世界水泳2019結果/平泳ぎ大会日程!!渡辺一平世界記録更新なるか!?

韓国・光州で18回目を迎える世界水泳選手権が7月12日から開幕。プレオリンピックイヤーとあって、五輪出場を目指す選手にとって重要な大会となります。

注目の競泳競技は大会10日目の7月21日に初日を迎え、8日間の予定で42種目が実施されます。

男子200m平泳ぎでは世界記録保持者である渡辺一平が出場。2019年4月に行われた水泳日本選手権では、途中まで世界記録を上回る泳ぎを見せてくれました。世界水泳では渡辺選手の金メダルと世界記録更新に期待がかかります。

ここでは、世界水泳2019・競泳の平泳ぎ(男子/女子)のレース日程や大会結果などをご紹介します。

※韓国と日本の時差はありませんので、日時は全て日本時間となります。

※世界記録・日本記録は2019年4月21日現在のものです。

※参考までに世界水泳の代表選考会となった2019年4月開催の『第95回日本選手権水泳競技大会』の背泳ぎ競技結果も合わせてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

世界水泳2019平泳ぎ/日本代表選手

【男子50m平泳ぎ】
小関也朱篤(ミキハウス)

【男子100m平泳ぎ】
小関也朱篤(ミキハウス)

【男子200m平泳ぎ】
渡辺一平(TOYOTA)
小日向一輝(セントラルスポーツ)

【女子100m平泳ぎ】
青木玲緒樹(ミズノ)

【女子200m平泳ぎ】
青木玲緒樹(ミズノ)

(参考)
渡辺一平選手の2017年世界水泳結果
男子100m平泳ぎ/予選22位(1:00.26)
男子200m平泳ぎ/決勝3位(2:07.47)

小関也朱篤選手の2017年世界水泳結果
男子50m平泳ぎ/準決勝11位(27.17)
男子100m平泳ぎ/決勝4位(59.10)
男子200m平泳ぎ/決勝2位(2:07.29)

 

▼世界水泳2019(競泳)各種目の結果
自由形    背泳ぎ    平泳ぎ

バタフライ  個人メドレー  リレー

全種目メダリスト&日本代表結果まとめ

全競技日程&テレビ放送予定一覧

 

世界水泳2019/平泳ぎ結果

ここでは、世界水泳2019・競泳の平泳ぎ各種目の結果をご紹介します。

50m平泳ぎ

男子50m平泳ぎ

<日程>
予 選/7月23日(火)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月23日(火)20:00 ~ 22:20
決 勝/7月24日(水)20:00 ~ 22:40

世界記録/25.95(A.ピーティ 2017年)
日本記録/26.94(小関也朱篤 2018年)

予選

小関也朱篤/27.33(全体16位)

準決勝

小関也朱篤/27.22(全体13位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 26.06 A.ピーティ GBR 1 26.11
2 26.66 F.リマ BRA 2 26.62
3 26.69 J.ゴメス ジュニオール BRA 5 26.84
4 26.72 K.プリゴダ RUS 8 27.08
5 26.85 I.シマノビチ BLR 4 26.77
6 26.86 エン シハイ CHN 6 26.86
7 26.93 M.アンドリュー USA 7 26.88
失格 F.スコツォーリ ITA 3 26.70

世界記録保持者のアダム・ピーティ選手が後半から驚異的な伸びを見せ優勝。ピーティ選手は3大会連続2冠を達成しました。

 

女子50m平泳ぎ

<日程>
予 選/7月27日(土)10:00 ~ 13:00
準決勝/7月27日(土)20:00 ~ 22:40
決 勝/7月28日(日)20:00 ~ 22:40

世界記録/29.40(L.キング 2017年)
日本記録/30.64(鈴木聡美 2018年)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 29.84 L.キング USA 1 29.84
2 30.00 B.ピラト ITA 3 30.17
3 30.15 Y.エフィモワ RUS 2 30.12
4 30.34 A.アトキンソン JAM 5 30.61
5 30.49 M.カラーロ ITA 4 30.23
6 30.84 J.ハンセン AUS 7 30.92
7 31.06 A.エレント GER 8 31.10
8 31.23 I.フルコ FIN 6 30.91

リリー・キング選手が女子100m平泳ぎに続き金メダルを獲得。また、わずかな差で敗れたベネデッタ・ピラト選手は14歳ながら見事なレースでした。

 

スポンサーリンク

 

100m平泳ぎ

男子100m平泳ぎ

<日程>
予 選/7月21日(日)10:00 ~ 13:45
準決勝/7月21日(日)20:00 ~ 22:15
決 勝/7月22日(月)20:00 ~ 22:00

世界記録/57.10(L.キング 2018年)
日本記録/58.78(小関也朱篤 2018年)

予選

小関也朱篤/58.91(全体3位)

準決勝

イギリスのアダム・ピーティ選手が準決勝で世界新記録を樹立。

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 57.14 A.ピーティ GBR 1 56.88
2 58.46 J.ウィルビー GBR 3 58.83
3 58.63 エン シハイ CHN 2 58.67
4 58.93 小関也朱篤 JPN 4 58.89
5 59.09 K.プリゴダ RUS 8 59.21
6 59.11 A.ウィルソン USA 5 58.95
7 59.14 D.バランディン KAZ 6 59.03
8 59.19 A.チュプコフ RUS 7 59.15

アダム・ピーティ選手が2位以下を寄せ付けない圧倒的な泳ぎで大会3連覇を達成。

小関也朱篤選手は後半で追い上げを見せたものの、わずかメダルに届かず4位でした。

 

女子100m平泳ぎ

<日程>
予 選/7月22日(月)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月22日(月)20:00 ~ 22:00
決 勝/7月23日(火)20:00 ~ 22:20

世界記録/1:04.13(L.キング 2017年)
日本記録/1:05.88(渡部香生子 2014年)

予選

青木玲緒樹/1:06.81(全体5位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 1:04.93 L.キング USA 2 1:05.66
2 1:05.49 Y.エフィモワ RUS 1 1:05.56
3 1:06.36 M.カラーロ ITA 4 1:06.39
4 1:06.40 青木玲緒樹 JPN 3 1:06.30
5 1:06.56 ウ セイヨウ CHN 7 1:06.85
6 1:06.60 T.ショーエンメーカー RSA 5 1:06.61
7 1:06.96 M.レンショ― GBR 6 1:06.73
8 1:07.06 A.カスティリオーニ ITA 8 1:06.97

決勝はリリー・キング選手とユリア・エフィモア選手の2人が抜け出すと、青木玲緒樹選手が3番手で続きます。

青木選手はメダル圏内で折り返しましたが、マルティナ・カラーロ選手が終盤でどんどん差を詰め、100分の4秒差で青木選手より先にフィニッシュ。

青木選手はあまりにも惜しい4位となりました。準決勝のタイムが出ていれば…。

 

スポンサーリンク

 

200m平泳ぎ

男子200m平泳ぎ

<日程>
予 選/7月25日(木)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月25日(木)20:00 ~ 22:30
決 勝/7月26日(金)20:00 ~ 22:20

世界記録/2:06.67(渡辺一平 2017年)
日本記録/2:06.67(渡辺一平 2017年)

予選

渡辺一平 /2:09.68(全体9位)
小日向一輝/2:09.92(全体14位)

準決勝

小日向一輝/2:08.42(全体9位)

※準決勝ではマシュー・ウィルソン選手が世界タイ記録をマークしました。

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 2:06.12 A.チュプコフ RUS 2 2:06.83
2 2:06.68 M.ウィルソン AUS 1 2:06.67
3 2:06.73 渡辺一平 JPN 6 2:08.04
4 2:07.36 Z.スタブレティクック AUS 4 2:07.95
5 2:07.60 M.コッホ GER 8 2:08.28
6 2:08.10 A.ウィルソン USA 3 2:07.86
7 2:08.25 D.パラディン KAZ 7 2:08.19
8 2:08.39 E.ぺーション SWE 5 2:08.00

前回大会王者のアントン・チュプコフ選手が最後のターンを4番手で折り返すと、一気に抜け出し優勝。世界新記録で連覇を達成しました。

また、渡辺一平選手は自己ベストに迫る良い泳ぎで2大会連続でメダルを獲得。渡辺選手は、ハイレベルなレースのなかでのこのタイムに満足しているとコメント。

東京五輪でのこの種目のメダル争いがかなり楽しみです。

 

女子200m平泳ぎ

<日程>
予 選/7月25日(木)10:00 ~ 12:45
準決勝/7月25日(木)20:00 ~ 22:30
決 勝/7月26日(金)20:00 ~ 22:20

世界記録/2:19.11(R.ペダーセン 2013年)
日本記録/2:19.65(金藤理絵 2016年)

予選

青木玲緒樹/2:25.93(全体11位)

準決勝

青木玲緒樹/2:27.95(全体15位)

決勝
決勝 選手名 準決勝
タイム タイム
1 2:20.17 Y.エフィモワ RUS 1 2:21.20
2 2:22.52 T.ショーエンメーカー RSA 2 2:21.79
3 2:22.90 S.ピックレム CAN 3 2:23.11
4 2:23.15 ヨウ シブン CHN 5 2:23.49
5 2:23.78 M.レンショ― GBR 4 2:23.16
6 2:25.14 K.ウォグ CAN 7 2:24.17
7 2:25.23 F.レクリュース BEL 6 2:23.76
8 2:26.62 K.コーベット RSA 8 2:24.18

ユリア・エフィモワ選手が連覇を達成。

 

スポンサーリンク

 

【参考】日本選手権2019 平泳ぎ結果

ここでは、参考までに世界水泳の代表選考会となった2019年4月開催の『第95回日本選手権水泳競技大会』平泳ぎの結果をご紹介します。

日本選手権2019 平泳ぎ優勝者まとめ

【50m平泳ぎ】
男子:小関也朱篤(ミキハウス)
女子:鈴木聡美(ミキハウス)

【100m平泳ぎ】
男子:小関也朱篤(ミキハウス)
女子:関口美咲(木下グループ)

【200m平泳ぎ】
男子:渡辺一平(TOYOTA)
女子:渡部香生子(JSS)

 

世界水泳2019 平泳ぎ内定者

【男子200m平泳ぎ】
渡辺一平(TOYOTA)
小日向一輝(セントラルスポーツ)

【男子400mメドレーリレー】
小関也朱篤(ミキハウス)

※日本選手権2019での内定者は、男子7人、女子3人。個人種目は延べ13人、リレーは延べ11人となります。

 

水泳日本選手権2019 平泳ぎ各種目結果

水泳日本選手権2019/50m平泳ぎ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の50m平泳ぎの日程と結果をご紹介します。

男子50m平泳ぎ

【日本記録】
26秒94(小関也朱篤/2018年6月ヨーロッパグランプリサーキット)

【国際大会派遣標準記録】
26秒85

男子50m平泳ぎ・決勝結果
1位/27.01 小関也朱篤(ミキハウス)
2位/27.54 塩入 龍斗(日本大学)
3位/27.55 新山 政樹(自衛隊体育学校)
4位/27.58 渡辺 隼斗(自衛隊体育学校)
5位/27.62 山中 祥輝(ディラド)
6位/27.69 谷口  卓(日大豊山高校)
7位/28.00 高田 大志(近畿大学)
8位/28.08 岡﨑晃一郎(茗水会)

小関也朱篤選手が、前日の100m平泳ぎに続き50mも制し3連覇と今大会2冠を達成。ただ100m同様、小関選手はタイムが思ったように出なかったため、「物足りなさはある」とインタビューで悔しさを口にしました。

 

女子50m平泳ぎ

【日本記録】
30秒64(鈴木聡美/2018年4月日本選手権 )

【国際大会派遣標準記録】
30秒30

女子50m平泳ぎ・決勝結果
1位/30.88 鈴木聡美(ミキハウス)
2位/31.28 髙﨑有紀(KEIO)
3位/31.43 渡部香生子(JSS)
4位/31.58 寺村美穂(セントラルスポーツ)
5位/31.65 岸愛弓(筑波大学)
6位/31.72 関口美咲(木下グループ)
7位/31.92 深澤舞(新潟医福大)
8位/32.23 江口実沙紀(東洋大学)

平泳ぎ100mで2位、200mで7位と納得の泳ぎができなかったという鈴木聡美選手が50mで制覇。

レース後の優勝インタビューでは、「この大会を通して、ようやくいい泳ぎといい記録を出すことができた」とコメント。

鈴木選手は同種目3連覇で7度目の優勝を飾りました。

 

スポンサーリンク

 

水泳日本選手権2019/100m平泳ぎ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の100m平泳ぎの日程と結果をご紹介します。

男子100m平泳ぎ

【日本記録】
58秒78(小関也朱篤/2018年6月ヨーロッパグランプリサーキット)

【国際大会派遣標準記録】
59秒38

男子100m平泳ぎ・決勝結果
1位/ 59.54 小関也朱篤(ミキハウス)
2位/ 59.58 渡辺一平(TOYOTA)
3位/1:00.04 渡辺隼斗(自衛隊体育学校)
4位/1:00.05 日本雄也(アクアティック)
5位/1:00.19 小日向一輝(セントラルスポーツ)
6位/1:00.75 山中祥輝(ティラド)
7位/1:00.87 武良竜也(木下グループ)
8位/1:01.69 林和希(日本水泳振興会)

日本選手権5連覇中の小関也朱篤選手と、世界記録保持者・渡辺一平選手との注目の一戦。

レースは追いすがる渡辺選手を小関選手が振り切り優勝。レース後のインタビューで優勝タイムに納得を全くしていない小関選手でしたが、それもで日本選手権6連覇を達成。

小関選手は個人種目での派遣記録突破とはなりませんでしたが、メドレーリレーでの内定を得ました。

また、渡辺選手は決勝で自己ベストを更新し、200m平泳ぎに期待を持たせてくれる泳ぎを見せてくれました。

 

女子100m平泳ぎ

【日本記録】
1分05秒88(渡部香生子/2014年6月ジャパンオープン)

【国際大会派遣標準記録】
1分06秒48

女子100m平泳ぎ・決勝結果
1位/1:07.70 関口美咲(木下グループ)
2位/1:07.75 鈴木聡美(ミキハウス)
3位/1:07.88 深澤舞(新潟医療福祉大)
4位/1:07.92 寺村美穂(セントラルスポーツ)
5位/1:07.98 青木玲緒樹(ミズノ)
6位/1:08.93 浅羽栞(VALUE SS)
7位/1:09.09 千田舞奈美(中京大学)
8位/1:09.63 宮坂倖乃(コナミスポーツ)

決勝は4度の優勝を誇る鈴木聡美選手、3連覇を狙う青木玲緒樹選手、リオ五輪代表の寺村美穂選手らが対決。

レースは青木選手が有利と予想されていましたが、終盤5選手がもつれ合う展開に。後ろから追い上げた社会人1年目の関口美咲選手が、僅かに鈴木選手をかわし初優勝を果たしました。

 

スポンサーリンク

 

水泳日本選手権2019/200m平泳ぎ

ここでは、水泳日本選手権2019の男子・女子の200m平泳ぎの日程と結果をご紹介します。

男子200m平泳ぎ

【日本記録】
2分06秒67(渡辺一平/2017年1月東京都選手権)

【国際大会派遣標準記録】
2分08秒93

男子平泳ぎ200m・決勝結果
1位/2:07.02 渡辺一平(TOYOTA)
2位/2:08.57 小日向一輝(セントラルスポーツ)
3位/2:08.96 小関也朱篤(ミキハウス)
4位/2:10.41 渡辺隼斗(自衛隊体育学校)
5位/2:10.94 武良竜也(木下グループ)
6位/2:10.97 林和希(日本水泳振興会)
7位/2:11.31 高橋幸大(SURF SKATE CAMP)
8位/2:12.20 毛利衛(三谷産業)

決勝は世界記録を狙う渡辺一平選手と、5連覇を目指す小関也朱篤選手との注目の一戦。

渡辺選手が序盤から飛ばし、150mまでは自身の世界記録を上回るタイムを刻み、会場を大いに沸かせました。惜しくも残り50mのラップが伸びず、世界記録には届きませんでしたが、世界水泳がかなり楽しみな泳ぎを見せてくれました。

渡辺選手は小関選手との対決を制し、悲願の日本選手権初優勝を果たしました。

また、2位には派遣記録を突破した小日向一輝選手が入り、世界水泳の内定を決めました。

 

女子200m平泳ぎ

【日本記録】
2分19秒65(金藤理絵/2016年4月日本選手権)

【国際大会派遣標準記録】
2分23秒33

女子200m平泳ぎ・決勝結果
1位/2:24.28 渡部香生子(JSS)
2位/2:25.94 浅羽栞(VALUE SS)
3位/2:26.09 石田華子(木下グループ)
4位/2:26.87 今井月(コカ・コーラ)
5位/2:27.64 深澤舞(新潟医療福祉大)
6位/2:27.79 高橋美帆(ミキハウス)
7位/2:27.91 鈴木聡美(ミキハウス)
8位/2:29.35 石原愛依(KSG柳川)

決勝は鈴木聡美選手が積極的にとばし、レースを引っ張ります。レース後半からは渡部香生子選手が徐々に追い上げ逆転優勝。渡辺選手が4年ぶり3度目の日本選手権制覇を果たしました。

 

スポンサーリンク