フィギュアスケートアメリカの滑走順&結果/グランプリシリーズ2019【女子シングル】

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2019(GPシリーズ)が、10月18日のアメリカ大会(スケートアメリカ)を皮切りに開幕。

日本からは坂本花織選手や樋口新葉選手、山下真瑚選手らが出場します。坂本選手は2019年世界選手権でメダル争いに絡む5位という結果を残しました。

一方、海外勢では世界選手権2位のエリザベート・トゥルシンバエワ選手や、ハイレベルなロシア選手権を制したアンナ・シェルバコワ選手らがアメリカ大会に出場。

坂本選手をはじめとする日本選手がアメリカ大会でどんな活躍をするのか楽しみです。

ここでは、フィギュアスケート・グランプリシリーズ2019の第1戦アメリカ大会(スケートアメリカ)の女子シングルの、

・テレビ放送日程
・出場選手一覧
・滑走順&滑走時間
・大会結果

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/アメリカ大会 概要

ここでは、グランプリシリーズ2019アメリカ大会(アメリカ)・女子シングルのテレビ放送日程や同種目の出場選手をご紹介します。

大会名(開催地)

2019 スケートアメリカ(ラスベガス)
※グランプリシリーズ第1戦

第2戦カナダ大会【結果】男子女子

大会日程

2019年10月18日(金) ~ 20日(日)

テレビ放送

前回のグランプリシリーズは、NHK杯を除きテレビ朝日系列にて放送が実施されました。テレビ朝日のフィギュアグランプリシリーズ公式HPが今年も更新されているので、今回もテレビ朝日系列での放送が予定されているはずです。

正式な情報が分かり次第、放送日程を追記します。

 

アメリカ大会/女子シングル出場選手

※年齢はアメリカ大会開幕時の年齢です。

ヴェロニク・マレ(CAN)
年齢/25歳 身長/158cm

樋口新葉(JPN)
年齢/18歳 身長/152cm

坂本花織(JPN)
年齢/19歳 身長/158cm

山下真瑚(JPN)
年齢/16歳 身長/151cm

エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ)
年齢/19歳 身長/148cm

イム・ウンス(KOR)
年齢/16歳 身長/163cm

スタニスラワ・コンスタンティノワ(RUS)
年齢/19歳 身長/167cm

アンナ・シェルバコワ(RUS)
年齢/15歳 身長/150cm

エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)
年齢/22歳 身長/157cm

カレン・チェン(USA)
年齢/20歳 身長/153cm

未定(USA)
年齢/-歳 身長/-cm

ブラディー・テネル(USA)
年齢/21歳 身長/167cm

※2019年7月22日時点のエントリー

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/アメリカ大会の滑走順

ここでは、グランプリシリーズ2019アメリカ大会・女子シングルのSP&FSの滑走順と滑走時間をご紹介します。

SP滑走順&滑走時間

【女子ショートプログラム競技時間】
10月18日(金)

※ショートの滑走順と滑走時間に関して、情報が分かり次第追記します。

 

FS滑走順&滑走時間

【女子フリースケーティング競技時間】
10月19日(土)

※フリーの滑走順と滑走時間に関して、情報が分かり次第追記します。

 

GPシリーズ2019/アメリカ大会 結果

アメリカ大会/男子シングル結果

第2戦カナダ大会【結果】男子女子

女子シングル

選手名 合計 SP FS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

※GPシリーズ2019のポイント表は下記リンクよりご覧ください。
男子シングル女子シングル

 

スポンサーリンク

 

【参考】2018年アメリカ大会/女子シングル結果

ここでは、グランプリシリーズ2018(アメリカ大会)・女子シングルのエントリー選手や結果をご紹介します。

開幕戦となるアメリカ大会では、女子日本勢から宮原知子選手、坂本花織選手、そして本田真凛選手がエントリー。

宮原知子選手は平昌五輪でショートを自己ベスト、フリーで日本歴代最高得点を更新し4位入賞。アメリカ大会では、さらなる飛躍が期待されます。

また、平昌五輪6位入賞の坂本花織選手、グランプリシリーズ初の表彰台を目指す本田真凛選手らの活躍に注目です。

女子シングル・エントリー一覧

1.ルナ・ヘンドリックス(BEL)
2.アレイン・チャートランド(CAN)
3.ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
4.本田真凜(JPN)
5.宮原知子(JPN)
※GPファイナル2017(5位)
6.坂本花織(JPN)
7.ソフィア・サモドゥロワ(RUS)
8.ポリーナ・ツルスカヤ(RUS)
9.スター・アンドリューズ(USA)
10.ブラディー・テネル(USA)
11.ミーガン・ウェッセンベルク(USA)

 

SP/FS滑走順&滑走時間

アメリカ大会/SP滑走順・時間

日本時間/10月21日(日)11時19分~

1.11時26分~/ソフィア・サモドゥロワ(RUS)
2.11時33分~/ミーガン・ウェッセンベルク(USA)
3.11時40分~/アレイン・チャートランド(CAN)
4.11時47分~/スター・アンドリューズ(USA)
5.11時53分~/ポリーナ・ツルスカヤ(RUS)
6.12時08分~/ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
7.12時15分~/本田真凜(JPN)
8.12時22分~/ルナ・ヘンドリックス(BEL)
9.12時29分~/ブラディー・テネル(USA)
10.12時36分~/坂本花織(JPN)
11.12時44分~/宮原知子(JPN)

アメリカ大会/FS滑走順・時間

日本時間/10月22日(月)5時03分~

※滑走時間は日本時間。滑走時間が予定より遅れる場合があります。

1.5時20分~/アレイン・チャートランド(CAN)
2.棄権/ルナ・ヘンドリックス(BEL)
3.5時28分~/ポリーナ・ツルスカヤ(RUS)
4.5時37分~/スター・アンドリューズ(USA)
5.5時45分~/ロリーヌ・ルカブリエ(FRA)
6.6時00分~/ブラディー・テネル(USA)
7.6時09分~/ミーガン・ウェッセンベルク(USA)
8.6時17分~/本田真凜(JPN)
9.6時25分~/坂本花織(JPN)
10.6時33分~/宮原知子(JPN)
11.6時41分~/ソフィア・サモドゥロワ(RUS)

 

アメリカ大会・結果

選手名 合計 SP FS
1 宮原知子 JPN 219.71 73.86(1) 145.85(1)
2 坂本花織 JPN 213.90 71.29(2) 142.61(2)
3 S.サモドゥロワ RUS 198.70 64.41(3) 134.29(3)
4 ブラディー・テネル USA 192.89 61.72(5) 131.17(4)
5 L.ルカブリエ FRA 172.41 59.57(7) 112.84(5)
6 M.ウェッセンベルク USA 170.33 60.20(6) 110.13(6)
7 P.ツルスカヤ RUS 159.45 58.42(8) 101.03(8)
8 本田真凛 JPN 158.04 62.74(4) 95.30(9)
9 A.チャートランド CAN 155.49 46.99(11) 108.50(7)
10 S.アンドリューズ USA 150.56 56.03(9) 94.53(10)
WD L.ヘンドリックス BEL 54.13 54.13(10)

 

宮原知子選手がアメリカ大会2連覇を果たしました。これで宮原選手はグランプリシリーズ通算3勝目。この調子でいけば、次戦の日本大会(NHK杯)でも優勝が狙えそうで楽しみです♪

また、昨シーズンが初めてのグランプリシリーズ参戦だった坂本花織選手は、前回同様アメリカ大会2位に。順調な滑り出しとなりました。

ただ、次戦のフィンランド大会には、アリーナ・ザギトワ選手やカロリーナ・コストナー選手といった強敵が出場します。グランプリファイナル進出のためにも、坂本選手にはなんとか3位以内に入ってほしいです。

 

スポンサーリンク