夜更けの瓦版

“ちょっとでもお役に立ちたい”をコンセプトに活動してます

スポーツ フィギュアスケート

フィギュアスケート男子/結果速報【グランプリシリーズ&ファイナル2018】

更新日:

五輪、世界選手権と並ぶフィギュアスケートの3大大会のひとつである「フィギュアスケートグランプリシリーズ2018」が10月19日(金)よりアメリカで開幕。

各国のトップスケーターが6ヵ国を転戦して上位6人がグランプリファイナルへ進出し、世界一の座を争います。

注目の男子シングルでは、羽生結弦選手が第3戦のフィンランド大会と第5戦のロシア大会に出場。グランプリファイナル5度目の優勝を飾れるのか楽しみです。

また、グランプリファイナル2017で2位になった宇野昌磨選手の活躍も見逃せません。羽生結弦選手とのグランプリファイナルの優勝争いを期待したいです。

さて、ここでは、フィギュアスケート男子シングルのグランプリシリーズ2018とグランプリファイナル2018の大会日程(滑走時間)や結果、グランプリシリーズのポイント表などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2018 ポイント表

※ポイントを獲得した選手のみを記載
▼女子シングルのポイント表はこちら

<第5戦ロシア大会終了時>

ポイント 選手名
30 宇野昌磨(JPN)
羽生結弦(JPN)
28
26 ミハル・ブレジナ(CZE)
24 セルゲイ・ボロノフ(RUS)
22 チャ・ジュナン(KOR)
20 マッテオ・リッツォ(ITA)
キーガン・メッシング(CAN)
19
18 ミハイル・コリヤダ(RUS)
17
16 ビンセント・ジョウ(USA)
モリス・クビテラシビリ(GEO)
15 ネイサン・チェン(USA)
14
13
12 ナム・ニューエン(CAN)
11 友野一希(JPN)
10
9 アレクサンドル・サマリン(RUS)
アンドレイ・ラズキン(RUS)
8
7 キン・ハクヨウ(CHN)
ドミトリー・アリエフ(RUS)
アレクセイ・クラスノジョン(USA)
6
5 ジェイソン・ブラウン(USA)
山本草太(JPN)
パウル・フェンツ(GER)
4 イー・ジージエ(MAS)
ケヴィン・エイモズ(FRA)
アレクサンダー・ジョンソン(USA)
3 ダニエル・サモーヒン(ISR)
田中刑事(JPN)
デニス・バシリエフス(LAT)

 

グランプリシリーズ2018 ベストスコア

ここでは、グランプリシリーズ2018・男子シングルのベストスコアトップ5をご紹介します。なお、各選手の最高得点のみを記載。

トータルスコアトップ5
順位 選手名 スコア 大会
1位 羽生結弦 JPN 297.12 フィンランド
2位 ネイサン・チェン USA 280.57 アメリカ
3位 宇野昌磨 JPN 277.25 カナダ
4位 キーガン・メッシング CAN 265.17 カナダ
5位 ミハル・ブレジナ CZE 257.98 フィンランド

 

SPトップ5
順位 選手名 スコア 大会
1位 羽生結弦 JPN 110.53 ロシア
2位 キーガン・メッシング CAN 95.05 カナダ
3位 ミハル・ブレジナ CZE 93.31 フィンランド
4位 宇野昌磨 JPN 92.49 日本
5位 セルゲイ・ボロノフ rus 91.37 日本

【参考】羽生結弦/106.69点(フィンランド)

 

FSトップ5
順位 選手名 スコア 大会
1位 羽生結弦 JPN 190.43 フィンランド
2位 ネイサン・チェン USA 189.99 アメリカ
3位 宇野昌磨 JPN 188.38 カナダ
4位 キーガン・メッシング CAN 170.12 カナダ
5位 チャ・ジュナン KOR 165.91 カナダ

 

第1戦 アメリカ大会(10/19-10/21)

ここでは、グランプリシリーズ2018(アメリカ大会)・男子シングルのエントリー選手や結果速報をご紹介します。

開幕戦となるアメリカ大会では、世界選手権王者のネイサン・チェン選手やGPファイナル2017で4位のセルゲイ・ボロノフ選手が登場。

ネイサン・チェン選手の平昌五輪の結果は残念なものでしたが、フリーでの演技は圧巻でした。どんな演技を見せてくれるのか注目です。

 

男子シングル・エントリー一覧

1.ナム・ニューエン(CAN)
2.ケビン・レイノルズ(CAN)
3.ミハル・ブレジナ(CZE)
4.ロマン・ポンサール(FRA)
5.モリス・クビテラシビリ(GEO)
6.アレクセイ・ビシェンコ(ISR)
7.マッテオ・リッツォ(ITA)
8.イー・ジージエ(MAS)
9.セルゲイ・ボロノフ(RUS)
※GPファイナル2017(4位)
10.ネイサン・チェン(USA)
※GPファイナル2017(1位)
11.ジミー・マ(USA)
12.ビンセント・ジョウ(USA)

▼関連記事
女子シングル/結果【GPシリーズ&ファイナル2018】

アメリカ大会/SP滑走順・時間

日本時間/10月20日(土) 13時00分~

01.13時07分~/ジミー・マ(USA)
02.13時14分~/イー・ジージエ(MAS)
03.13時20分~/ロマン・ポンサール(FRA)
04.13時27分~/ミハル・ブレジナ(CZE)
05.13時33分~/ケビン・レイノルズ(CAN)
06.13時40分~/ナム・ニューエン(CAN)
07.13時54分~/ビンセント・ジョウ(USA)
08.14時00分~/モリス・クビテラシビリ(GEO)
09.14時07分~/マッテオ・リッツォ(ITA)
10.14時13分~/ネイサン・チェン(USA)
11.14時20分~/セルゲイ・ボロノフ(RUS)
12.14時26分~/アレクセイ・ビシェンコ(ISR)

アメリカ大会/FS滑走順・時間

日本時間/10月21日(日) 7時03分~

01.7時10分~/アレクセイ・ビシェンコ(ISR)
02.7時18分~/ケビン・レイノルズ(CAN)
03.7時26分~/モリス・クビテラシビリ(GEO)
04.7時34分~/ナム・ニューエン(CAN)
05.7時41分~/ジミー・マ(USA)
06.7時49分~/ロマン・ポンサール(FRA)
07.8時05分~/セルゲイ・ボロノフ(RUS)
08.8時12分~/ビンセント・ジョウ(USA)
09.8時20分~/マッテオ・リッツォ(ITA)
10.8時28分~/ネイサン・チェン(USA)
11.8時36分~/イー・ジージエ(MAS)
12.8時44分~/ミハル・ブレジナ(CZE)

 

アメリカ大会・結果

選手名 合計 SP FS
1 ネイサン・チェン USA 280.57 90.58(1) 189.99(1)
2 ミハル・ブレジナ CZE 239.51 82.09(2) 157.42(2)
3 S.ボロノフ RUS 226.44 78.18(4) 148.26(4)
4 M.リッツォ ITA 225.81 78.09(5) 147.72(5)
5 V.ジョウ USA 225.75 76.38(6) 149.37(3)
6 N.ニューエン CAN 212.99 69.86(9) 143.13(6)
7 イー・ジージエ MAS 207.51 81.52(3) 125.99(9)
8 M.クビテラシビリ GEO 205.12 68.58(11) 136.54(7)
9 A.ビシェンコ ISR 197.47 69.69(10) 127.78(8)
10 R.ポンサール FRA 187.92 71.48(8) 116.44(11)
11 K.レイノルズ CAN 185.63 61.62(12) 124.01(10)
12 ジミー・マ USA 185.06 71.53(7) 113.53(12)

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

第2戦 カナダ大会(10/26-10/28)

ここでは、グランプリシリーズ2018(カナダ大会)・男子シングルのエントリー選手や結果速報をご紹介します。

カナダ大会での注目選手は、ジェイソン・ブラウン選手、友野一希選手、宇野昌磨選手です。

ジェイソン・ブラウン選手はGPファイナル2017に進出し、四大陸選手権では3位と好調。また、友野一希選手は2018年世界選手権で5位という結果を残しており、どこまで飛躍するのか注目です。

そして、カナダ大会優勝候補のひとり宇野昌磨選手は3大会連続でグランプリファイナルに進出中。初戦でどんな演技をみせてくれるのか楽しみです。

 

男子シングル・エントリー一覧

1.ブレンダン・ケリー(AUS)
2.キーガン・メッシング(CAN)
3.ナム・ニューエン(CAN)
4.ローマン・サドフスキー(CAN)
5.ケヴィン・エイモズ(FRA)
6.ダニエル・サモーヒン(ISR)
7.友野一希(JPN)
8.宇野昌磨(JPN)
※GPファイナル2017(2位)
9.チャ・ジュナン(KOR)
10.アレクサンドル・サマリン(RUS)
11.アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
12.ジェイソン・ブラウン(USA)
※GPファイナル2017(6位)

▼関連記事
女子シングル/結果【GPシリーズ&ファイナル2018】

カナダ大会/SP滑走順・時間

日本時間/10月27日(土) 4時52分~

01.4時59分~/ローマン・サドフスキー(CAN)
02.5時06分~/ケヴィン・エイモズ(FRA)
03.5時12分~/ブレンダン・ケリー(AUS)
04.5時19分~/チャ・ジュナン(KOR)
05.5時25分~/ダニエル・サモーヒン(ISR)
06.5時32分~/アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
07.5時46分~/友野一希(JPN)
08.5時52分~/ナム・ニューエン(CAN)
09.5時59分~/キーガン・メッシング(CAN)
10.6時05分~/ジェイソン・ブラウン(USA)
11.6時12分~/宇野昌磨(JPN)
12.6時18分~/アレクサンドル・サマリン(RUS)

カナダ大会/FS滑走順・時間

日本時間/10月28日(日) 4時02分~

01.4時09分~/ジェイソン・ブラウン(USA)
02.4時17分~/ケヴィン・エイモズ(FRA)
03.4時25分~/ローマン・サドフスキー(CAN)
04.4時33分~/ナム・ニューエン(CAN)
05.4時40分~/友野一希(JPN)
06.4時48分~/ブレンダン・ケリー(AUS)
07.5時04分~/アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
08.5時11分~/アレクサンドル・サマリン(RUS)
09.5時19分~/ダニエル・サモーヒン(ISR)
10.5時27分~/チャ・ジュナン(KOR)
11.5時35分~/宇野昌磨(JPN)
12.5時43分~/キーガン・メッシング(CAN)

 

カナダ大会・結果

選手名 合計 SP FS
1 宇野昌磨 JPN 277.25 88.87(2) 188.38(1)
2 K.メッシング CAN 265.17 95.05(1) 170.12(2)
3 チャ ジュナン KOR 254.77 88.86(3) 165.91(3)
4 A.サマリン RUS 248.78 88.06(4) 160.72(4)
5 N.ニューエン CAN 240.94 82.22(7) 158.72(5)
6 J.ブラウン USA 234.97 76.46(11) 158.51(6)
7 K.エイモズ FRA 230.09 78.83(10) 151.26(7)
8 D.サモーヒン ISR 225.89 84.90(5) 140.99(9)
9 友野一希 JPN 220.83 81.63(8) 139.20(10)
10 A.マヨロフ SWE 220.30 84.64(6) 135.66(12)
11 B.ケリー AUS 220.08 80.99(9) 139.09(11)
12 R.サドフスキー CAN 210.60 67.72(12) 142.88(8)

グランプリシリーズ初戦となった宇野昌磨選手は、逆転でカナダ大会2連覇を達成しました。宇野昌磨選手の次戦は、第4戦の日本大会となります。グランプリシリーズ2戦連続の優勝でグランプリファイナル進出に期待です♪

また、2018年世界選手権5位の友野一希選手は、手をつくなどのミスで点数を伸ばせず9位となりました。友野一希選手の次戦は、羽生結弦選手とともに出場する第5戦のロシア大会です。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

第3戦 フィンランド大会(11/2-11/4)

ここでは、グランプリシリーズ2018(フィンランド大会)・男子シングルのエントリー選手や結果速報をご紹介します。

フィンランド大会の注目選手といえば、グランプリシリーズ2018初戦の羽生結弦選手。男女通じて史上初のグランプリファイナル5度目の優勝を狙う羽生結弦選手が、新たな挑戦として掲げている「4回転アクセル」の成功に注目が集まります。

また、平昌五輪代表の田中刑事選手、2018年世界選手権銅メダルのミハイル・コリヤダ選手、四大陸選手権優勝のキン・ハクヨウ選手らにも注目です。

男子シングル・エントリー一覧

1.金 博洋/キン・ハクヨウ(CHN)
2.ミハル・ブレジナ(CZE)
3.ヴァルター・ヴィルタネン(FIN)
4.フィリップ・ハリス(GBR)
5.アレクセイ・ビシェンコ(ISR)
6.羽生結弦(JPN)
7.田中刑事(JPN)
8.チャ・ジュナン(KOR)
9.ミハイル・コリヤダ(RUS)
※GPファイナル2017(3位)
10.アンドレイ・ラズキン(RUS)
11.アレクセイ・クラスノジョン(USA)

▼関連記事
女子シングル/結果【GPシリーズ&ファイナル2018】

 

フィンランド大会/SP滑走順・時間

日本時間/11月3日(土) 19時45分~

01.19時53分~/フィリップ・ハリス(GBR)
02.20時00分~/アンドレイ・ラズキン(RUS)
03.20時07分~/アレクセイ・クラスノジョン(USA)
04.20時14分~/チャ・ジュナン(KOR)
05.20時21分~/ヴァルター・ヴィルタネン(FIN)
06.20時35分~/ミハル・ブレジナ(CZE)
07.20時42分~/金 博洋/キン・ハクヨウ(CHN)
08.20時49分~/田中刑事(JPN)
09.20時56分~/羽生結弦(JPN)
10.21時03分~/アレクセイ・ビシェンコ(ISR)
11.21時10分~/ミハイル・コリヤダ(RUS)

フィンランド大会/FS滑走順・時間

日本時間/11月4日(日) 21時00分~

01.21時07分~/フィリップ・ハリス(GBR)
02.21時15分~/ヴァルター・ヴィルタネン(FIN)
03.21時23分~/田中刑事(JPN)
04.21時32分~/アレクセイ・ビシェンコ(ISR)
05.21時40分~/アレクセイ・クラスノジョン(USA)
06.21時55分~/チャ・ジュナン(KOR)
07.22時04分~/アンドレイ・ラズキン(RUS)
08.22時12分~/ミハイル・コリヤダ(RUS)
09.22時20分~/金 博洋/キン・ハクヨウ(CHN)
10.22時28分~/羽生結弦(JPN)
11.22時36分~/ミハル・ブレジナ(CZE)

 

フィンランド大会・結果

選手名 合計 SP FS
1 羽生結弦 JPN 297.12 106.69(1) 190.43(1)
2 M.ブレジナ CZE 257.98 93.31(2) 164.67(2)
3 チャ・ジュナン KOR 243.19 82.82(4) 160.37(3)
4 M.コリヤダ RUS 238.79 81.76(6) 157.03(4)
5 金 博洋 CHN 227.28 85.97(3) 141.31(5)
6 A.ラズキン RUS 218.22 82.54(5) 135.68(7)
7 A.クラスノジョン USA 211.03 74.05(8) 136.98(6)
8 田中刑事 JPN 206.82 80.60(7) 126.22(9)
9 A.ビシェンコ ISR 202.33 73.44(9) 128.89(8)
10 P.ハリス GBR 182.66 58.99(10) 123.67(10)
11 V.ヴィルタネン FIN 154.74 48.16(11) 106.58(11)

羽生結弦選手は、ショートプログラムで3つのジャンプを完璧に決めると、ルール改正後の世界最高となる106.69点をマークし、1位でフリーを迎えました。

フリーでは世界初となる4回転トーループ、トリプルアクセルの連続技で圧巻の演技を見せてくれました。得点もフリー、総合得点ともに今シーズン世界をマークして優勝を果たしました。

羽生選手の次戦は第5戦のロシア大会です。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

第4戦 日本大会(11/9-11/11)

ここでは、グランプリシリーズ2018(日本大会/NHK杯)・男子シングルのエントリー選手や結果速報をご紹介します。

日本大会ということもあり、男子日本勢は宇野昌磨選手、佐藤洸彬選手、山本草太選手の3選手がエントリー。

宇野昌磨選手やセルゲイ・ボロノフ選手らといったトップ選手がグランプリシリーズ第2戦目となり、グランプリファイナル進出なるか注目です。

 

男子シングル・エントリー一覧

1.ケビン・レイノルズ(CAN)
2.マッテオ・リッツォ(ITA)
3.佐藤洸彬(JPN)
4.宇野昌磨(JPN)
5.山本草太(JPN)
6.デニス・バシリエフス(LAT)
7.イ・ジュンヒョン(KOR)
8.ドミトリー・アリエフ(RUS)
9.セルゲイ・ボロノフ(RUS)
10.ヤロスラフ・パニオット(UKR)
11.アレクサンダー・ジョンソン(USA)
12.ビンセント・ジョウ(USA)

▼関連記事
女子シングル/結果【GPシリーズ&ファイナル2018】

 

日本大会(NHK杯)/SP滑走順・時間

開始時間/11月9日(金) 19時05分~

01.19時05分~/アレクサンダー・ジョンソン(USA)
02.19時19分~/佐藤洸彬(JPN)
03.19時26分~/山本草太(JPN)
04.19時32分~/ケビン・レイノルズ(CAN)
05.19時39分~/ヤロスラフ・パニオット(UKR)
06.19時45分~/イ・ジュンヒョン(KOR)
07.20時00分~/マッテオ・リッツォ(ITA)
08.20時06分~/デニス・バシリエフス(LAT)
09.20時13分~/ビンセント・ジョウ(USA)
10.20時19分~/ドミトリー・アリエフ(RUS)
11.20時26分~/宇野昌磨(JPN)
12.20時32分~/セルゲイ・ボロノフ(RUS)

日本大会(NHK杯)/FS滑走順・時間

開始時間/11月10日(土) 19時30分~

01.19時38分~/イ・ジュンヒョン(KOR)
02.19時45分~/ケビン・レイノルズ(CAN)
03.19時53分~/佐藤洸彬(JPN)
04.20時01分~/ヤロスラフ・パニオット(UKR)
05.20時09分~/アレクサンダー・ジョンソン(USA)
06.20時17分~/デニス・バシリエフス(LAT)
07.20時33分~/ビンセント・ジョウ(USA)
08.20時40分~/マッテオ・リッツォ(ITA)
09.20時48分~/山本草太(JPN)
10.20時56分~/ドミトリー・アリエフ(RUS)
11.21時04分~/宇野昌磨(JPN)
12.21時12分~/セルゲイ・ボロノフ(RUS)

 

日本大会(NHK杯)・結果

選手名 合計 SP FS
1 宇野昌磨 JPN 276.45 92.49(1) 183.96(1)
2 S.ボロノフ RUS 254.28 91.37(2) 162.91(2)
3 M.リッツォ ITA 224.71 77.00(4) 147.71(3)
4 V.ジョウ USA 223.42 75.90(5) 147.52(4)
5 D.アリエフ RUS 219.52 81.16(3) 138.36(6)
6 山本草太 JPN 213.40 74.98(6) 138.42(5)
7 A.ジョンソン USA 199.75 72.03(8) 127.72(7)
8 D.バシリエフス LAT 197.60 72.39(7) 125.21(8)
9 イ・ジュンヒョン KOR 188.26 66.16(11) 122.10(9)
10 佐藤洸彬 JPN 185.18 67.38(10) 117.80(11)
11 K.レイノルズ CAN 182.67 61.14(12) 121.53(10)
12 Y.パニオット UKR 173.64 68.59(9) 105.05(12)

NHK杯は初出場となる宇野昌磨選手が、ショート、フリーともにトップの得点でNHK杯初優勝。カナダ大会に続く優勝で、4季連続のグランプリファイナルの出場を確定させました。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

第5戦 ロシア大会(11/16-11/18)

ここでは、グランプリシリーズ2018(ロシア大会)・男子シングルのエントリー選手や結果速報をご紹介します。

ロシア大会では羽生結弦選手、友野一希選手らがグランプリシリーズ第2戦目となります。羽生結弦選手のグランプリファイナル進出なるか注目。

また、海外勢の注目選手は2018年世界選手権とグランプリファイナル2017で銅メダルを獲得したミハイル・コリヤダ選手です。

 

男子シングル・エントリー一覧

1.ブレンダン・ケリー(AUS)
2.キーガン・メッシング(CAN)
3.モリス・クビテラシビリ(GEO)
4.パウル・フェンツ(GER)
5.羽生結弦(JPN)
6.友野一希(JPN)
7.イー・ジージエ(MAS)
8.アルトゥール・ドミトリエフ(RUS)
9.ミハイル・コリヤダ(RUS)
10.アンドレイ・ラズキン(RUS)
11.アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
12.アレクセイ・クラスノジョン(USA)

▼関連記事
女子シングル/結果【GPシリーズ&ファイナル2018】

 

ロシア大会/SP滑走順・時間

日本時間/11月16日(金) 20時00分~

01.20時07分~/アンドレイ・ラズキン(RUS)
02.20時14分~/パウル・フェンツ(GER)
03.20時20分~/アルトゥール・ドミトリエフ(RUS)
04.20時27分~/ブレンダン・ケリー(AUS)
05.20時33分~/イー・ジージエ(MAS)
06.20時40分~/アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
07.20時54分~/アレクセイ・クラスノジョン(USA)
08.21時00分~/友野一希(JPN)
09.21時07分~/キーガン・メッシング(CAN)
10.21時13分~/モリス・クビテラシビリ(GEO)
11.21時20分~/ミハイル・コリヤダ(RUS)
12.21時26分~/羽生結弦(JPN)

ロシア大会/FS滑走順・時間

日本時間/11月17日(土) 19時30分~

01.19時37分~/ブレンダン・ケリー(AUS)
02.19時45分~/アンドレイ・ラズキン(RUS)
03.19時53分~/イー・ジージエ(MAS)
04.20時01分~/キーガン・メッシング(CAN)
05.20時08分~/アルトゥール・ドミトリエフ(RUS)
06.20時16分~/ミハイル・コリヤダ(RUS)
07.20時32分~/友野一希(JPN)
08.20時39分~/パウル・フェンツ(GER)
09.20時47分~/アレクセイ・クラスノジョン(USA)
10.20時55分~/羽生結弦(JPN)
11.21時03分~/アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
12.21時11分~/モリス・クビテラシビリ(GEO)

 

ロシア大会・結果

選手名 合計 SP FS
1 羽生結弦 JPN 278.42 110.53(1) 167.89(1)
2 M.クビテラシビリ GEO 248.58 89.94(2) 158.64(2)
3 友野一希 JPN 238.73 82.26(4) 156.47(3)
4 M.コリヤダ RUS 225.42 69.10(8) 156.32(4)
5 K.メッシング CAN 220.75 73.83(7) 146.92(6)
6 P.フェンツ GER 220.57 78.28(5) 142.29(7)
7 A.ラズキン RUS 215.78 62.45(11) 153.33(5)
8 A.クラスノジョン USA 208.01 75.32(6) 132.69(8)
9 A.マヨロフ SWE 205.59 82.33(3) 123.26(10)
10 B.ケリー AUS 197.59 65.22(10) 132.37(9)
11 A.ドミトリエフ RUS 189.58 67.58(9) 122.00(11)
12 Y.ジージエ MAS 178.71 60.37(12) 118.34(12)

ショートプログラムで世界最高得点を出した羽生結弦選手は、フリーでも1位となり第3戦フィンランド大会に続く優勝。日本男子最多となるグランプリシリーズ10勝目を挙げました。

ただ、羽生選手は公式練習中、4回転ループで転倒し右足首を負傷。グランプリファイナル進出を決めたものの、試合後の会見で「出場は厳しいと思う」とコメント。

出場の正式な回答は後日になるでしょうが、無理して選手生命を縮めるくらいなら、ファイナルを欠場して治療に専念してほしいですね。

いずれにせよ、痛めた足で出場しても優勝してしまうのはさすがです。

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

第6戦 フランス大会(11/23-11/25)

ここでは、グランプリシリーズ2018(フランス大会)・男子シングルのエントリー選手や結果速報をご紹介します。

グランプリシリーズ2018の最終戦となるフランス大会は、男子日本勢は田中刑事選手が出場。また、海外勢ではジェイソン・ブラウン選手、キン・ハクヨウ選手、そしてネイサン・チェン選手らがエントリー。

フランス大会の結果により、グランプリシリーズ2018の上位6選手が決定します。

 

男子シングル・エントリー一覧

1.ニコラ・ナドー(CAN)
2.金 博洋/キン ハクヨウ(CHN)
3.ケヴィン・エイモズ(FRA)
4.シャフィク・ベセギエ(FRA)
5.ロマン・ポンサール(FRA)
6.ダニエル・サモーヒン(ISR)
7.田中刑事(JPN)
8.デニス・ヴァシリエフス(LAT)
9.ドミトリー・アリエフ(RUS)
10.アレクサンドル・サマリン(RUS)
11.ジェイソン・ブラウン(USA)
12.ネイサン・チェン(USA)

▼関連記事
女子シングル/結果【GPシリーズ&ファイナル2018】

 

フランス大会・SP滑走時間
日本時間/11月23日(金) 23時00分~

※滑走順や時間は、情報が分かり次第追記します。

 

フランス大会・FS滑走時間
日本時間/11月24日(土) 21時50分~

※滑走順や時間は、情報が分かり次第追記します。

 

フランス大会・結果

選手名 合計 SP FS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

 

PC用アドセンス広告(記事中)/レスポンシブ

スポンサーリンク

 

GPファイナル2018(12/6-12/9)

ここでは、グランプリファイナル2018・男子シングルのエントリー選手や結果速報をご紹介します。

GPシリーズの結果からポイント上位6選手がファイナルに進出。GPファイナルに進出した選手は分かり次第、随時情報を更新します。

GPファイナル 出場選手一覧

※出場選手が分かり次第、情報を追記します。

※第5戦ロシア大会終了時点

羽生結弦(JPN)
宇野昌磨(JPN)
ミハル・ブレジナ(CZE)
セルゲイ・ボロノフ(RUS)

▼関連記事
女子シングル/結果【GPシリーズ&ファイナル2018】

 

GPファイナル・SP滑走時間
日本時間/12月7日(金) 12時45分~

 

GPファイナル・FS滑走時間
日本時間/12月8日(土) 14時35分~

 

GPファイナル・結果

選手名 合計 SP FS
1
2
3
4
5
6

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, フィギュアスケート

Copyright© 夜更けの瓦版 , 2018 All Rights Reserved.