぎ

<日程>
予 選/7月22日(月)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月22日(月)20:00 ~ 22:00
決 勝/7月23日(火)20:00 ~ 22:20

世界記録/51.85(R.マーフィー 2016年)
日本記録/52.24(入江陵介 2009年)

予選

入江陵介/53.38(全体5位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 52.43 ジョ カヨ CHN 1 52.17
2 52.67 E.リロフ RUS 3 52.44
3 52.77 M.ラーキン AUS 5 52.91
4 52.78 R.マーフィー USA 2 52.44
5 52.82 M.グレーバーズ USA 4 52.82
6 53.22 入江陵介 JPN 6 53.13
7 53.26 G.グイド BRA 7 53.23
8 54.22 R.グリンツァ ROU 8 53.40

ジョカヨ選手が連覇を達成。個人種目8年ぶりのメダルを目指した入江陵介選手は前半後れをとり折り返し時点で8位でしたが、後半追い上げ6位でフィニッシュしました。

 

女子100m背泳ぎ

<日程>
予 選/7月22日(月)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月22日(月)20:00 ~ 22:00
決 勝/7月23日(火)20:00 ~ 22:20

世界記録/58.00(K.ベイカー 2018年)
日本記録/58.70(寺川綾 2013年)

予選

酒井夏海/1:00.05(全体10位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 58.60 K.マス CAN 1 58.50
2 58.85 M.アサートン AUS 2 58.60
3 58.91 O.スモリガ USA 6 59.36
4 58.96 T.ラック CAN 3 58.83
5 59.10 K.マッキーオン AUS 5 59.13
6 59.56 K.ベイカー USA 4 59.03
6 59.56 酒井夏海 JPN 8 59.71
8 59.74 D.ワシンカ RUS 7 59.46

カイリー・マス選手が連覇を達成。酒井夏海選手は準決勝よりタイムを伸ばし6位でした。

 

スポンサーリンク

 

200m背泳ぎ

男子200m背泳ぎ

<日程>
予 選/7月25日(木)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月25日(木)20:00 ~ 22:30
決 勝/7月26日(金)20:00 ~ 22:20

世界記録/1:51.92(A.ピアソル 2009年)
日本記録/1:52.51(入江陵介 2009年)

予選

入江陵介/1:57.60(全体7位)
砂間敬太/1:58.40(全体19位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 1:53.40 E.リロフ RUS 1 1:56.48
2 1:54.12 R.マーフィー USA 2 1:56.25
3 1:55.85 L.グリーンバンク GBR 3 1:56.60
4 1:56.37 R.カベツキー POL 7 1:57.24
5 1:56.52 入江陵介 JPN 8 1:57.26
6 1:56.72 J.ペブリー USA 4 1:56.65
7 1:56.86 A.テレブディ HUN 6 1:57.07
8 1:58.50 M.トーマイヤー CAN 5 1:56.96

エフゲニー・リロフ選手がライアン・マーフィー選手から逃げ切り連覇を達成。

9大会連続で決勝進出を決めた入江陵介選手が、前半からメダルを狙う積極的な泳ぎを見せましたが、ラスト50mは伸びきらず5位でフィニッシュしました。

 

女子200m背泳ぎ

<日程>
予 選/7月26日(金)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月26日(金)20:00 ~ 22:20
決 勝/7月27日(土)20:00 ~ 22:40

世界記録/2:04.06(M.フランクリン 2012年)
日本記録/2:07.13(中村礼子 2008年)

予選

酒井夏海/2:10.40(全体12位)

準決勝

酒井夏海/2:10.11(全体11位)

※レーガン・スミス選手が準決勝で世界新記録を樹立。

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 2:03.69 R.スミス USA 1 2:03.34
2 2:06.26 K.マキーオン AUS 6 2:08.19
3 2:06.62 K.マス CAN 2 2:06.57
4 2:06.67 M.パンツィエラ ITA 3 2:06.62
5 2:07.50 T.ラック CAN 7 2:08.42
6 2:08.26 M.アサートン AUS 4 2:07.38
7 2:08.65 K.ブリアーン HUN 8 2:09.40
8 2:10.08 K.ホッスー HUN 5 2:07.48

スミス選手が昨日、自身が記録した世界記録を上回るペースでレースを進め、2位以下を大きく引き離して優勝。

ラスト50mでペースダウンし、世界記録更新とはなりませんでしたが、圧倒的な泳ぎでした。

 

スポンサーリンク

 

【参考】日本選手権2019 背泳ぎ結果

ここでは、参考までに世界水泳の代表選考会となった2019年4月開催の『第95回日本選手権水泳競技大会』背泳ぎの結果をご紹介します。

日本選手権2019 背泳ぎ優勝者まとめ

【50m背泳ぎ】
男子:入江陵介(イトマン東進)
女子:酒井夏海(スウィン美園)

【100m背泳ぎ】
男子:入江陵介(イトマン東進)
女子:酒井夏海(スウィン美園)

【200m背泳ぎ】
男子:入江陵介(イトマン東進)
女子:白井璃緒(東洋大学)

世界水泳2019 背泳ぎ内定者

【男子200m背泳ぎ】
入江陵介(イトマン東進)
砂間敬太(イトマン東進)

【男子400mメドレーリレー】
入江陵介(イトマン東進)

【女子400mメドレーリレー】
酒井夏海(スウィン美園)

※日本選手権2019での内定者は、男子7人、女子3人。個人種目は延べ13人、リレーは延べ11人となります。

 

水泳日本選手権2019 背泳ぎ各種目結果

水泳日本選手権2019/50m背泳ぎ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の50m背泳ぎの日程と結果をご紹介します。

男子50m背泳ぎ

【日本記録】
24秒24(古賀淳也/2009年8月世界選手権)

【国際大会派遣標準記録】
24秒56

男子50m背泳ぎ・決勝結果
1位/24.95 入江陵介(イトマン東進)
2位/25.37 金子雅紀(イトマン東進)
3位/25.63 松山陸(スウィン鷲宮)
4位/25.67 細川公平(東洋大学)
5位/25.67 桜井祐輝(富士通)
6位/25.81 堀田恵路(T.I.S)
7位/25.97 重見和秀(明治大学)
8位/26.03 内藤良太(スウィン大宮)

スタートからの浮き上がり直後、金子雅紀選手がトップを取りますが、残り20m付近で入江陵介選手が前に出ます。入江選手はスピードにのり、後続との差を広げフィニッシュ。

入江選手は日本選手権で初めての3冠を達成しました。

 

女子50m背泳ぎ

【日本記録】
27秒51(寺川綾/2013年4月日本選手権)

【国際大会派遣標準記録】
27秒51

女子50m背泳ぎ・決勝結果
1位/28.18 酒井夏海(スウィン美園)
2位/28.48 竹村幸(イトマン)
3位/28.49 高橋美紀(林テレンプ)
4位/28.51 諸貫瑛美(ミキハウス)
5位/28.84 古林毬菜(神奈川大学)
6位/28.99 小西杏奈(サイサン)
7位/29.06 片桐珠実(東京SC)
8位/29.15 秀野加奈(中京大学)

高校生の酒井夏海選手が、背泳ぎ100mに続き50mでも優勝を果たし2冠を達成。しかし、100m同様、派遣記録を切るには至らず。

最終エントリーの背泳ぎ200mで、3冠と世界水泳の内定に期待がかかります。

 

スポンサーリンク

 

水泳日本選手権2019/100m背泳ぎ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の100m背泳ぎの日程と結果をご紹介します。

男子100m背泳ぎ

【日本記録】
52秒24(入江陵介/2009年9月日本学生選手権)

【国際大会派遣標準記録】
個人種目/53秒36
メドレーリレー/54秒96

男子100m背泳ぎ・決勝結果
1位/53.53 入江陵介(イトマン東進)
2位/54.51 松原颯(ANA)
3位/54.52 金子雅紀(イトマン東進)
4位/55.22 夏目大志(KEIO)
5位/55.24 西村駿弥(福井県スポ協)
6位/55.29 江戸勇馬(八神製作所)
7位/55.32 内藤良太(スウィン大宮)
8位/55.37 中西晟(明治大学)

男子100m背泳ぎは、ベテランの入江陵介選手が制し6年連続8度目の優勝を果たしました。惜しくも派遣記録には届かず内定を逃しましたが、入江選手は400mメドレーリレーでの内定を確定させました。

 

女子100m背泳ぎ

【日本記録】
58秒70(寺川綾/2013年8月世界選手権)

【国際大会派遣標準記録】
個人種目/59秒68
メドレーリレー/1分00秒59

女子100m背泳ぎ・決勝結果
1位/59.98  酒井夏海(スウィン美園)
2位/1:00.66 諸貫瑛美(ミキハウス)
3位/1:00.80 古林毬菜(神奈川大学)
4位/1:00.85 小西杏奈(サイサン)
5位/1:00.99 赤瀬紗也香(ANAAS)
6位/1:01.54 高橋美紀(林テレンプ)
7位/1:01.85 竹村幸(イトマン)
8位/1:01.98 湯原利佳(セントラルスポーツ)

女子100m背泳ぎは、高校生の酒井夏海選手が3年ぶり2度目の優勝を飾りました。0.3秒と惜しくも派遣記録には届きませんでしたが、400mメドレーリレーでの代表に内定しました。

 

スポンサーリンク

 

水泳日本選手権2019/200m背泳ぎ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の200m背泳ぎの日程と結果をご紹介します。

男子200m背泳ぎ

【日本記録】
1分52秒51(入江陵介/2009年7月世界選手権)

【国際大会派遣標準記録】
1分56秒27

男子200m背泳ぎ・決勝結果
1位/1:55.79 入江陵介(イトマン東進)
2位/1:56.06 砂間敬太(イトマン東進)
3位/1:57.58 松原颯(ANA)
4位/1:59.24 江戸勇馬(八神製作所)
5位/1:59.26 内藤良太(スウィン大宮)
6位/2:00.04 井野竜佳(近畿大学)
7位/2:00.96 丸山優稀(早稲田大学)
8位/2:01.94 山崎貴大(自衛隊体育学校)

他種目を回避しこの種目にかけてきた砂間敬太選手が序盤から積極的な泳ぎでレースを引っ張る展開になり、入江陵介選手が2番手につきます。

残り25mで入江選手が砂間選手をかわし逆転。日本選手権連覇を達成しました。

入江、砂間両選手が派遣記録を突破し、世界水泳代表に内定しました。

 

女子200m背泳ぎ

【日本記録】
2分07秒13(中村礼子/2008年8月北京五輪)

【国際大会派遣標準記録】
2分08秒76

女子200m背泳ぎ・決勝結果
1位/2:09:58 白井璃緒(東洋大学)
2位/2:10.22 酒井夏海(スウィン美園)
3位/2:10.50 小西杏奈(サイサン)
4位/2:10.51 古林毬菜(神奈川大学)
5位/2:11.21 湯原利佳(セントラルスポーツ)
6位/2:11.97 赤瀬紗也香(ANAエアポートサービス)
7位/2:12.79 又木愛紗(日本体育大学)
8位/2:15.89 高橋美紀(林テレンプ)

白井璃緒選手と酒井夏海選手との優勝争いが予想された200m背泳ぎ決勝。

レースは150mの折り返しまで酒井選手が自己ベストのペースでトップ守ります。しかし、折り返し直後、白井選手がスパートをかけ一気に逆転。白井選手が自己ベストを更新する泳ぎで初優勝。

女子200m自由形と合わせて日本選手権2冠を達成しました。

 

スポンサーリンク