フィギュアNHK杯2019の滑走順&結果/グランプリシリーズ【男子シングル】

フィギュアスケート・グランプリシリーズ2019の第6戦日本大会(NHK杯)が、2019年11月22日に開幕。

NHK杯はグランプリシリーズ2019の最終戦となり、ファイナル進出をかけて羽生結弦選手が出場。

ここでは、フィギュアスケートのグランプリシリーズ2019の男子シングル第6戦日本大会の、

・出場選手一覧
・テレビ放送日程
・滑走順&滑走時間
・大会結果

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/日本大会 概要

ここでは、グランプリシリーズ2019日本大会・男子シングルの出場選手一覧や同種目のテレビ放送日程についてご紹介します。

大会名(会場)

2019 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(北海道札幌市)
※グランプリシリーズ2019・第6戦

← 第5戦ロシア大会【結果】男子女子

大会日程

2019年11月22日(金)~11月24日(日)
【男子シングル】
SP/11月22日(金) 19時05分 ~
FS/11月23日(土) 19時25分 ~

【エキシビジョン】
11月24日(日) 12時00分 ~ 15時00分予定

 

地上波テレビ放送

フィギュアスケートNHK杯の地上波放送は、NHK総合テレビにて行われます。

※地上波放送でのライブ放送のみの日程を記載。

11月22日(金)

午後4時45分 ~ 午後7時30分
・女子シングル ショートプログラム
・男子シングル ショートプログラム

11月23日(土)

午後6時05分 ~ 午後6時45分
・女子シングル フリー

午後7時30分 ~ 午後9時45分
・男子シングル フリー

11月24日(日)

午後1時05分 ~ 午後3時00分
・エキシビション

 

日本大会(NHK杯)出場選手

※年齢は日本大会開幕時点の年齢です

コンラッド・オーゼル(カナダ)
年齢/19歳 身長/183cm

ローマン・サドフスキー(カナダ)
年齢/20歳 身長/184cm

ケヴィン・エイモズ(フランス)
年齢/22歳 身長/160cm

アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)
年齢/31歳 身長/174cm

羽生結弦(日本)
年齢/24歳 身長/172cm

山本草太(日本)
年齢/19歳 身長/172cm

島田高志郎(日本)
年齢/18歳 身長/173cm

マカル・イグナトフ(ロシア)
年齢/19歳 身長/183cm

アントン・シュレポフ(ロシア)
年齢/23歳 身長/178cm

セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
年齢/32歳 身長/176cm

ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
年齢/24歳 身長/170cm

樋渡知樹(アメリカ)
年齢/19歳 身長/160cm

 

スポンサーリンク

 

GPシリーズ2019/日本大会の滑走順

ここでは、グランプリシリーズ2019日本大会・男子シングルのSP&FSの滑走順と滑走時間をご紹介します。

SP滑走順&滑走時間

【男子ショートプログラム競技時間】
11月22日(金) 19時05分~20時40分予定

クリックでSP滑走順・時間を開く

1.19:13~ ローマン・サドフスキー(カナダ)
2.19:19~ アントン・シュレポフ(ロシア)
3.19:26~ コンラッド・オーゼル(カナダ)
4.19:32~ 山本草太(日本)
5.19:39~ マカル・イグナトフ(ロシア)
6.19:45~ 島田高志郎(日本)
7.20:00~ 樋渡知樹(アメリカ)
8.20:06~ セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
9.20:13~ ケヴィン・エイモズ(フランス)
10.20:19~ ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
11.20:26~ 羽生結弦(日本)
12.20:32~ アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)

 

FS滑走順&滑走時間

【男子フリースケーティング競技時間】
11月23日(土) 19時25分~

クリックでFS滑走順・時間を開く

1.19:33~ コンラッド・オーゼル(カナダ)
2.19:40~ アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)
3.19:48~ 樋渡知樹(アメリカ)
4.19:56~ ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
5.20:04~ 山本草太(日本)
6.20:12~ アントン・シュレポフ(ロシア)
7.20:28~ 島田高志郎(日本)
8.20:35~ ローマン・サドフスキー(カナダ)
9.20:43~ マカル・イグナトフ(ロシア)
10.20:51~ 羽生結弦(日本)
11.20:59~ ケヴィン・エイモズ(フランス)
12.21:07~ セルゲイ・ボロノフ(ロシア)

 

GPシリーズ2019/日本大会 結果

日本大会/女子シングル結果

← 第5戦ロシア大会【結果】男子女子

男子シングル

選手名 合計 SP FS
1 羽生結弦 JPN 305.05 109.34(1) 154.96(1)
2 K.エイモズ FRA 250.02 91.47(2) 151.15(3)
3 R.サドフスキー CAN 247.50 78.51(4) 151.95(2)
4 S.ボロノフ RUS 239.05 88.63(3) 119.42(6)
5 J.ブラウン USA 231.27 73.73(8) 126.87(4)
6 山本草太 JPN 226.27 74.88(7) 123.55(5)
7 M.イグナトフ RUS 222.45 78.47(5) 109.64(8)
8 A.シュレポフ RUS 218.38 71.76(9) 110.21(7)
9 島田高志郎 JPN 213.65 75.98(6) 107.19(10)
10 樋渡知樹 USA 207.30 64.54(11) 107.80(9)
11 A.ビシェンコ ISR 197.63 61.97(12) 98.49(11)
12 C.オーゼル CAN 196.34 70.35(10) 86.95(12)

※GPシリーズ2019のポイント表は下記リンクよりご覧ください。
男子シングル女子シングル

 

【参考】2018年日本大会/男子シングル結果

ここでは、グランプリシリーズ2018/日本大会(NHK杯)の男子シングルのエントリー選手や結果をご紹介します。

NHK杯では男子日本勢として宇野昌磨選手、佐藤洸彬選手、山本草太選手の3選手がエントリー。

なお、日本大会はグランプリシリーズ2018の第4戦目の大会となりました。また、参考までに滑走順や滑走時間も掲載します。

男子シングル・エントリー一覧

1.ケビン・レイノルズ(CAN)
2.マッテオ・リッツォ(ITA)
3.佐藤洸彬(JPN)
4.宇野昌磨(JPN)
5.山本草太(JPN)
6.デニス・バシリエフス(LAT)
7.イ・ジュンヒョン(KOR)
8.ドミトリー・アリエフ(RUS)
9.セルゲイ・ボロノフ(RUS)
10.ヤロスラフ・パニオット(UKR)
11.アレクサンダー・ジョンソン(USA)
12.ビンセント・ジョウ(USA)

 

SP/FS滑走順&滑走時間

クリックでSP滑走順・時間を開く

開始時間/11月9日(金) 19時05分~

1.19時05分~/アレクサンダー・ジョンソン(USA)
2.19時19分~/佐藤洸彬(JPN)
3.19時26分~/山本草太(JPN)
4.19時32分~/ケビン・レイノルズ(CAN)
5.19時39分~/ヤロスラフ・パニオット(UKR)
6.19時45分~/イ・ジュンヒョン(KOR)
7.20時00分~/マッテオ・リッツォ(ITA)
8.20時06分~/デニス・バシリエフス(LAT)
9.20時13分~/ビンセント・ジョウ(USA)
10.20時19分~/ドミトリー・アリエフ(RUS)
11.20時26分~/宇野昌磨(JPN)
12.20時32分~/セルゲイ・ボロノフ(RUS)

クリックでFS滑走順・時間を開く

開始時間/11月10日(土) 19時30分~

1.19時38分~/イ・ジュンヒョン(KOR)
2.19時45分~/ケビン・レイノルズ(CAN)
3.19時53分~/佐藤洸彬(JPN)
4.20時01分~/ヤロスラフ・パニオット(UKR)
5.20時09分~/アレクサンダー・ジョンソン(USA)
6.20時17分~/デニス・バシリエフス(LAT)
7.20時33分~/ビンセント・ジョウ(USA)
8.20時40分~/マッテオ・リッツォ(ITA)
9.20時48分~/山本草太(JPN)
10.20時56分~/ドミトリー・アリエフ(RUS)
11.21時04分~/宇野昌磨(JPN)
12.21時12分~/セルゲイ・ボロノフ(RUS)

 

2018年日本大会(NHK杯)・結果

選手名 合計 SP FS
1 宇野昌磨 JPN 276.45 92.49(1) 183.96(1)
2 S.ボロノフ RUS 254.28 91.37(2) 162.91(2)
3 M.リッツォ ITA 224.71 77.00(4) 147.71(3)
4 V.ジョウ USA 223.42 75.90(5) 147.52(4)
5 D.アリエフ RUS 219.52 81.16(3) 138.36(6)
6 山本草太 JPN 213.40 74.98(6) 138.42(5)
7 A.ジョンソン USA 199.75 72.03(8) 127.72(7)
8 D.バシリエフス LAT 197.60 72.39(7) 125.21(8)
9 イ・ジュンヒョン KOR 188.26 66.16(11) 122.10(9)
10 佐藤洸彬 JPN 185.18 67.38(10) 117.80(11)
11 K.レイノルズ CAN 182.67 61.14(12) 121.53(10)
12 Y.パニオット UKR 173.64 68.59(9) 105.05(12)

NHK杯は初出場となる宇野昌磨選手が、ショート、フリーともにトップの得点でNHK杯初優勝。カナダ大会に続く優勝で、4季連続のグランプリファイナルの出場を確定させました。

 

スポンサーリンク