世界水泳2019結果/バタフライ大会日程!!瀬戸大也の日本記録更新は?

2019年7月12日(金)、韓国の光州にて第18回世界水泳選手権大会(世界水泳2019)が開催。6競技76種目で世界一が争われます。競泳競技は7月21日より始まり、42種目が8日間の予定で行われます。

バタフライでは、日本のエース・瀬戸大也選手、リオ五輪代表の長谷川涼香選手、世界水泳初出場の水沼尚輝らが出場。瀬戸選手をはじめ日本代表選手がどんな泳ぎを見せてくれるのか楽しみです。

ここでは、世界水泳2019・競泳のバタフライ(男子/女子)のレース日程や大会結果などをご紹介します。

※韓国と日本の時差はありませんので、日時は全て日本時間となります。

※世界記録・日本記録は2019年4月21日現在のものです。

※参考までに世界水泳の代表選考会となった2019年4月開催の『第95回日本選手権水泳競技大会』の背泳ぎ競技結果も合わせてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

世界水泳2019バタフライ/日本代表選手

【男子50mバタフライ】
水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)

【男子100mバタフライ】
水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)

【男子200mバタフライ】
瀬戸大也(ANA)

【女子200mバタフライ】
牧野紘子(東京ドーム/早稲田大学)
長谷川涼香(東京ドーム/日本大学)

(参考)
瀬戸大也選手の2017年世界水泳結果
男子200mバタフライ/銅メダル(1:54.21)
男子200m個人メドレー/決勝5位(1:56.97)
男子400m個人メドレー/銅メダル(4:09.14)

【女子200mバタフライ】
長谷川涼香(東京ドーム)
牧野紘子(東京ドーム)

(参考)
長谷川涼香選手の2017年世界水泳結果
女子200mバタフライ/決勝6位(2:07.43)

▼世界水泳2019(競泳)各種目の結果
自由形    背泳ぎ    平泳ぎ

バタフライ  個人メドレー  リレー

全種目メダリスト&日本代表結果まとめ

全競技日程&テレビ放送予定一覧

 

世界水泳2019/バタフライ結果

ここでは、世界水泳2019・競泳のバタフライ各種目の結果をご紹介します。

50mバタフライ

男子50mバタフライ

<日程>
予 選/7月21日(日)10:00 ~ 13:45
準決勝/7月21日(日)20:00 ~ 22:15
決 勝/7月22日(月)20:00 ~ 22:00

世界記録/22.27(A.ゴボロフ 2018年)
日本記録/23.27(井田憲吾 2019年)

予選

水沼尚輝/23.74(全体21位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 22.35 K.ドレセル USA 1 22.57
2 22.70 O.コスチン RUS 4 22.88
3 22.79 N.サントス BRA 2 22.77
4 22.80 M.アンドリュー USA 5 22.95
5 22.90 S.サボ HUN 6 23.09
6 22.91 A.ゴボロフ UKR 3 22.80
7 23.01 B.ブラウド GBR 7 23.14
8 23.11 A.ジルキン RUS 8 23.21

ケレブ・ドレセル選手が大会新記録で連覇を達成。今大会2個目の金メダルを手にしました。

 

女子50mバタフライ

<日程>
予 選/7月26日(金)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月26日(金)20:00 ~ 22:20
決 勝/7月27日(土)20:00 ~ 22:40

世界記録/24.43(S.ショーストロム 2014年)
日本記録/25.11(池江璃花子 2018年)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 25.02 S.ショーストロム SWE 1 24.79
2 25.35 R.クロモビジョジョ NED 2 25.54
3 25.47 F.オスマン EGY 5 25.79
4 25.48 K.デーリア USA 4 25.59
5 25.50 M.ワテル FRA 3 25.56
6 25.69 P.オレクシアク CAN 6 25.93
7 25.76 J.オッテセン DEN 8 26.01
8 26.11 B.スロッセル AUS 6 25.93

世界記録保持者のサラ・ショーストロム選手が今大会初めての金メダルを獲得。同種目3連覇を達成しました。

 

スポンサーリンク

 

100mバタフライ

男子100mバタフライ

<日程>
予 選/7月26日(金)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月26日(金)20:00 ~ 22:20
決 勝/7月27日(土)20:00 ~ 22:40

世界記録/49.82(M.フェルプス 2009年)
日本記録/51.00(河本耕平 2009年)

予選

水沼尚輝/52.23(全体12位)

準決勝

水沼尚輝/51.71(全体9位)

※ケレブ・ドレセル選手が圧倒的な泳ぎで49秒50の世界新記録を樹立。

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 49.66 K.ドレセル USA 1 49.50
2 50.83 A.ミナコフ RUS 2 50.94
3 51.16 C.レ クロス RSA 4 51.40
4 51.26 K.ミラーク HUN 3 50.95
5 51.38 M.メテラ FRA 6 51.62
6 51.51 M.テンプル AUS 8 51.70
7 51.62 J.ガイ GBR 7 51.69
8 51.66 M.クッシュ GER 5 51.50

ケレブ・ドレセル選手がスタートから圧倒的な泳ぎで今大会5つ目の金メダルを獲得。同種目2連覇を達成しました。

 

女子100mバタフライ

<日程>
予 選/7月21日(日)10:00 ~ 13:45
準決勝/7月21日(日)20:00 ~ 22:15
決 勝/7月22日(月)20:00 ~ 22:00

世界記録/55.48(S.シェーストレム 2014年)
日本記録/56.08(池江璃花子 2018年)

予選

牧野紘子 /58.33(全体16位)
長谷川涼香/58.71(全体19位)

準決勝

牧野紘子/58.49(全体16位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 55.83 M.マクニール CAN 2 56.52
2 56.22 S.ショーストロム SWE 1 56.29
3 56.61 E.マキーオン AUS 4 57.01
4 57.07 E.ディ リド ITA 6 57.04
5 57.09 B.スロッセル AUS 5 57.02
6 57.11 K.デーリア USA 7 57.06
7 57.16 L.ハンソン SWE 8 57.10
8 57.29 M.ワテル FRA 3 57.00

19歳のマクニール選手が同種目4連覇を狙ったショーストロム選手に大逆転勝利で優勝。マクニール選手は折り返し5位通過だったにも関わらず、後半にとてつもない伸びの泳ぎを見せました。

また、表彰式ではサラ・ショーストロム選手の提案でメダルを獲得した3人が闘病中の池江璃花子選手に対し、それぞれの手のひらに「Rikako」「Ikee」「NEVER GIVE UP」と記し、温かいエールを送る一幕がありました。

 

スポンサーリンク

 

200mバタフライ

男子200mバタフライ

<日程>
予 選/7月23日(火)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月23日(火)20:00 ~ 22:20
決 勝/7月24日(水)20:00 ~ 22:40

世界記録/1:51.51(M.フェルプス 2009年)
日本記録/1:52.97(松田丈志 2008年)

予選

瀬戸大也/1:54.56(全体2位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 1:50.73 K.ミラーク HUN 1 1:52.96
2 1:53.86 瀬戸大也 JPN 3 1:55.33
3 1:54.15 C.レ クロス RSA 5 1:55.88
4 1:54.39 F.ブルディッソ ITA 6 1:55.92
5 1:54.79 D.ケシル UKR 7 1:55.95
6 1:55.69 Z.ハーティング USA 2 1:55.26
7 1:55.96 L.デ デウス BRA 4 1:55.71
8 1:57.10 T.ケンデレシ HUN 8 1:56.25

クリストフ・ミラーク選手がレース序盤から積極的に仕掛けると、その後もとんでもないペースで泳ぎ切り、後続に大きな差をつけて優勝。しかも、世界記録を1秒近く縮めるというとんでもない記録でした。

一方、瀬戸大也選手は自己記録を上回るペースで終始泳ぎ、最後のターンで4番手ながらどんどん差を詰めレクロス選手を逆転。自己ベストを更新しての銀メダル獲得となりました。

おめでとうございます^^

 

女子200mバタフライ

<日程>
予 選/7月24日(水)10:00 ~ 13:00
準決勝/7月24日(水)20:00 ~ 22:40
決 勝/7月25日(木)20:00 ~ 22:30

世界記録/2:01.81(劉子歌 2009年)
日本記録/2:04.69(星奈津美 2012年)

予選

牧野紘子 /2:09.88(全体10位)
長谷川涼香/2:10.03(全体12位)

準決勝

長谷川涼香/2:09.22(全体10位)
牧野紘子 /2:09.60(全体11位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 2:06.78 B.カパーシュ HUN 3 2:07.33
2 2:06.95 H.フリッキンガー USA 1 2:06.25
3 2:07.04 K.ドラボット USA 2 2:06.59
4 2:07.30 F.ヘントゥカ GER 5 2:08.14
5 2:07.48 A.トーマス GBR 6 2:08.26
6 2:07.68 L.シラーギ HUN 4 2:07.83
7 2:08.70 S.チムロワ RUS 7 2:08.30
8 2:09.35 L.ステフェンス GBR 8 2:09.06

独特なラップタイムを持つカパーシュ選手が、レース序盤8番手からラスト50mでアメリカ勢2人を抜き去り逆転優勝。

ハンガリー勢としては、この種目初めてのメダル獲得となりました。

 

スポンサーリンク

 

【参考】日本選手権2019 バタフライ結果

ここでは、参考までに世界水泳の代表選考会となった2019年4月開催の『第95回日本選手権水泳競技大会』 バタフライの結果をご紹介します。

日本選手権2019 背泳ぎ優勝者まとめ

日本選手権2019 バタフライ優勝者まとめ

【50mバタフライ】
男子:井田憲吾(自衛隊体育学校)
女子:平山友貴奈(茨城競対本部)

※井田憲吾選手は日本新記録を樹立

【100mバタフライ】
男子:水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)
女子:牧野紘子(東京ドーム)

【200mバタフライ】
男子:瀬戸大也(ANA)
女子:長谷川涼香(東京ドーム)

 

世界水泳2019 バタフライ内定者

【男子100mバタフライ】
水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)

【男子200mバタフライ】
瀬戸大也(ANA)

【女子200mバタフライ】
長谷川涼香(東京ドーム)

【男子400mメドレーリレー】
水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)

【女子400mメドレーリレー】
牧野紘子(東京ドーム)

※日本選手権2019での内定者は、男子7人、女子3人。個人種目は延べ13人、リレーは延べ11人となります。

 

水泳日本選手権2019/バタフライ各種目結果

水泳日本選手権2019/50mバタフライ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の50mバタフライの日程と結果をご紹介します。

男子50mバタフライ

【日本記録】
23秒40(井田憲吾/2018年4月日本選手権)
↓更新
23秒27(井田憲吾/2019年4月日本選手権)

【国際大会派遣標準記録】
23秒00

男子50mバタフライ・決勝結果
1位/23.27 井田憲吾(自衛隊体育学校)
2位/23.40 川本武史(TOYOTA)
3位/23.42 水沼尚輝(新潟医療福大職員)
4位/23.52 田中優弥(新潟医療福祉大)
5位/23.56 中尾駿一(山陽新聞社)
6位/23.84 岸田真幸(ツカサ電工)
7位/23.84 安江貴哉(新東工業)
8位/23.84 三浦心(中京大学)

男子50mバタフライ決勝は、井田憲吾選手がスタートから半身ほど飛び出し、後続を寄せ付けず一気にフィニッシュ。連覇達成と2年連続での日本新記録更新となりました。

また、2位の川本武史選手も日本タイ記録をマークし、ハイレベルなレースとなりました。

両選手の派遣記録突破に期待です。

 

女子50mバタフライ

【日本記録】
25秒11(池江璃花子/2018年6月ヨーロッパグランプリサーキット)

【国際大会派遣標準記録】
25秒48

女子50mバタフライ・決勝結果
1位/26.02 平山友貴奈(茨城競対本部)
2位/26.44 山本茉由佳(SCルネサンス)
3位/26.52 大内紗雪(ダンロップSC藤沢)
4位/26.65 黒木満佐子(警視庁)
5位/26.65 新野杏奈(筑波大学)
6位/26.74 相馬あい(中京大学)
7位/27.07 長谷川涼香(東京ドーム)
8位/27.17 田嶋玲奈(スウィン大教)

平山友貴奈選手はスタートがやや遅れ4番手につけますが、後半から追い上げ逆転優勝。

今大会100mバタフライで3位だった平山友貴奈選手が、自己ベストを更新して日本選手権初優勝を果たしました。

 

スポンサーリンク

 

水泳日本選手権2019/100mバタフライ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の100mバタフライの日程と結果をご紹介します。

男子100mバタフライ

【日本記録】
51秒00(河本耕平/2009年9月国民体育大会)

【国際大会派遣標準記録】
51秒47

男子100mバタフライ・決勝結果
1位/51.43 水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)
2位/51.97 小堀勇氣(ミズノ)
3位/52.02 安江貴哉(新東工業)
4位/52.17 梅本雅之(レッドクイーン)
5位/52.18 川本武史(TOYOTA)
6位/52.32 石川愼之助(日本大学)
7位/52.64 赤羽根康太(スウィン大宮)
8位/52.68 三浦心(中京大学)

準決勝1位の安江貴哉選手や同種目2連覇中の小堀勇氣選手が注目を集めるなか、高校3年時からバタフライを始め経験の浅い22歳の水沼尚輝選手が大躍進。

水沼選手は50mの折り返しを2位でつけ、残り25mで安江選手に並ぶと一気に抜き去りフィニッシュ。

派遣記録を突破する好タイムで日本選手権初制覇。自身初の世界水泳代表を決めました。

 

女子100mバタフライ

【日本記録】
56秒08(池江璃花子/2018年8月パンパシ)

【国際大会派遣標準記録】
個人種目/57秒45
メドレーリレー/58秒48

女子100mバタフライ・決勝結果
1位/58.39 牧野紘子(東京ドーム)
2位/58.55 長谷川涼香(東京ドーム)
3位/58.76 平山友貴奈(茨城競対本部)
4位/58.77 相馬あい(中京大学)
5位/58.89 新野杏奈(筑波大学)
6位/59.04 飯塚千遥(筑波大学)
7位/59.45 佐藤綾(新潟医療福祉大職員)
8位/59.62 植野爽音(日本体育大学)

レース前半から長谷川涼香選手が積極的にリードし1位で折り返しますが、後半追い上げを見せた牧野紘子選手が逆転で接戦を制し、自己ベストを更新しての優勝を飾りました。

牧野選手は個人種目での派遣記録突破とはなりませんでしたが、メドレーリレーでの内定を獲得しました。

 

水泳日本選手権2019/200mバタフライ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の200mバタフライの日程と結果をご紹介します。

男子200mバタフライ

【日本記録】
1分52秒97(松田丈志/2008年8月北京五輪)

【国際大会派遣標準記録】
1分55秒55

男子200mバタフライ・決勝結果
1位/1:54.44 瀬戸大也(ANA)
2位/1:56.00 寺田拓未(日本体育大学)
3位/1:56.15 幌村尚(早稲田大学)
4位/1:56.65 坂井聖人(セイコー)
5位/1:56.65 梅本雅之(レッド・クイーン)
6位/1:56.78 大坂将史(ダッシュ新潟)
7位/1:57.00 矢島優也(全日空商事)
8位/1:59.12 田中大貴(山梨学院大学)

男子200mバタフライは期待の瀬戸大也選手が登場。瀬戸選手はスタートから先頭を譲らず、3年ぶり4度目の優勝を果たしました。

派遣記録を突破するタイムをマークし、4大会連続の世界水泳出場を決めました。

 

女子200mバタフライ

【日本記録】
2分04秒69(星奈津美/2012年4月日本選手権)

【国際大会派遣標準記録】
2分07秒49

女子200mバタフライ・決勝結果
1位/2:07.44 長谷川涼香(東京ドーム)
2位/2:07.57 大橋悠依(イトマン東進)
3位/2:08.17 牧野紘子(東京ドーム)
4位/2:08.96 持田早智(SCルネサンス)
5位/2:09.87 清水咲子(ミキハウス)
6位/2:11.04 武山月美(中京大学)
7位/2:11.71 竹村花梨(大阪水泳学校)
8位/2:12.71 三井愛梨(横浜サクラ)

大橋悠依選手がエントリーし、注目された女子200mバタフライ。決勝は長谷川涼香選手と大橋選手との接戦になりました。

レースはラスト50m、大橋選手がトップの長谷川選手を追い上げる展開となりましたが、長谷川選手が逃げ切り2年ぶりの優勝を果たしました。

長谷川選手は見事、派遣記録を突破し世界水泳の内定を決めました。

 

スポンサーリンク