レスリング世界選手権2019/メダリスト&日本代表選手成績まとめ

2019年9月14日からレスリング世界選手権が開幕。

本大会は五輪の出場枠や、東京五輪を目指す日本代表選手の内定が掛かる重要な大会となります。

ここでは、2019年レスリング世界選手権の、

・男女全30階級のメダリスト
・日本代表選手の成績
・各国のメダル獲得数

のほか、参考までに2018年大会の日本代表選手の成績も合わせてご紹介します。

※AMPページは表や見出しのデザインが崩れるので、気になる方は通常ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

東京五輪について

2019年レスリング世界選手権は、選手の成績により2020年東京五輪の出場枠や、代表内定に関わる重要な大会となります。

出場枠や日本代表内定の条件は以下の通りです。

<出場枠>

2020年東京五輪実施階級で5位までに入った国・地域には、その階級の出場枠「1」が与えられます。

<東京五輪の日本代表内定条件>

世界選手権で3位以内に入った選手は、そのまま東京五輪日本代表に内定となります。

なお、表彰台を逃しても、5位以内に入ったうえで2019年末の全日本選手権で優勝すれば代表となります。

※その他の出場枠の獲得方法や五輪日本代表の内定条件については割愛します。

 

男子フリースタイル/メダリストまとめ

各階級の結果(ベスト8)は下記リンクをご覧ください。
レスリング世界選手権2019結果と日程/男子フリースタイル日本代表成績

男子57kg級(五輪種目)

決勝/9月20日(金)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子61kg級

決勝/9月22日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子65kg級(五輪種目)

決勝/9月20日(金)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子70kg級

決勝/9月21日(土)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子74kg級(五輪種目)

決勝/9月21日(土)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子79kg級

決勝/9月22日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子86kg級(五輪種目)

決勝/9月22日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子92kg級

決勝/9月21日(土)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子97kg級(五輪種目)

決勝/9月22日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子125kg級(五輪種目)

決勝/9月21日(土)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

スポンサーリンク

 

男子グレコローマン/メダリストまとめ

各階級の結果(ベスト8)は下記リンクをご覧ください。
レスリング世界選手権2019結果と日程/男子グレコローマン日本代表成績

男子グレコ55kg級

決勝/9月15日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ60kg級(五輪種目)

決勝/9月17日(火)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ63kg級

決勝/9月15日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ67kg級(五輪種目)

決勝/9月16日(月)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ72kg級

決勝/9月15日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ77kg級(五輪種目)

決勝/9月17日(火)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ82kg級

決勝/9月15日(日)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ87kg級(五輪種目)

決勝/9月16日(月)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ97kg級(五輪種目)

決勝/9月16日(月)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

男子グレコ130kg級(五輪種目)

決勝/9月17日(火)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

スポンサーリンク

 

女子フリースタイル/メダリストまとめ

各階級の結果(ベスト8)は下記リンクをご覧ください。
レスリング世界選手権2019結果と日程/女子フリースタイル日本代表成績

女子50kg級(五輪種目)

決勝/9月18日(水)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子53kg級(五輪種目)

決勝/9月18日(水)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子55kg級

決勝/9月18日(水)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子57kg級(五輪種目)

決勝/9月19日(木)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子59kg級

決勝/9月19日(木)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子62kg級(五輪種目)

決勝/9月20日(金)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子65kg級

決勝/9月19日(木)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子68kg級(五輪種目)

決勝/9月20日(金)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子72kg級

決勝/9月18日(水)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

女子76kg級(五輪種目)

決勝/9月19日(木)

順位 選手名
1位
2位
3位 /
/

 

スポンサーリンク

 

2018年世界選手権/日本代表成績まとめ

ここでは、参考までに2018年レスリング世界選手権の日本代表選手の成績をご紹介します。

男子フリースタイル

<男子57kg級>
高橋侑希(ALSOK)/銅メダル

<男子61kg級>
小栁和也(自衛隊体育学校)/7位(3回戦)

<男子65kg級>
乙黒拓斗(山梨学院大学)/金メダル

<男子70kg級>
乙黒圭祐(山梨学院大学)/26位(1回戦)

<男子74kg級>
藤波勇飛(山梨学院大学)/12位(2回戦)

<男子79kg級>
高谷惣亮(ALSOK)/11位(2回戦)

<男子86kg級>
白井勝太(日本大学大学院)/23位(1回戦)

<男子92kg級>
松本篤史(警視庁)/銅メダル

<男子97kg級>
山口剛(ブシロード)/9位(2回戦)

<男子125kg級>
山本泰輝(拓殖大学)/14位(2回戦)

<男子フリースタイル国別対抗>
1位/178点 ロシア
2位/150点 アメリカ
3位/105点 ジョージア

5位/67点 日本

 

男子グレコローマン

<男子55kg級>
田野倉翔太(自由ヶ丘学園高教員)/8位(3回戦)

<男子60kg級>
太田忍(ALSOK)/9位(2回戦)

<男子63kg級>
遠藤功章(日本体育大学)/15位(2回戦)

<男子67kg級>
下山田培(警視庁)/9位(4回戦)

<男子72kg級>
井上智裕(富士工業)/12位(2回戦)

<男子77kg級>
屋比久翔平(ALSOK)/13位(3回戦)

<男子82kg級>
前田祐也(鳥取中央育英高職員)/14位(2回戦)

<男子87kg級>
角雅人(自衛隊体育学校)/24位(1回戦)

<男子97kg級>
奈良勇太(警視庁)/17位(1回戦)

<男子130kg級>
園田新(ALSOK)/22位(1回戦)

<男子グレコローマン国別対抗>
1位/178点 ロシア
2位/83点 ハンガリー
3位/75点 トルコ

23位/14点 日本

 

女子フリースタイル

<女子50kg級>
須﨑優衣(早大)/金メダル

<女子53kg級>
奥野春菜(至学館大)/金メダル

<女子55kg級>
向田真優(至学館大)/金メダル

<女子57kg級>
坂上嘉津季(ALSOK)/19位(1回戦)

<女子59kg級>
川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)/金メダル

<女子62kg級>
川井友香子(至学館大)/銀メダル

<女子65kg級>
源平彩南(至学館大)/銅メダル

<女子68kg級>
渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)/16位(1回戦)

<女子72kg級>
松雪成葉(至学館大)/8位(3回戦)

<女子76kg級>
皆川博恵(クリナップ)/銅メダル

<女子フリースタイル国別対抗>
1位/156点 日本
2位/119点 中国
3位/103点 アメリカ

 

スポンサーリンク