世界水泳2019結果/リレー大会日程!!日本記録更新なるか!?

2019年7月12日(金)から開幕する第18回世界水泳選手権(世界水泳2019)。注目の競泳は大会10目の7月21日(日)から8日間の予定で始まります。

その競泳で盛り上がる種目のひとつと言えば、「リレー」です。前回の2017年世界水泳で日本代表はメダルこそ獲れませんでしたが、世界水泳決勝の大舞台で男女合わせて4つの日本記録を更新。

男子は中村克己選手、塩浦慎理選手、松元克央選手らが年々力をつけてきており、世界水泳という大舞台での日本記録更新とメダルに期待です。

一方、女子は日本代表の顔と言っても過言ではない池江璃花子選手が、病気療養のため不在。戦力ダウンは否めないですが、選ばれたリレーメンバーには、エントリーした種目全てでなんとか決勝進出してほしいですね。

さてここでは、世界水泳2019・競泳のリレー(男子/女子/混合)のレース日程や大会結果などをご紹介します。

※韓国と日本の時差はありませんので、日時は全て日本時間となります。

※世界記録・日本記録は2019年4月21日現在のものです。

※参考までに世界水泳の代表選考会となった2019年4月開催の『第95回日本選手権水泳競技大会』の自由形競技結果も合わせてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

世界水泳2019 リレー/日本代表選手

ここでは、世界水泳2019のリレー日本代表選手をご紹介します。

※日本チームが世界水泳のリレー種目で12位以内に入れば、東京五輪の出場権を獲得します。

【4×100mリレー】
男子:中村克、塩浦慎理、松元克央、難波暉
女子:大本里佳、青木智美、佐藤綾、白井璃緒
混合:松元克央、中村克、青木智美、佐藤綾

【4×200mリレー】
男子:松元克央、高橋航太郎、吉田啓祐、瀬戸大也
女子:白井璃緒、五十嵐千尋、青木智美、池本凪沙

【4×100mメドレーリレー】(背)→(平)→(バ)→(自)
男子:入江陵介 小関也朱篤 水沼尚輝 中村克
女子:酒井夏海 青木玲緒樹 牧野紘子 大本里佳
混合:酒井夏海 小関也朱篤 水沼尚輝 大本里佳

▼世界水泳2019(競泳)各種目の結果
自由形    背泳ぎ    平泳ぎ

バタフライ  個人メドレー  リレー

全種目メダリスト&日本代表結果まとめ

全競技日程&テレビ放送予定一覧

 

世界水泳2019/リレー結果

ここでは、世界水泳2019・競泳のリレー各種目の結果をご紹介します。

4×100mリレー

男子4×100mリレー

世界記録/3:08.24(アメリカ 2008年)
日本記録/3:12.54(2018年)
┗中村克、塩浦慎理、松元克央、溝畑樹蘭

予選

日本/3:14.16(全体9位)
┗中村克、塩浦慎理、松元克央、難波暉
※日本男子は12位以内に入ったので、東京五輪のリレー種目の出場枠を獲得しました。

決勝
決勝 予選
タイム タイム
1 3:09.06 アメリカ 1 3:11.31
2 3:09.97 ロシア 3 3:12.64
3 3:11.22 オーストラリア 4 3:12.65
4 3:11.39 イタリア 5 3:12.66
5 3:11.81 イギリス 2 3:12.42
6 3:11.99 ブラジル 6 3:12.97
7 3:12.85 ハンガリー 8 3:13.90
8 3:13.34 フランス 7 3:13.04

アメリカが1度も先頭を譲らず大会新記録で優勝。

 

女子4×100mリレー

世界記録/3:30.05(オーストラリア 2018年)
日本記録/3:36.52 (2018年)
┗池江璃花子、酒井夏海、青木智美、五十嵐千尋

予選

日本/3:36.17(全体4位)※日本新記録
┗大本里佳、青木智美、佐藤綾、白井璃緒
※日本女子は12位以内に入ったので、東京五輪のリレー種目の出場枠を獲得しました。

決勝

【日本女子リレーメンバー】
1.青木智美 2.佐藤綾 3.白井璃緒 4.大本里佳

決勝 予選
タイム タイム
1 3:30.21 オーストラリア 1 3:33.39
2 3:31.02 アメリカ 4 3:36.13
3 3:31.78 カナダ 2 3:34.73
4 3:35.32 オランダ 6 3:36.62
5 3:35.83 中国 7 3:37.89
6 3:36.33 スウェーデン 3 3:36.03
7 3:36.79 日本 5 3:36.17
8 3:39.07 ドイツ 8 3:38.55

青木智美選手以外、世界水泳初出場のメンバーでリレーに臨んだ日本。予選では日本新記録をいきなり樹立し決勝に進出。

決勝はさらに日本記録の更新を狙った日本チームでしたが、思うようにタイムは伸びず7位フィニッシュ。前回大会と同じ順位でした。

また、前回の世界水泳で2位だったオーストラリアが、世界記録ペースでレースを進め優勝を果たしました。

 

混合4×100mリレー

<日程>
予選/7月27日(土)10:00 ~ 13:00
決勝/7月27日(土)20:00 ~ 22:40

世界記録/3:19.60(アメリカ 2017年)
日本記録/3:24.78(2017年)
┗松元克央、中村克、池江璃花子、五十嵐千尋

予選

日本/3:25.41(全体7位)
┗松元克央、中村克、青木智美、佐藤綾

※混合4×100mリレーは五輪非種目です。

決勝

【日本代表リレーメンバー】
1.中村克 2.松元克央 3.大本里佳 4.佐藤綾

決勝 予選
タイム タイム
1 3:19.40 アメリカ 1 3:22.70
2 3:19.97 オーストラリア 2 3:23.77
3 3:22.11 フランス 4 3:24.27
4 3:22.54 カナダ 3 3:24.09
5 3:22.72 ロシア 6 3:25.38
6 3:23.48 オランダ 8 3:27.29
7 3:24.67 日本 7 3:25.41
8 3:25.58 イタリア 5 3:25.06

アメリカが世界記録を更新して優勝。同種目3連覇を達成。(ケレブ・ドレセル選手は6個目の金メダル)

また、日本は前回大会4位から順位を落としたものの、日本新記録を樹立しての7位でした。

 

スポンサーリンク

 

4×200mリレー

男子4×200mリレー

<日程>
予選/7月26日(金)10:00 ~ 12:45
決勝/7月26日(金)20:00 ~ 22:20

世界記録/6:58.55(アメリカ 2009年)
日本記録/7:02.26(2009年)
┗内田翔、奥村幸大、日原将吾、松田丈志

予選

日本/7:09.23(全体9位)
┗高橋航太郎、松元克央、吉田啓祐、瀬戸大也

※日本は予選の結果より男子4×200mリレーの東京五輪出場枠を獲得。

江原騎士選手が出場予定でしたが、ケガにより瀬戸大也選手が急きょエントリーしたそうです。

決勝
決勝 予選
タイム タイム
1 7:00.85 オーストラリア 4 7:06.97
2 7:01.81 ロシア 2 7:05.28
3 7:01.98 アメリカ 3 7:06.86
4 7:02.01 イタリア 1 7:04.97
5 7:02.04 イギリス 7 7:08.45
6 7:04.74 中国 5 7:07.05
7 7:07.64 ブラジル 6 7:07.12
8 7:07.65 ドイツ 7 7:08.45

目まぐるしく順位が変わる大接戦をオーストラリアが制し、2003年以来の金メダルを獲得しました。

 

女子4×200mリレー

<日程>
予選/7月25日(木)10:00 ~ 12:45
決勝/7月25日(木)20:00 ~ 22:30

世界記録/7:42.08(中国 2009年)
日本記録/7:48.96(2018年)
┗五十嵐千尋、池江璃花子、白井璃緒、大橋悠依

予選

日本/7:56.00(全体8位)
┗白井璃緒、五十嵐千尋、青木智美、池本凪沙

※日本は予選の結果より女子4×200mリレーの東京五輪出場枠を獲得。

決勝

【日本女子リレーメンバー】
1.白井璃緒 2.五十嵐千尋 3.青木智美 4.池本凪沙

決勝 予選
タイム タイム
1 7:41.50 オーストラリア 1 7:50.64
2 7:41.87 アメリカ 2 7:51.58
3 7:44.35 カナダ 6 7:55.10
4 7:46.22 中国 4 7:54.10
5 7:48.25 ロシア 3 7:52.66
6 7:54.57 ハンガリー 7 7:55.40
7 7:55.63 ドイツ 5 7:54.30
8 7:56.31 日本 8 7:56.00

7連覇を狙うアメリカと予選1位のオーストラリアが世界記録ペースのレースを展開。アンカー対決となったレース終盤、オーストラリアのマキーオン選手がわずかなリードを守りフィニッシュ。

オーストラリアが世界新記録を樹立し、この種目初めての金メダルを獲得しました。

一方、予選8位通過の日本は1つでも順位を上げたいところでしたが、決勝も8位でのフィニッシュでした。

 

スポンサーリンク

 

4×100mメドレーリレー

男子4×100mメドレーリレー

<日程>
予選/7月28日(日)10:00 ~ 12:30
決勝/7月28日(日)20:00 ~ 22:40

世界記録/3:27.28(アメリカ 2009年)
日本記録/3:30.03(2018年)
┗入江陵介、小関也朱篤、小堀勇氣、塩浦慎理

予選

日本/3:32.34(全体2位)
┗入江陵介、小関也朱篤、水沼尚輝、中村克

※日本は予選結果より東京五輪出場枠を獲得。

決勝

【日本男子リレーメンバー】
1.入江陵介 2.小関也朱篤 3.水沼尚輝 4.中村克

決勝 予選
タイム タイム
1 3:28.10 イギリス 4 3:32.35
2 3:28.45 アメリカ 2 3:31.93
3 3:28.81 ロシア 1 3:30.72
4 3:30.35 日本 3 3:32.34
5 3:30.42 オーストラリア 5 3:32.50
6 3:30.86 ブラジル 6 3:32.58
7 3:31.61 中国 7 3:33.42
8 3:32.86 ドイツ 8 3:34.02

決勝はイギリスがアメリカを土壇場で逆転し、金メダル。3大会ぶりのメダルを目指した日本は、4位ながら日本記録に迫るタイムをマークしました。

 

 

女子4×100mメドレーリレー

<日程>
予選/7月28日(日)10:00 ~ 12:30
決勝/7月28日(日)20:00 ~ 22:40

世界記録/3:51.55(アメリカ 2017年)
日本記録/3:54.73(2018年)
┗酒井夏海、鈴木聡美、池江璃花子、青木智美

予選

日本/3:59.87(全体8位)
┗酒井夏海 青木玲緒樹 牧野紘子 大本里佳

※日本は予選結果より東京五輪出場枠を獲得。

決勝
決勝 予選
タイム タイム
1 3:50.40 アメリカ 1 3:55.39
2 3:53.42 オーストラリア 2 3:58.19
3 3:53.58 カナダ 4 3:58.63
4 3:56.50 イタリア 3 3:58.35
5 3:57.11 中国 5 3:59.26
6 3:58.14 日本 8 3:59.87
7 3:58.39 スウェーデン 6 3:59.40
8 3:59.38 イギリス 7 3:59.74

本大会最後の種目はアメリカが2位以下を大きく突き放す泳ぎを見せ、世界新記録を樹立しての連覇を達成。

日本は良い泳ぎで予選より順位とタイムを上げ、6位と健闘しました。

 

混合4×100mメドレーリレー

<日程>
予選/7月24日(水)10:00 ~ 13:00
決勝/7月24日(水)20:00 ~ 22:40

世界記録/3:38.56(アメリカ 2017年)
日本記録/3:40.98(2018年)
┗入江陵介、小関也朱篤、池江璃花子、青木智美

予選

日本/失格
┗酒井夏海、小関也朱篤、水沼尚輝、大本里佳

日本は背泳ぎを酒井夏海選手、平泳ぎを小関也朱篤選手、バタフライを水沼尚輝選手、自由形を大本里佳選手のオーダーで臨みました。

日本は5番手でフィニッシュをしましたが、アンカーの大本選手が0.05秒早くスタートしたため失格に。

本大会での東京五輪出場枠の獲得を逃がしました。

決勝
決勝 予選
タイム タイム
1 3:39.08 オーストラリア 2 3:42.22
2 3:39.10 アメリカ 1 3:41.23
3 3:40.68 イギリス 4 3:43.37
4 3:40.78 ロシア 3 3:43.30
5 3:43.06 カナダ 5 3:44.03
6 3:43.27 イタリア 6 3:44.38
7 3:45.07 ドイツ 8 3:45.20
失格 オランダ 7 3:44.67

五輪新種目となり、注目度が上がる男女混合リレー。

3連覇を狙うアメリカが有利にレースを進め、残り50mをトップで折り返します。アメリカの優勝かに思われましたが、前回大会2位のオーストラリアがぐんぐん差を詰め、残り5mで大逆転。

オーストラリアが100分の2秒差で優勝を決めました。

 

スポンサーリンク